気象予報士が役立つ資格なのか役立たない資格なのか紹介します

気象予報士

あくまでも趣味の延長の資格。就職や転職にはあまり使えません。

難易度 学習期間 資格の種類 資格の分類 合格率 将来性

難関

8か月以上

国家資格

業務独占資格

5%

気象予報士,使える,役に立つ,通信講座

気象予報士とは

気象予報士

日本は四季の変化に富んでおり、その季節ごとの天候により自然災害が発生し、しばしば台風や大雨、大雪など地域社会に重大な影響をおよぼします。
そのため単に天気予報が当たった外れたという単純なものではなく、予報の結果次第では農業をはじめとした第一次産業や、また観光産業などに大きな被害およぼします。

 

かつて気象の分析や予報などは気象庁の職員にしか許されていませんでした。一般のテレビ局などは、気象庁の予報をそのまま伝えるだけで、独自に予報をすることはできませんでした。

 

1993年の気象業務法改正によって、気象庁以外の者が気象の予報をすることができるようになりました。その予報業務の技術水準及び信頼性を保つために、気象予報士の国家資格が創設され、技能試験が実施されるようになりました。これによって気象予報士は、気象の予報を独自に行うことができるようになりました。

 

役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか?

気象予報士

気象予報士の資格を取得して、就職や転職に活かすことは現実的ではありません。あくまでも趣味の範囲であり、気象の仕事をする事と気象予報士の資格を取る事はまったく違うことだと考えてください。気象予報士の資格があると独自の判断で気象の予報ができるのであって、解説することは資格がなくてもできます。テレビ番組の天気予報で、気象予報士の女性が解説することをよく見ますが、それは気象予報士でなくても良いわけです。
また気象予報士の資格を取ってもテレビ局や気象予報会社に就職しなければ、TVで天気予報の解説はできません。なので、気象予報士の資格は、趣味や自己満足のレベルと考えた方が現実的です。テレビ局や気象予報会社に勤めていて、必要なので気象予報士の資格を取る以外は、仕事を辞めてまで学習するものでもありません。


気象予報士の将来性を徹底研究!

気象予報以外の気象予報士の活かし方

民間に気象予報の業務が解放されて以来、気象の予報サービスを専門に行う企業が増えています。特にレジャー産業におていは土日の天気の正確な予報は死活問題につながることもあります。
2014年11月末現在、気象予報士名簿に登録された気象予報士の数は、10000名近くとなっています。 気象予報士のうち、予報業務許可事業者に就職している者は700名程度で、そのうち現象の予想に携わっているのは500名程度です。
気象予報士は、本来の目的である気象の予報以外では、経営判断のための気象情報の分析、報道や教育用の資料の作成等に携わっている人も多く、むしろ気象予報以外の分野の仕事が今後も少しずつではありますが、増えていくことが予想されます。

気象予報士に合格するためには

初学者には難しい専門性の高い資格

気象予報士試験は、試験範囲が広く、専門性も比較的高いので、独学で合格するのは難しいでしょう。難易度としては社会保険労務士や行政書士ぐらいのレベルです。芸能人や女子アナの中にはが気象予報士の資格を持っている人が少なからずいますが、やはりそれなりに学習をしていると思います。
知識の専門性と試験勉強の範囲を考えるとやはり独学では厳しく、合格者のほとんどが通学か通信講座を利用して合格しています。

合格への第一歩、まずは無料の資料請求から

資料請求

資格・教育「ヒューマンアカデミー」
【資格スクエア】に無料登録する

習い事・通信講座・通学講座を探してまとめて資料請求できます。

 
 ※使える講座の情報が多くあります。

気象予報士試験情報

気象予報士資格試験は選択式問題の学科試験と記述式問題の実技試験があり、学科試験で合格点を獲得した場合のみ、実技試験の採点が行われます。

 

試験合格の可否は学科試験・実技試験の両方の点数の合計が基準となります。

 

気象予報士資格試験は法律で年1回以上設けることが決まっており、毎年8月と1月に2回行われるのが通例となっています。

 

8月の試験の方が受験者数が若干多い傾向にありますが、気象予報士資格試験は相対評価でなく、あくまでも個々の点数で合否を決める絶対評価です。

気象予報士 おすすめテキスト・基本書

気象予報士かんたん合格テキスト 〈学科・一般知識編〉
初心者が分りにくい点や、つまづきやすい所をうまくとらえ、分かりやすく丁寧に解説してあります。物理的で難解な内容も図解入りで書かれており、法律も試験に必要な部分のみが記載されています。また、『数学・物理の基礎』のコーナーまであります。理数系でなくても、非常に分かりやすい表現で纏められており、試験対策として、十二分な内容となっています。
種類 評価
テキスト 気象予報士,使える,役に立つ,通信講座
改訂新版 気象予報士かんたん合格テキスト 〈学科専門知識編〉 (らくらく突破)
この1冊を網羅すれば学科は合格できると言われているぐらい評判のよい本です。専門の問題は、新しい警報や注意報、画像の細かさなど、どんどん変わっていくものなので、古い参考書で勉強してしてしまうと間違った知識を身につけてしまいます。この本は、最新の予報士試験の問題を反映してあるし、前回のものと比べましたが、かなり細かく新しい情報に書き直してあります。内容も深いですが、書き方が解りやすく図も多いので、きちんと読み込めば初学者でも理解できます。
種類 評価
テキスト 気象予報士,使える,役に立つ,通信講座

気象予報士 おすすめ問題集

重点マスター 気象予報士試験 (国家・資格シリーズ 11)
試験で必要とされる項目を、初学者でも効率的に学習できるように、項目別に例題形式で記載しています。単に問題を解くだけではなく、問題の背景にある現象の理解ができるようにくわしい解説をほどこしているので、解説だけを読んでも、気象予報士試験に必要な知識を得ることができます。図もわかりやすく、文章も平易に書いてあるので理解しやすいです。
種類 評価
問題集 気象予報士,使える,役に立つ,通信講座

気象予報士 おすすめの講座

※準備中です。

気象予報士 おすすめ参考書

一般気象学
言わずと知れた、気象学のバイブル的な本です。学科試験「一般知識」を網羅しています。理論が詳しく載っていて良い本です。気象学を勉強する上で欠かせない本です。これを読まずして気象予報士にはなれません。

部分的に難しい箇所もありますが、ほとんどの箇所は難しい数式を使わずに平易な文章で書かれています。図も多いのも特徴の1つです。できるだけ細部まで理解できるように随所に工夫がなされています。ぜひ一冊購入しておくべきです。

種類 評価
参考書 気象予報士,使える,役に立つ,通信講座

TOPICS

絶対合格!学習方法



まずは無料の資料請求













資格取得

オンラインショップ



T O P 本当に役立つ資格 全く役立たない資格 ユーキャンで資格? サイトマップ プロフィールと連絡先