栄養士が役立つ資格なのか役立たない資格なのか紹介します

栄養士

就職先には困りませんが、栄養士は登録者数が多くかなりの飽和状態

難易度 学習期間 資格の種類 資格の分類 合格率 将来性

---

---

国家資格

名称独占資格

---

栄養士,使える,役に立つ,通信講座

※栄養士になるためには、大学や短大、専門学校の栄養士養成課程を修了し、卒業後に申請すれば無試験で都道府県知事から栄養士の免許証が交付されます。

栄養士とは

栄養士の女性

毎日の食生活って非常に大切ですよね。偏った栄養を摂り続けたため体調を崩したり病気を発症することも珍しくありません。また、病気になったり怪我をしたときは、早く回復するためには食生活が重要であることは言うまでもありません。

 

栄養士は、栄養学を基本とした食事と栄養のスペシャリストとして「食事の管理」と「栄養指導」を行うのが主な仕事です。

 

「食事の管理」とは、学校や病院など、毎日の食事を提供する場で、それぞれの人に必要な栄養とは何かを考え、実際に提供する食事メニューを決めることです。もちろん必要な栄養を満たしていることが重要ですが、見た目も良くおいしい食事であることも求められます。

 

「栄養指導」とは、人それぞれにあった望ましい食生活を指導することです。糖尿病患者や肥満の人は、一般の人とは違った食生活をおくることが必要です。栄養指導を行って体質の改善を図ります。

 

栄養士の活躍の場としては、健康を考える必要性の高い保育園や小中学校、病院、福祉施設、給食会社、社員食堂などの食事を提供する施設があげられます。栄養士は、それぞれの施設に応じた給食や食事の計画、調理、提供を担当します。

 

栄養士の仕事は献立作成、料理の盛り付け、食事指導などですが、現場では調理師といっしょに調理をすることが多くあります。

 

役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか?

栄養士のレーダーチャート

近年、栄養士養成校が増えた関係で、毎年2万人以上が資格を取得をしています。そして100万人以上が既に栄養士として登録しているともいわれています。

 

栄養士の数が増え続けた結果、需要と供給のバランスが悪く、既に飽和状態にあり、就職については厳しい状況になっています。

 

栄養士の活躍の舞台となる給食現場というと、まず学校や病院などです。しかし、経費削減のため、学校や病院などの給食業務は、今やほとんどが外部委託です。委託を受けた会社が献立の作成から調理まで全てを行います。そのため病院や市町村が直接栄養士を雇用するケースは極端に減っています。病院では管理栄養士のみの求人しかない場合もあります。以前は人気だった公務員枠や病院枠も狭き門になっています。資格を得てもそれを使える仕事も少なくなっているのが現状です。以前は学校・病院でも栄養士の正社員の求人はありましたが、最近は非正規の求人が多いようです。

 

しかし、給料にあまりこだわりさえしなければ求人はまだまだあります。栄養士養成学校を卒業しても、栄養士としての仕事がみつからなかった・・・ということはないようです。ただし実際の仕事は調理員としての採用が多いようです。

 

あまり仕事の内容にこだわらず、「栄養士に関する事務仕事」「指導的な業務」という考えは捨て、調理現場のプロという意識を持ち、早番や遅番、土日出勤も普通にあると思えば、仕事はたくさんあるようです。

 

調理の現場以外では、食品メーカーへ就職するケースも多いようです。就職先に食品メーカーを検討するといっきに幅が広がります。食品メーカーへ転職する際も栄養士の資格があれば有利であることは間違いありません。食品会社などで調査や食品開発を行なったり、委託給食会社に就職するケースも多いようです。


栄養士の将来性を徹底研究!

この資格の活かし方

 

まず圧倒的に栄養士の多くが女性です。栄養士は女性が活躍できる職業といえます。

 

栄養士がキャリアアップしていくには、管理栄養士になるという選択肢があります。やはり管理栄養士を最終目的として学校へ進学する女性が多いようです。

 

病院では管理栄養士のみの求人しかない場合もあります。管理栄養士の資格取得が募集の条件になっている施設もあります。栄養士の資格を取得後、活躍の場を広げていきたいと考えている人は、上級資格である管理栄養士資格の取得を是非目指すことをおすすめします。

 

