資格試験はやっぱり独学

やっぱり独学

独学

社会人が取得できる資格はほとんど独学で大丈夫です。一人で黙々と学習…やはりこれが学習の基本ですね。

受験生の多い有名な資格は、良質なテキスト・参考書・過去問題集・予想問題集が市販されているので自分で購入すれば問題ありません。Amazonで評判の良い参考書を購入するのもいいでしょう。

独学の良い点

まずお金が少なくすみます。大きめの本屋さんへ行けば、必要なテキスト、参考書、問題集はよほどマイナーな資格以外は全て揃います。通信講座や予備校のテキストに比べて内容が乏しいと思われがちですが、全くそんな事はありません。

 

それに、予備校のように時間に縛られることもありませんので自分の時間を有効に使うことができます。予備校で、自分の得意としている項目について延々と講義を聞くよりも、自分の実力にあわせて問題集や参考書を開く方がむしろ短期合格には向いていることも多いと思います。

 

独学の悪い点

わからないことがあったら自分で参考書を調べて解決する必要があります。これに時間を多く費やすとなかなか先へ進めず、学習がイヤになって投げ出す危険があります。

 

自分の思い込みで理解したつもりでいても、実は勘違いで間違えて理解していることもあります。特に法律の解釈など、専門性の高い分野では参考書だけを頼りに自分で理解するのが難しいこともあります。

 

また、試験に作図や論文形式の出題がある場合、客観的に見て採点してもらわないと自分の誤りに気付かない場合もありますので、本試験の出題内容によっては独学だと危険です。

テキストは一冊にしぼって学習すべきか?

よく言われるのが、「テキストはこれと決めた一冊にしぼって学習するのが良い」ということですが、本当にそうでしょうか?ぼくの意見を少し述べさてください。

 

メインとなるテキストを決めて繰り返し学習するのが資格試験の学習の基本です。頻繁にテキストを買い替える必要はありません。

 

ただ、自分が選んだテキストが、全ての内容において他のテキストよりも優れているということはありません。完全に理解できずモヤモヤとしていた内容が、他のテキストの解説を読んだら霧が晴れるようにスッキリと理解できた、なんてこともあります。

 

ある程度理解が進んで、試験の1か月前くらいになったら、自分の使っていないテキストを一読してみることをおすすめします。違う解説を読むことで知識の定着にもつながりますし、新しい発見により実力アップにもつながります。それは問題集でも同じことです。試験前にたまたま読んだ問題集から、本試験で似た問題が出題されたなんてこともあります。

 

基本的には1冊のテキストで繰り返し学習しますが、他のテキストや問題集を読むことは実力アップにつながります。

 

※ここでいうテキストとは、毎日の学習の中心となる言わば教科書的な役割をする本のことをいいます。いつもカバンに入れて持ち歩き、時間があれば開いて学習するのがテキストです。

独学で受験勉強する場合の一言アドバイス

独学だと自分の実力レベルが分かりませんので、予備校が主催する模擬試験を受けることも必要です。

 

本試験では一度全ての設問に解答して、後でゆっくり見直す時間などまずありません。模擬試験は、設問を全て解答するためのペースを配分を計算する良い機会でもあります。独学でも模擬試験は必ず一度以上受けてください。

 

また、どんなテキストや問題集を使うかという点も非常に重要になってきます。時間をかけて自分の目で確かめて選んでください。ネット上で評判を調べるのも有効な手段です。

 

仮にできの悪いテキストを万が一選んだとしても、後からテキストを買い換えることもできますのでそんなに神経質になる必要もありません。

 

このページのトップへ

TOPICS

絶対合格!学習方法



まずは無料の資料請求













資格取得

オンラインショップ



T O P 本当に役立つ資格 全く役立たない資格 ユーキャンで資格? サイトマップ プロフィールと連絡先