資格名を書いたカード

 

本当に役立つ資格、全く役立たない資格の読者の皆様、あけましておめでとうございます。今年も当サイトをよろしくお願いいたします。

 

昨年12月29日に最初の記事をアップして日が空いてしまいましたが、今年はほぼ毎日更新していきたいと思っています。どうぞ今後ともブログ並びに当サイトについてよろしくお願いいたします。

 

しかし、今年の正月はあまりユーキャンのCMをみかけませんね。毎年正月になると「ユーキャンで資格!」などとCMで連呼していたと思います。受講生が以前ほど集まらないんでしょうね。

 

あ!2019年は、野菜スペシャリストですか!相変わらずですね。

 

10月、弁護士を通して記事の削除を要求されました。

 

2018年、ある民間資格を主催する団体から弁護士を通して、当サイトの記事を削除するようにと通知を受けました。

 

誰でも聞いたことがある民間資格です。ここではあえて連想できそうな具体的な内容を書くのは止めておきます。

 

かなり過激な表現も使っていたのである程度はこういった事態も予測していたんですけど、いきなり弁護士8名ほど連名の文書が届くと普通の人ならビビリますよね。ぼくも少しは動揺しました。

 

けれど、会社員時代に法務関係の仕事をしていたときに、弁護士連名の文書は見慣れていたので、冷静に対応することができました。

 

送られた文章には、事細かく具体的にどういった表現がふさわしくないのか、が長々と綴ってあります。「事実」と反する内容が書いてあるから消せ!というよりも、表現が良くないので消せ!という指摘がほとんどでした。

 

通知文の最終的な依頼内容は、サイト内の記事の削除です。最終的な要求としては以下のとおりです。

 

  • 1週間以内に記事を削除して、今後は類似する内容の記載を行わない。
  • 削除されない場合、法的な手続(いわゆる裁判)に移行する。

 

そしてお決まりのごとく、「あなたのサイトの記載は、当社の名誉を毀損するばかりではなく、当社の業務を妨害しているのは明らかです」という一文が。

 

記事をアップすると日に日に検索順位が上がり、多くの人が読むように。

 

ぼくとしては、少し過激ともいえる文章表現だったのは認めます。ただ、事実と反する内容は書いてなかったと思っています。少し馬鹿にしたような表現が目立ったので相手も怒ってしまったのではないでしょうか。

 

記事をアップすると、googleの検索順位は日に日に上位表示されるようになり、最終的に半年後には5位くらいまで上がりました。

 

誰にも読まれないような記事であれば無視されるだけですけど、その資格名を検索窓に入力しただけで上位表示されるので、当然ですが多くの人の目に止まります。会社の売上に影響があるかもしれないレベルまできていたようです。

 

弁護士と会社の経営者が真剣に、ぼくのサイトについて議論していたのを想像すると、多少なりともぼくのサイトは社会に影響力があるんだということを実感できて変な満足感もありました。

 

記事の文章表現を訂正して、そのまま存続することに。

 

削除の期限は1週間です。それを前にしていろいろと考えました。

 

その資格の記事を消せば問題ありません。消しさえすれば損害賠償などは考えていないようです。まぁ、良識ある人であれば多分そういった行動に出たと思います。

 

けれど、消し去ってはぼくのサイトを期待している多くの人を裏切ってしまいます。自意識過剰といわれるかもしれませんが、実際に多くの人が読んでくれています。

 

「本音で資格について書いていきます」なんてエラそうなこと言っておいて、削除してしまったら立場がありません。

 

そこで、通知文に書いてあった問題のある文章表現をソフトな表現に改めることで、なんとか存続できないかと考えました。あくまでもぼくの主張を曲げない範囲で表現を改めました。

 

記事が存続できて感謝しています。

 

最終的に弁護士を通して資格の主催団体側に文章の内容を確認してもらい、OKをもらった上で記事は消さずに存続することになりました。

 

正直言って、「絶対に削除しろ!」と言われるのは覚悟していたんですけどね、これには感謝です。とっても理解のある方々だったと思います。

 

主催する会社側としても、変に刺激して違うサイトで誹謗中傷されたり、新たに悪口などの変な書き込みをされて損害が広がるのを心配したのかもしれません。もっともぼくはそんな卑怯な手段はとらないですけどね。

 

削除を免れるためにぼくの考えを変えて、手のひらを返すようにその資格を褒め称えるようなこともしてません。あくまでも表現部分のみを変えただけです。

 

消さずに済んだので、ホントに感謝しています。寛大な会社なんだと思います。

 

2019年もいろんな資格を本音で紹介していきます!

 

そんなワケで今年も当サイトをよろしくお願いいたします。

 

当サイトは他の資格系サイトと比べると異色ともいえる存在です。

 

資格を売り物、商売道具にした宣伝サイトが多い中で、唯一無二とも言える信憑性の高い情報を提供するサイトを目指しています。

 

ブログの更新と「本当に役立つ資格、全く役立たない資格」に紹介記事を1つでも多く書いていきます。資格取得を目指している人にとって有益な情報を提供していきたいと考えています。

 

皆様にとって良い1年でありますように。

タグ