栄養士の資格は無試験で取得することができるため有資格者は非常に多くいます。栄養士からさらに一歩踏み出した存在になるためには、上級の管理栄養士の資格取得が有効です。管理栄養士になれば資格手当で栄養士より収入が増える場合が多くあります。

 

管理栄養士にならないのなら栄養士になっても意味がない、とまで言い切る人もいます。これは参考までに。真偽のほどは分かりません。

学校を卒業後、40%ほどが栄養士として就職

 

栄養士になるためには、大学か短大か専門学校で所定の課程を修了する必要がありますが(後で詳しく説明しています)、例えば、4年制大学を卒業した場合の進路は、ほぼ40%くらいの人が栄養士として就職するようです。

 

栄養士としての就職先は給食や調理の現場だけではなく、食品メーカーや研究機関も含まれていますが、給料や待遇がよいといわれており、人気があります。

 

同じく全体の40%ほどは一般の企業で栄養士とは関係のないOLとして就職し、残りの20%くらいは希望に沿わず中退するか留年するようです。

 

栄養士を目指して入学しても、実際に栄養士として就職する人が40%というのは多いのか少ないのか・・・微妙な感じですね。

 

資格があっても就職の邪魔にはならないので、せっかく学校へ入ったら卒業まですれば後々役立つことも多くあります。最後の難関の試験もないので、やはり栄養士として卒業してほしいものです。

長く続けられるかどうかは、やはり職場次第・・・

 

せっかく栄養士として就職しても、業務の内容が調理ばかりだったりすると、ただの調理員と同じと考えて嫌気がさして、すぐに転職するケースも多いようです。

 

調理中心の現場に就職すると、栄養士とはいえ仕事はほぼ調理業務が中心で、あとは献立作成、発注等です。早番遅番もあり低賃金のわりに激務なとこが多いようです。もっとも新卒でいきなり高待遇なんて望む方が間違っているとは言えますが・・・栄養士の転職は頻繁なようです。

 

医療機関や老人施設、学校や保育園などの給食現場では、1管理栄養士、2栄養士、3調理師の順に階級が生じてしまいます。これは国家資格の難易度順がそのままあてはまります。年配調理師(男性女性問わず)にしては、若くてしかも女性の栄養士の存在が快いはずがありません。年配調理師のイジメにあって新卒で1年未満で辞める人も少なくありません。これはどんな職場でもありがちなことではありますが。

 

栄養士として続けられるかどうかは、人間関係によるところが多いようです。良い職場へ就職できることを祈るばかりです。

栄養士の給料はというと

 

栄養士の給料は民間企業で働くか、学校などの公共機関で働くかで違ってきます。

 

かなり狭き門ではありますが、公立の病院や学校、保健所や保健センターなどいわゆる公務員として就職した場合、年齢によって昇給が保証されているため給料も高く、残業代も賞与も支給されますから高待遇です。やはり公務員人気は栄養士でもかわりありません。

 

職場ごとの給料差は、病院、介護施設の場合、月約18万円〜27万円、保育園や学校の給食施設では月約18万〜22万円になります。専門性が求められる職場の給料が比較的高めとなるようです。

 

多くの栄養士が就職する保育園などは非常に給料が抑えられているようです。社会問題化している保育士の待遇と同じです。

 

食品会社などの企業に就職すると、普通の4大卒男子と変わらず給料面では優遇されることも多いようです。その場合、大卒か短大卒かで栄養士の給与に違いが出てくることが多いようです。食品会社などは、管理栄養士と栄養士の違いよりも大卒・短大卒の差の方が大きいようです。

 

栄養士になるためには

栄養士になるためには、厚生労働大臣が指定した養成施設(2〜4年制の大学・短期大学、専門学校)で所定の課程を修了して卒業し、都道府県知事に申請して免許を取得します。卒業すればよく、特に最終の国家試験があるわけではありません。

 

栄養士養成施設の入学条件は高卒以上です。独学では資格取得できません。 学校は中間部のみで夜間部の学校はありません。そのため昼間働きながら学校に通うという方法は現状では無理です。

 

仮に、社会人から栄養士の資格を取得する場合は、専門学校に入学する方法が一番早くて簡単です。

 

このページのトップへ

TOPICS

絶対合格!学習方法



まずは無料の資料請求


たのまな









資格取得

オンラインショップ



T O P 本当に役立つ資格 全く役立たない資格 ユーキャンで資格? サイトマップ 運営者情報と連絡先