旅行業務取扱管理者が役立つ資格なのか役立たない資格なのか紹介します

旅行業務取扱管理者

旅行業界への就職、転職を目指すなら取っておきたい資格。

難易度 学習期間 資格の種類 資格の分類 合格率 将来性

普通

6か月以上

国家資格

業務独占資格

30%

旅行業務取扱管理者,使える,役に立つ,通信講座

旅行業務取扱管理者とは

旅行業務取扱管理者

旅行プランを計画して、そのサービスを提供する会社は、お客さんに安心してそのプランを楽しんでもらう計画を立てる必要があります。旅行業務取扱管理者は、旅行プランが安全に遅滞なく進行できるように管理・監督することが仕事になります。実際に旅行業務取扱管理者が添乗員として旅行先に出かけていくこともありますが、添乗員とは違い、旅行業務取扱管理者は旅行業務全体を管理監督する立場にあります。

 

役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか?

旅行業務取扱管理者,使える,役に立つ,通信講座

旅行業界では必須の資格であるため、この資格を持っていれば転職・就職に役に立ちます。資格手当を支給する旅行会社も多いため、持っていれば昇給・昇進にも役立ちます。しかし、最近では旅行会社を利用する人が減って、個人でプランを立てる旅行が主流になっています。これまで以上に必要となる資格とはいえないようです。


旅行業務取扱管理者の将来性を徹底研究!

この資格の活かし方

あらたにこの業界に転職を希望する方にとっては、旅行業界自体が非常に厳しい状態にあるということもあり、資格さえあれ必ず有利というものでもありません。この業界に転職する際はやはり実務経験が重視されますので旅行業界での経験が必要です。

旅行関係の会社では必須の資格

旅行を企画して販売する旅行会社では、営業所に1名以上の旅行業務取扱管理者を配置することが旅行業法という法律で義務付けられています。そのため旅行業界における評価は高く、支店の責任者クラスの方はは持っていることが必須といえる資格です。

 

旅行業務取扱管理者に合格するためには

ご存知の方も多いと思いますが、旅行業務取扱管理者には、海外旅行・国内旅行の両方を扱える総合資格と、国内旅行のみを扱う国内資格があり、試験も2種類に分かれています。総合資格の方が国内資格よりも扱える範囲が広い分、試験範囲が広く、試験の難易度も上がります。受験する方は、全く旅行業とは関係のない方が受験する場合がほとんどのようです。試験の合格率は、比較的高く、総合旅行業務取扱管理者、国内旅行業務取扱管理者ともに30%を越えています。

合格への第一歩、まずは無料の資料請求から

いろんな講座を比較検討することもできます。

資料請求

ポイント資格★合格クレアール 旅行業務取扱管理者講座

習い事・通信講座・通学講座を探してまとめて資料請求できます。

 
 ※使える講座の情報が多くあります。

旅行業務取扱管理者 おすすめ通信講座

TOPICS

絶対合格!学習方法



まずは無料の資料請求













資格取得

オンラインショップ



T O P 本当に役立つ資格 全く役立たない資格 ユーキャンで資格? サイトマップ プロフィールと連絡先