男性のDJ

 

DJ検定?こんな検定試験があるんですね。「日本初のDJに関する資格・検定」らしいです。どこまでマジメな資格なんでしょうか。

 

2019年12月1日にDJ検定5級の受験がスタートしたそうです。

 

『DJ検定』開始3日で受験者が1,000名を超え一時的に休止 -(2019/12/05)PR TIMES

 

一般社団法人 日本DJ協会(所在地:東京都渋谷区 代表理事:橋本 達史)は、12月1日(日)より開始したDJ検定5級の受験を12月4日(水)の16時をもって一時的に休止します。引き続き、DJ検定LINE@からの受験予約は可能です。

一般社団法人 日本DJ協会が12月1日(日)から開始したDJ検定5級は、受験開始から3日目の12月3日(火)には受験者数が1,000名を超え、想定を上回るお問い合わせを頂きました。

当協会は受験者の方々への迅速な対応を第一に考え、DJ検定5級の受験を一時的に休止することを決定しました。
なお、継続してDJ検定LINE@への登録は可能とし、受験予約は受け付けております。
受験再開後、予約受付をされた方から順次、DJ検定5級の試験ページをお送り致します。

 

参考:一般社団法人日本DJ協会|The Japan DJ Association

 

スタートから3日間で受験者数が1000人を超える人気ぶり

 

で、驚いたのが、受験開始から3日目の12月3日(火)には受験者数が1,000名を超えたということです!うそ!スゴい!

 

年間の受験者数が1,000人にも満たない国家資格や検定試験もあるのに、たった3日間で1,000人も受験生が集まるとは!

 

しかもまだ始まったばかりの民間資格ですよ。

 

DJ検定ってそんなに魅力がある資格なの???

 

DJ検定5級は無料、誰でもネットですぐにお試し受験

 

しかし、よーく読んでみると、5級は無料でオンラインでその場で「受験」できる、お試し試験でした。

 

もったいぶって合格発表は1週間後らしいです。すぐに合格・不合格の結果を出すなんて簡単なことなんですけどね。

 

合格なら合格証書までもらえるといいますから手が込んでます。

 

それで、ちょっとやってみようか的に若い人が面白半分で「受験」してみたんでしょうね。それなら1,000人超えたのもうなずけます。

 

合格すれば「やった合格だ!DJの資格取得だ!」ってことでDJの仕事が舞い込んでくることはないでしょうけど。

 

あまりの人気で5級の受験を一時的に中止

 

そして、出ましたぁ~、次は「品薄商法」です。

 

想定外の人気で、DJ検定5級の受験を一時的に休止することを決定したらしです。

 

「受験者数が1000人を超え、想定を上回るお問い合わせ」って、今どき1000人程度のアクセスでデータがパンクするほど脆弱なサーバー使ってる会社なんてないでしょう!!!

 

これはよくある手法で、劇レア感や超人気感を煽るために食品・飲料品メーカーが取る手法ですね。最初からこうする予定だったんだと思います。ガリガリくんのコーンポタージュ味はまさに品薄商法の代表例です。

 

詳しく読んでみると、現在実施しているDJ検定の級は取り急ぎ5級だけのようです。今後4級、3級と受験できるようです。

 

5級は無料ですけど、当然4級以降は有料でしょうね。間違いないです。

 

そして、5級の有資格者を4級へ誘導します。ここから受講料や受験料が発生します。

 

そもそもDJって資格なの?

 

主催者は、テレビ局、ラジオ局への就職・転職が有利になる資格!なんてPRするんでしょうか?

 

あるいは、憧れのDJになる近道!なんてPRするのかもしれません。

 

どうでもいいですけど、5級合格者はまさか履歴書に書こうなんて思ってないでしょうね???

 

もちろん書くのは自由です。これで面接担当者と話が盛り上がればそれなりの効果はあるかもしれません。

 

そもそもDJって、机上で試験を実施するような能力の仕事なんでしょうか・・・