中小企業診断士が役立つ資格なのか役立たない資格なのか紹介します

中小企業診断士

企業での評価は高く、社内昇進や転職の際の武器に使える超有望資格。

難易度 学習期間 資格の種類 資格の分類 合格率 将来性

難関

2年以上

国家資格

名称独占資格

3%〜5%

中小企業診断士,使える,役に立つ,通信講座

中小企業診断士とは

中小企業診断士

中小企業診断士はおもに中小企業の経営者からの依頼により、企業の経営診断や経営に関する助言・提案を行います。国が認めたコンサルタントの国家資格であり、中小企業の業務全般に関するアドバイスを行います。

 

日本の経済を支えているのは大企業ではなく、大企業の何倍もの数がある中小企業なのです。 それら中小企業は高度経済成長期からずっと日本経済を支えてきました。しかし近年中小企業を取り巻く環境は変化しています。リーマン・ショックでもろに不景気の影響を受け、円高と言えば大企業よりも中小企業に大きな打撃を受けています。多少景気が持ち直したといっても今でも厳しい経営を余儀なくされてます。そんな中小企業を、経営面から支えるのが中小企業診断士と呼ばれる人たちなのです。

 

役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか?

中小企業診断士,使える,役に立つ,通信講座

上場企業をはじめとした大手企業でもこの資格の評価は高く、転職の際、履歴書に堂々と書くことができ、かなりのアピールポイントになります。

 

難関の国家資格だけあって、社内での評価もかなりアップします。中小企業の社長と接する機会が多い会社ではかなり評価されます。
中小企業診断士の主な仕事は、中小企業に対する経営アドバイスですが、行政や金融機関との間に入った相談役として、また税理士にはできないような経営上の相談役といったかなり専門性の高い相談業務も行います。

 

中小企業診断士の勉強を通じて米国のMBAのような知識を得られるので、最近はビジネスとして経営学を志す者や、大学生等の受験者も増加しています。


中小企業診断士の将来性を徹底研究!

この資格の活かし方

 

この資格は汎用性が高く、他の資格とも非常に相性がよく、IT系の資格、簿記、社会保険労務士、行政書士などとあわせて取得すると強力な武器となります。特に情報システムの技術者にはおすすめです。会社の経営分析はパソコン・コンピュータの技術なくしてはもはや現代社会では難しい時代です。

 

ステップアップのための転職を考えている方にはかなり自分をアピールする道具になります。大手企業への転職にはもってこいの資格といえます。

中小企業診断士の多くは大企業に勤務

 

独立して事務所を開くのももちろん可能ですが、独占的に業務を行うことができるわけではありませんので、あまりおすすめできません。中小企業診断士は大企業に勤務しているケースが多く、企業内でのキャリアアップ資格として取得する人が多いようです。そして企業で働く中小企業診断士のうち、なんと約半分の方が管理職のポストについています。企業は管理職に、経営に結びつく財務やマーケティング、財務、法律、人事管理など幅広い知識と思考力を求めます。経営者は、中小企業診断士にはそういった能力を備えていると認めているのです。
中小企業診断士の資格を取得することにより、会社内でさらに重要なポジションに就き、責任の重い業務を任せられるなど、企業内で高く評価されます。マネージャーを目指す全ての方におすすめします。

 

中小企業診断士に合格するためには

中小企業診断士は働きながらでも十分に合格を狙える資格です。年齢、性別、学歴に関係なくどなたでも受験できます。とはいえ、難易度の高い国家資格で、簡単には合格できません。一部の例外的な人を除き、半年から1年以上は取得にかかる資格です。試験には一次二次および口述試験があります。試験の内容は、極めて専門的かつ広範囲です。やはり役に立つ資格というのはそれなりに難しく、2年計画ぐらいで合格できるようです。

 

一次試験の合格実績は翌年まで有効なので、二次試験受験には2度のチャンスがあります。また、以前の試験制度では8科目を一発合格する必要がありましたが、新試験制度により科目合格制が採用され、7科目を3年間に渡って合格すればよくなりました。この制度により働きながらでも受験しやすくなりました。とはいうものの難易度は高い試験です。

合格への第一歩、まずは無料の資料請求から

いろんな講座を比較検討することもできます。

資料請求

【資格スクエア】(無料)
ポイントLEC東京リーガルマインド資料請求(無料)
ポイント資格★合格クレアール 中小企業診断士講座

習い事・通信講座・通学講座を探してまとめて資料請求できます。

 
 ※使える講座の情報が多くあります。

中小企業診断士 おすすめの通信講座

通勤講座という名の通り、通勤時間を利用して学習を進められる形式になっています。教材の内容が、短時間で内容が頭に入ってくるように計算されています。値段は、数ある中小企業診断士の教材の中でも最も安価な部類に入っています。いきなり高い金額を支払って予備校へ通うには抵抗がある方にはおすすめです。無料講座でお試しもできます。
実は合格者を多く輩出しており、なかなか評判の良い講座です。ぼくの友人はこれを受講して働きながら合格できました。もちろんしっかり時間をかけて学習してました。途中で投げ出さずに学習し続ければ合格できます。

下矢印こちらから受講申し込みができます。中小企業診断士

 

 

最近話題の「資格スクエア」より2016年4月1日より中小企業診断士講座がスタートしました。まだはじまったばかりなので評判などは分かりません。おすすめの講座かどうかはなんとも言えませんが資格スクエアの評判はかなり高いので期待したいと思います。資料請求などもできますので是非ご検討ください。

下矢印こちらから受講申し込みができます。


 

 

8月の1次試験から10月の2次試験までにわずか2ヶ月しかありません。しかも択一式の1次試験とは違って2次試験は筆記試験となります。LECのテキストは、1次試験と2次試験の学習を同時にすすめるのが特徴です。最初から2次試験の学習をすすめることにより企業経営理論、財務会計、運営管理の学習に対する理解を深めることにより相乗効果を上げて、合格を目指すのがLECの特徴です。他の大手予備校のテキストは大変に分かりづらくて読むのが苦痛でさえあると言われていますが、LECは分かりやすい内容となっています。1年でストレート合格を確実にしたいのならLECもおすすめです。

下矢印こちらから受講申し込みができます。


中小企業診断士 おすすめ参考書

中小企業診断士の「お仕事」と「正体」がよ〜くわかる本
これから中小企業診断士の勉強をはじめようかという人には資格勉強の開始から実務世界の道までを概観できるので良い本だと思います。

資格学校などのHPや無料セミナーにて広告的に診断士の魅力が語られていますが、実態を知るという意味で本気で独立やスキルアップにつなげたいという方には一読の価値はあると思います。

種類 評価
参考書 中小企業診断士,使える,役に立つ,通信講座

 

このページのトップへ

TOPICS

絶対合格!学習方法



まずは無料の資料請求













資格取得

オンラインショップ



T O P 本当に役立つ資格 全く役立たない資格 ユーキャンで資格? サイトマップ プロフィールと連絡先