役立たない資格

全く役に立たない資格

残念ながら下記の資格は取得してもあまり役立つとは言えません。その多くは民間団体が主催する検定試験です。厳密に言えば資格とは言えず検定試験にすぎません。民間の検定試験に合格したところで就職や転職には使えません。

 

TV−CMや雑誌ではさかんに「資格」なんて宣伝してますが、残念ながらこういった民間の検定試験が就職や転職に役に立つことはほとんどありません。

 

最近では自宅で受験可能などという常軌を逸した検定試験も多くありますが、あくまでも趣味の延長であり、そういった民間資格はいくつ持っていても役立つことや使えることはありません。履歴書に書いても、ほとんど効果はありません。だた、学習する意欲を前向きに評価してもらえることはある可能性はあります。いずれにせよ過大に期待しない方がいいです。

※当ホームページで問い合わせがあったものについて載せてあります。
※簿記検定に関しては、歴史も社会的な認知度もあり、その上公認会計士試験の一部試験免除の対象になっていることもあり取得すると役に立つ機会が多くあります。

 

あまり役立つとは言えない資格

他にも役に立たない資格はたくさんあります。
ネット上で役に立つと書いてあって、実はほとんど役に立たないような資格の代表格も紹介します。

  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

MOSの通称で呼ばれています。パソコン操作のスペシャリストのような資格として紹介されていますが、あくまでも初歩的なパソコンソフトの利用の検定試験にすぎません。
はじめてパソコンを導入したような小さな会社であれば役に立つかもしれませんが、一般的な企業では評価の対象として見ていません。
最近は、Excel、Word、メールなどはほとんどの会社で普通に使われています。資格というよりも実践です。Excelに使い方について聞かれたらほとんど即答できるぐらいのレベルの人はどんな会社でも少なからずいます。

資格の本来の意味

本来資格というものは、有資格者でしかできない特殊な業務ができるよう国から与えらた特権のことをいいます。例えば自動車免許は、免許(資格)を持っている者しか車を運転することができません。免許を持っていないと国から罰せられます。宅地建物取引士の資格がなければ法律で定められた契約書の説明をすることができません。資格を持っていない人が説明をすると国から罰せられます。

 

資格を持っていても資格を持っていなくても大した違いはなく、できる仕事が同じであればその資格の価値は世間一般的に見て低いと言わざるをえません(中小企業診断士のような名称独占資格は除く)。

最近の資格の傾向

しかし、国家資格であっても、持っていてもほとんど役に立たない資格も最近は増えています。それは天下り団体の収益のために無理やり作っているからです。ファイナンシャルプランナー知的財産管理技能士のような資格は持っていてもあまり価値はありません。毎年何万人も受験すれば受験料収入だけでも膨大な金額になります。しかも1級から3級まで作って何回も受験料を徴収しようなんて考え方がイヤラシいです。

 

このページのトップへ

TOPICS

絶対合格!学習方法



まずは無料の資料請求













資格取得

オンラインショップ



T O P 本当に役立つ資格 全く役立たない資格 ユーキャンで資格? サイトマップ プロフィールと連絡先