講習会でメモを取る男性

 

就活に向けて何か資格でも取得して履歴書に書いてPRしたい・・・なんて考える大学生がたくさんいます。

 

まぁ、よくあるケースが、MOSやらFPやらITパスポートやら簿記三級なんかです。

 

現実的には、その程度の簡単に取得できる程度の資格では就活は有利にならないんですけどね。特に民間資格などは履歴書に書いてもスルーです。

 

国家資格ならまだ評価されるかもしれません。そこで、講習会に出席すればほぼ簡単に取得できるようなモノがないか調べてみたら、ナント30種類もありました。

 

関連記事:講習会を受講すれば簡単に合格できる国家資格

 

450種類の国家資格の中で講習会で取得できるのは30種類

 

現在国家資格(技能検定含む)の数は約450種類ほどあると言われています。

 

※「ほどある」というのは、どこの省庁にも正確な資料が存在しないからです。最も新しい資料で平成22年のものですが、それから増えてますし、私が見ても正確じゃない部分が多いです。

 

その450種類をひとつひとつ丁寧に調べた結果、講習会で取得できる国家資格は35種類あります(2022年1月)。実務経験や学歴なども問われません。

 

丸3日くらいの時間をかけて調べました・・・結構根気の要る作業でした。

 

以下がその35種類です(間違えてたらすいません、責任もてませんけど)。

 

  • 放射線取扱主任者
  • 食品衛生責任者
  • 機械警備業務管理者
  • 警備業務検定
  • 駐車監視員
  • 介護職員初任者研修
  • 防火管理者
  • 防災管理者
  • ガイドヘルパー(移動介護従事者)
  • 福祉用具専門相談員
  • 普通第一種圧力容器取扱作業主任者
  • 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
  • 鉛作業主任者
  • 酸素欠乏危険作業主任者
  • 酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者
  • 有機溶剤作業主任者
  • 石綿作業主任者
  • 玉掛け作業者
  • クレーン・デリック運転士
  • 移動式クレーン運転士
  • 小型移動式クレーン運転技能講習(特別教育)
  • ボイラー取扱技能講習修了者
  • 液化石油ガス設備士
  • ガス消費機器設置工事監督者
  • 高圧ガス移動監視者
  • 特定高圧ガス取扱主任者
  • 充てん作業者
  • 有害液体汚染防止管理者
  • アーク溶接作業者
  • ガス溶接技能者
  • 特殊小型船舶操縦士(水上オートバイ)
  • 二級小型船舶操縦士
  • フォークリフト免許
  • 倉庫管理主任者
  • 家畜商

 

主に機械や設備系の入門的な資格が多いようです。持っていればそれなりに役立つものもいくつかあります。

 

放射線?持っているだけで箔が付く?!

 

放射線取扱主任者なんてなんとなくカッコいいですよね。名刺に印刷すれば箔がつきそうです。

 

この資格を持っているからと言って、すぐに就職が決まったり、職場で重宝されるなんてことはもちろんありません。

 

あくまでも超基本の入門資格だからです。知ってる人が見たら「なんだ、その程度かぁ」なんて確実に思われます。その点は誤解のないよう。

 

知らない人が見たら驚くでしょうけどね。

 

法律上必ず有資格者が必要な「必置資格」も

 

防災管理者、防火管理者などは、基本は会社単位での申込みになりますが、個人でも受講できます。

 

この資格は、一定規模以上の建物では必要になります。持っていれば将来何かの機会で役立つかもしれません。

 

費用も安く済み、2日間の講習で取得できます。意外と狙い目かもしれません。

 

「令和4年◯月◯日 国家資格(総務省管轄)防火管理者資格取得」

 

なんて履歴書に書けます。

 

お金ばかり無心される防災士よりはまだマシです。

 

ついでに防災管理者も取得すれば履歴書は2行埋まります。

 

国家資格じゃないですけど、「赤十字救急法救急員」も人気です。短期間で安く知識を取得できます。

 

関連記事:赤十字救急法救急員はくだらない防災士の資格よりも素晴らしい

 

やはり履歴書に書きたくて受講する人が多く、定員はすぐいっぱいになるようです。

 

持っていれば就職が有利になる資格も講習会で取得できる

 

手っ取り早く就職につながりそうなのは駐車監視員ですね。警察官に代わって駐車禁止を取り締まります。ただし都会じゃないと仕事はなかなか見つかりません。

 

参考:駐車監視員とは

 

年齢や経験も関係なく仕事につながりそうなのは介護職員初任者研修です。ただし取得まで1か月以上はかかります。

 

参考:介護職員初任者研修とは

 

設備系のガス溶接技能講習修了者、高圧ガス移動監視者、特定高圧ガス取扱主任者、アーク溶接作業者、ガス溶接技能者なども就職につながりそうです。求人情報を検索したところ、求人がいくつか見つかりました。

 

それから、忘れてはいけないのがフォークリフト免許です。自動車免許を持っていれば31時間の講習で取得できます。意外と求人もあります。

 

決しておすすめするワケじゃありませんけど、なんでもいいから資格がほしい!っていう人は考えてみてはどうでしょう。

 

あくまでも自己責任でお願いします!

 

何度も言うようですけど、講座受講料と受験料を目的としたくだらない民間資格にお金と時間を使うよりはよほどマシだと思います。

 

面接担当者にもよるでしょうけど、履歴書に書いて本当に役立つかどうか、相手に良い印象を与えるかどうかは分かりません。

 

講習会だけではなく、多くの場合修了試験も実施されるので決して100%取得できるワケではないです(ほぼ全員合格のケースも多い)。

 

何が言いたいのかというと、「あくまでもご自身の判断でお願いします!」ということです。

 

国家資格だからと言って必ず役に立つ・・・とまでは言えません。

 

※私の調べた上記の内容には責任をもてませんのでその点はご了承ください。ご自身でよく調べた上で行動してください。

タグ