役立つ資格、使える資格、おすすめの資格

本当に役立つ資格、使える資格、おすすめの資格はこれだ!

状況に応じて資格を検討してください。

女性

おすすめの資格と言っても、どんな資格がその人にとって役に立つのか、使える資格かはそれぞれ置かれた状況により違います。

 

「おすすめの資格ランキング」というのはあまりにも無責任な表現なので、置かれた状況に応じて役立つ資格を並べてみました。これらの資格は将来性もありこれから使える資格でもあります。

 

なお、書かれている順番はおすすめ度順ではありませんのでご注意ください。あくまでも現実的に取得できそうな資格のみ書いてあります。どうぞ参考にしてください。

 

今、おすすめで狙い目の国家資格はこれだ!
  • 登録販売者(2015年度より受験資格の制限がなくなりました。特に女性におすすめで、就職や転職につながるれっきとした医療系の国家資格です。医療事務や調剤薬局事務などという民間の検定試験とは違い、十分取得する価値があります)
  • 土地家屋調査士(独学でも取得可能です。活躍の場は広く、独立には最適で転職にも有利な資格です。合わせて行政書士を取得すれば無敵な資格と言ってもよいでしょう。3年計画で2つとも合格する目標が現実的です。司法書士を取得するのが理想ですが、難しすぎてリスクが高すぎます)
  • 電験三種(この資格を持っていると一般的に65歳くらいまでは仕事に困らないと言われています。知識ゼロから独学で合格する人もいます。中高年には特におすすめの資格です)
  • 中小企業診断士(就職・転職の際にかなり有利になる汎用性の高い国家資格です。特に大企業では社内での評価は高く評価アップにもつながります)
  • 宅地建物取引士(誰もが知っている人気の国家資格です。最も就職に直結しやすく現金につながる価値ある資格です。短期合格などと考えないで1年ぐらい時間をかけて合格を目指すのが現実的です。おすすめの資格です)
  • 保育士(独学でも比較的容易に取得可能です。活躍の場は広く、求人は多くあるため就職や転職には困りません。賃金があまり高くないのが現実ですが、今後改善されるのを期待したいです)

間違っても医療事務、介護事務、調剤薬局事務などという検定試験が役に立つ資格、おすすめの資格などと思わないように!使えない資格はいくつ持っていても役に立つことはありません。

 

年代を問わず女性が取得して就職や転職に使える資格

登録販売者は2015年度の試験より受験資格の制限がなくなりました。かなり狙い目の国家資格です。女性の方におすすめです。

 

40代、50代の男性が取得して就職に使える資格

 

20代、30代前半の男女が取得して就職に使える資格

宅地建物取引士は難関の国家資格です。男女ともにやはり就職につながりやすい資格です。特に女性の場合、簿記をプラスして取得するとかなり評価は高くなります。まさに使える資格です。
女性には全国的に介護の求人が豊富にあります。介護関係の資格をとって就職につなげるのが現実的かもしれません。

 

年齢、男女の別をを問わず転職に使える資格。社内での評価アップに使える資格。

同じ業界でステップアップを目指すための転職に使える資格をあげてみました。また、これらの資格は社内での評価アップにも役立ちます。中小企業診断士は汎用性が高く、いろんな業種への転職に使える資格です。

 

比較的短期間で取得できて履歴書に書いてPRできて使える資格

比較的短期間で取得できますが、履歴書に書けば、面接担当者がそれなりに評価してくれる資格です。簿記はできたら2級が望ましいのですが、3級でも使える資格です。

 

サラリーマンを辞めて独立するのに使える資格

司法書士を持っていれば安泰です。土地家屋調査士も司法書士と同じく登記を専門にする資格です。あまり知られていないだけで狙い目の国家資格です。

 

組み合わせて活用することで効果を発揮する資格

複数の資格を持っていると仕事の幅が2倍、3倍に広がります。履歴書にも多く書けるのでその分転職にも有利です。

 

将来性のある資格

将来性がありこれから使える資格

2015年度より、税制が改正され相続税の対象が広がります。これまで相続税がかからなかった基礎控除の枠が大幅に縮小され、相続税を支払う対象者が大幅に増えることが想像されます。そのため「相続税なんて関係ない」と考えていた人にも影響があるといわれていて、申告対象者割合は、18%から39%に上昇するといわれています。

 

相続税や相続税対策に関係する仕事が増える資格がこの先将来性があり使える資格だと思われます。

  • 税理士
  • 不動産鑑定士(当ホームページで今後紹介予定です)
  • 司法書士(土地、建物の相続には登記が必要です)
  • 土地家屋調査士(主に土地の登記で需要がありそうです)
  • 宅地建物取引士(相続に関係して土地、建物の取引が増えそうです)

よく、ファイナンシャルプランナーの資格がおすすめで将来性があって使える資格と紹介されていますが、持っていなくても同じ仕事はできますので、資格として役立つことはあまりありません。使える資格とも言えません。

最も役立つ資格はやはり運転免許です。

持っていて当然と思われるほど一般的な運転免許の資格

自動車免許

ハローワークの求人票や求人情報誌を見ていて、最も資格要件で多いのが自動車運転免許です。その数は言うまでもなく他の資格を圧倒しています。

運転免許を持っている人は「なんだ、車の免許か、持ってるよ」と思われるかもしれませんが、公共の交通機関が発達している首都圏では意外と運転免許を持っていない人が多くいます。女性は男性ほど運転免許を持っている人は多くはありません。

 

特に新卒者は在学中に運転免許を取っておくべきです。企業としては、新卒者は在学中に免許を取得しているものと考えています。女性も運転免許を持っているだけで就職の幅が広がります。

このページのトップへ

TOPICS

絶対合格!学習方法



まずは無料の資料請求













資格取得

オンラインショップ



T O P 本当に役立つ資格 全く役立たない資格 ユーキャンで資格? サイトマップ プロフィールと連絡先