コーヒーを煎れている様子

 

普段口にする機会も多いコーヒー(珈琲)。資格試験の勉強中に、眠気を覚ますために飲んでる人もきっと多いことでしょう。

 

スターバックスをはじめとして、なんとなくオシャレで都会的な雰囲気が漂う「カフェ」と呼ばれるお店は都会を中心にどこも大盛況です。

 

そんなオシャレな職場をイメージして、コーヒーの業界で働いてみたいと考える人も少なくないようです。

 

コーヒーに関する民間資格は意外と多いけど・・・

 

コーヒーに関する民間資格がいくつあります。

 

例えば、コーヒーコーディネーター、コーヒーソムリエ、コーヒーアドバイザー、コーヒーコーディネーター・・・

 

ちょっと調べたらこれくらい名前が出てきましたが、調べればまだまだたくさんあります。

 

コーヒー業界へ就職あるいはバイトで採用されるために、何かコーヒーに関する資格があれば有利になるのでは・・・と考える若い人がいます。

 

しかし残念ながら、結論を申し上げるとコーヒー業界で必要な資格などないです。持っていても持っていなくても同じです。

 

知識ゼロから短期間で取得できて、採用が有利になるとすれば、食品衛生管理者くらいですね。一店舗につき1人は必ずいなければなりません。

 

国家資格ですけど、一日の講習でほぼ100%合格できます。持っていれば役立つ可能性があります。

 

 

怪しい講座も多いので要注意!

 

気をつけていただきたいのは、やはりこの分野においても、ちょっと誇大広告とも思える講座がいくつかあるんです。

 

例えば、諒設計アーキテクトラーニングが主催する「コーヒーソムリエ」です。

 

最短2か月、初心者でも6か月で資格取得できるとなっていて、コースによって費用は異なりますが、基本講座で68,000円です。

 

値段はそんなに高額でもないですし、これくらいなら妥当な範囲かもしれませんが・・・

 

合格すれば下記のような効果が期待できると明記してありますが、いくつかは眉唾ものですね。

 

  • バリスタとしてカフェなどで活躍する
  • 焙煎士としてこだわりのコーヒーを提供する
  • レストランやホテルでコーヒーの知識を活かす
  • 飲料メーカーで商品開発に携わる
  • コーヒーを輸入する商社で働く
  • カフェオーナーとして独立・開業する

 

もちろん可能性はあるでしょうから完全に否定するものでもありません。しっかりとしたコーヒーの知識が身に付けばいいと思います。

 

でも、「飲料メーカーで商品開発に携わる」っていくらなんでも大げさでしょう!

 

カフェで必要なのは清潔感とおもてなしの接客態度

 

では、おしゃれなカフェで働くために何が重視されるのかと言えば、それは清潔感であり接客態度です。

 

現場ではコミュニケーション能力が必要なのであって、おもてなしの心があれば採用されます。店舗によっては、外国人が多く訪れるので英語力もあるとよいでしょう。

 

ちょっとしたコーヒーの知識が身に付いているだけの民間の資格よりも、接客経験の方が重要です。明るい笑顔の方が何倍も重要です。

 

こういった接客態度は通信講座ではもちろん身に付きません。つまり、資格なんて不要なんです。

 

土日や祝日にシフトを入れても働いてくれる人であれば言うことありません。

 

採用後に現場でコーヒーについて教えてくれます

 

採用になって現場に立てばコーヒーに関しては1から教えてくれます。自分でドリップコーヒーを煎れた経験があればそれで十分です。

 

それに、上記の資格保有者を採用の条件としているカフェなどは全国どこを探してもみつかりませんでした。ほぼ全て「資格不問」です。カフェの現場でも必要としていないということです。

 

コーヒーに関する民間資格、ほぼ全て趣味の検定試験だと考えた方がいいです。

 

私なら、68,000円で高級な機材を買って最上級のコーヒー豆を買いますねぇ・・・

 

安い豆から高い豆までずいぶん買えると思います。これだけお金があれば、いろいろ試して飲み比べれられます。

 

他に必要となる知識、例えば、豆の種類、煎り方、ドリップの方法などはネット上に良質な動画がいくらでも転がっているので、そちらを参考にすれば十分です。

 

講座受講料や受験生を目的としてるような民間資格など必要ないです。もちろん、おすすめの資格などもありません。