マイナンバー検定が役立つ資格なのか役立たない資格なのか紹介します

マイナンバー検定試験

人事・経理責任者が、職務上正確な法律的知識を身につけるための試験

難易度 学習期間 資格の種類 資格の分類 合格率 将来性

優しい

1か月程度

民間資格

民間検定試験

95%

マイナンバー,使える,役立つ,検定,資格

マイナンバー検定試験とは

マイナンバー資格試験

マイナンバーとは、国民1人1人に割り当てられた12ケタの番号のことです。言ってみれば国民全員を番号で識別するために付けた背番号と同じです。

 

2015年(平成27年)10月以降、住民票を有する日本国民全員にマイナンバーが付与されました。これは原則として一生使うものなので何らかの不正行為などに使われるおそれがなければ、番号は自由に変更することはできません。

 

マイナンバーは具体的には、税金・保険・年金などの管理のためにこの番号が使われることになりますが、なんと言っても一番の目的はお金の流れを明確にすることです。マイナンバーによって今まで不明瞭だった個人の副業などの収入を国が管理することができるようになり、脱税を防ぎ正確に税金を収めさせることが可能になります。

 

マイナンバーは個人で番号を管理するのが基本ですが、報酬としてお金を受け取る場合にはその企業にマイナンバーを告知する必要があります。そのため常に個人情報の漏洩やセキュリティ上の不安といったリスクがつきまといます。国や自治体、勤務先の会社が管理するコンピューターからマイナンバーの情報が盗み取られる危険性は非常に高いといっておいいでしょう。

 

マイナンバー検定とは、マイナンバー制度をとりまく様々な法律の制度を理解してマイナンバーを適正に取り扱うことができる知識を有しているかどうかを認定する試験のことをいいます。つまり、マイナンバー制度を良く理解し、適正な取り扱いをするための検定試験です。

 

役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか?

マイナンバー実務検定、マイナンバー管理士、マイナンバー管理アドバイザー、マイナンバー保護オフィサー、マイナンバー取扱者検定…民間の団体が主催するマイナンバーに関する検定(資格)試験を数えたら枚挙にいとまがありません。

 

マイナンバー検定の資格を持っていても就職・転職が特に有利になるわけではありません。あくまでも趣味の世界の検定試験です。率直に申し上げて、就職・転職には役立つ資格とはいえません。

 

今現在、大企業で人事、経理の仕事をされている方で、将来マイナンバーの管理を行う可能性のある方や、既にマイナンバーの管理をしている方が、正確な法律的な知識を身につけるために学習をするのなら大いに推奨しますが、それ以外の方が学習してもお金の無駄遣いです。もっと違う資格試験を目指しましょう。

 

時々、マイナンバーを管理するのは自治体だから、公務員試験が有利になるのでは?って考えている方もいますが、間違っても公務員試験が有利になることなんてありません。


マイナンバー検定試験の将来性を徹底研究!

この資格の活かし方

 

マイナンバー系の検定は民間団体が複数行っていますが、どれも民間資格なので法律的な裏付けはもちろんありません。勤務先などで取得を義務付けされたり、取得を推奨されていれば学習するメリットが考えられますが、そうでなけ目に見えるメリットは期待できません。会社内で評価されたり、転職が有利になることもありません。

 

マイナンバー検定試験は、どれも1級〜3級というように難易度が分かれています。3級はだれでもわずかな時間学習しただけで合格できます。そして、2級、1級と複数回受験させて受験料収入を得ようという仕組みです。イヤらしいですね。仮に取得を目指したとしても3級だけで十分です。

テキスト代金と講習会費用と受験料収入が目的の検定

 

どこのマイナンバー試験主催団体も、「マイナンバー制度を理解し、正しく対応するための検定試験」などと説明していますが、この試験に合格したところで社会的な信用が増すわけでもなく、就職や転職が有利になるわけでもないことはどの団体も十分に理解しています。

 

あくまでも利益を上げることが第一の目標です。そのために付属のテキストを購入させたり、有料の講習会も開催しています。

 

全日本情報学習振興協会という団体は、マイナンバー実務検定、マイナンバー管理士、マイナンバー実務主任者と3つの検定を実施しています。検定試験を通して3倍儲けようということです。

 

マイナンバー資格試験情報

マイナンバー検定試験については現在いくつかの民間団体が主催しています。
試験日、お申込み方法、受験資格、試験内容などは下記を参照ください。

※検定の名称ごとに分けてあります。
【マイナンバー実務検定】一般財団法人 全日本情報学習振興協会
【マイナンバー管理士】一般財団法人 全日本情報学習振興協会
【マイナンバー実務主任者】一般財団法人 全日本情報学習振興協会
【マイナンバー管理アドバイザー】一般財団法人日本マイナンバー管理協会
【マイナンバー保護オフィサー】一般社団法人金融財政事情研究会
【マイナンバー取扱者検定】一般社団法人金融検定協会

合格への第一歩、まずは無料の資料請求から

いろんな講座を比較検討することもできます。

資料請求

マイナンバー管理アドバイザー資料請求(無料)

習い事・通信講座・通学講座を探してまとめて資料請求できます。

 
 ※使える講座の情報が多くあります。

マイナンバー検定試験 おすすめの講座

特におすすめの講座というのはありませんが、LECが比較的値段も安く良心的です。

 

こちらから受講申し込みができます。

マイナンバー管理アドバイザー

マイナンバー検定試験 おすすめテキスト・基本書

マイナンバー実務検定公式テキスト
マイナンバー実務検定の制度はともかくとして、このテキストはマイナンバー制度そのものを体系的にスッキリと解説していて、非常に分かりやすいと評判です。

 

具体的に業務でどう活かすかという内容ではなく、あくまでもマイナンバー制度そのものを理解をするために書かれています。
ちなみにこちらの本一冊でマイナンバ−実務検定3級に合格できます。下記に問題集を紹介していますが、必要ないかもしれません。

種類 評価
テキスト マイナンバー,使える,役立つ,検定,資格

マイナンバー検定試験 おすすめ問題集

マイナンバー実務検定 過去問題・解答・解説集 3級
マイナンバー実務検定3級用の過去問題集です。テキストを学習した上で過去問を解くのが理想ですが、この過去問だけ繰り返し学習すれば合格できます。

問題の数も十分ですし、解説も丁寧です。

種類 評価
過去問題集 マイナンバー,使える,役立つ,検定,資格

マイナンバー検定試験 おすすめ参考書

マイナンバー制度の実務と業務フローがわかる本
実際に企業で従業員のマイナンバーをどう扱うのかを解説した実務の勉強に役立つ参考書です。

検定試験の学習をするよりも、こういった実務本で学習した方が時として役に立ちます。
今後本格的にマイナンバー制度が施行されるにつき、企業が準備すべきことを具体的かつわかりやすく解説しています。企業のマイナンバー担当予定者必携の参考書です。

種類 評価
参考書 マイナンバー,使える,役立つ,検定,資格

 

このページのトップへ

TOPICS

絶対合格!学習方法



まずは無料の資料請求




たのまな









資格取得

オンラインショップ



T O P 本当に役立つ資格 全く役立たない資格 ユーキャンで資格? 現代版資格商法 サイトマップ 運営者情報と連絡先