基本情報技術者が役立つ資格なのか役立たない資格なのか紹介します

基本情報技術者

IT業界でスキルアップするには持っておきたい資格。

難易度 学習期間 資格の種類 資格の分類 合格率 将来性

普通

6か月以上

国家資格

名称独占資格

10%

基本情報技術者,使える,役に立つ,通信講座

基本情報技術者とは

基本情報技術者

基本情報技術者とは、ネットワークコンピュータ、パソコン、情報セキュリティといったいわゆるIT(情報工学)の分野において高度な専門知識と技能を持った技術者のことをいいます。この試験はあくまでも「技術者としての能力の評価」をするためのもので、合格したからといって特殊な仕事ができるわけではありません。知識・技能の水準がある程度以上であることを認定している能力認定試験になります。合格していなくても合格者と全く同じ情報処理の仕事をすることができます。

役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか?

基本情報技術者,使える,役に立つ,通信講座

いわいるIT系の開発会社においては、技術者としてのステータスとなります。転職・就職にはかなり有利になります。コンピュータソフト会社においては、資格手当てを支給している会社も多く、社内での個人の評価も上がります。


基本情報技術者の将来性を徹底研究!

この資格の活かし方

試験に合格していなくとも優秀な技術者はたくさんいます。しかし、高度な技術を名実ともに裏付けるために、IT業界ではスキルアップのためには必須の資格となっています。IT業界内で転職をする方は是非取得したい資格です。

業界未経験者でも取得は可能

業界未経験者が本気でITの業界に転職を考えているのなら、基本情報技術者試験の合格を目指してください。
技術者としての能力の評価が目的の試験ではありますが、学習方法によっては十分合格をめずせます。現実に高校生や業界未経験者も多くの方が合格しています。

 

基本情報技術者に合格するためには

基本情報技術者はレベルに応じて細かく区分が分けられていますが、全区分において、年齢やその他のの受験制限はありません。誰でも受験することができます。
レベル1の試験から順番に合格する必要もありませんので、基本情報技術者や応用情報技術者、高度試験からいきなり受験することも可能です。ITパスポートの試験に合格できなくても、基本情報技術者を受験することは当然できます。

合格への第一歩、まずは無料の資料請求から

いろんな講座を比較検討することもできます。

資料請求

ポイント情報処理を学ぶなら大原
ポイントアビバの資格講座|無料体験・説明会実施中!
ポイント資格スクール大栄(資料無料送付)

習い事・通信講座・通学講座を探してまとめて資料請求できます。

 
 ※使える講座の情報が多くあります。

このページのトップへ

TOPICS

絶対合格!学習方法



まずは無料の資料請求





















T O P 本当に役立つ資格 全く役立たない資格 ユーキャンで資格? サイトマップ プロフィールと連絡先