薬剤師

 

先日、薬剤師についてのページをアップしました。

 

薬剤師についていろいろ調べているうちに、収入について少し独特な傾向があることに気付いたのでこちらで紹介します。

 

それは、薬剤師の給与は、東京よりも地方のほうが高いという事実です。

 

関連ページ:薬剤師とは | 本当に役立つ資格、全く役立たない資格

 

都道府県別の薬剤師の平均収入を見ると一目瞭然

 

薬剤師の都道府県別の給与

 

表は都道府県別の薬剤師の平均収入です。

 

実はこういった表はネット上に多く出回っています。1位、2位など微妙に違っていて、1位が福岡になっていて鳥取県も上位に入っている統計結果などもありますが、あとはほぼ同じような内容です。

 

驚くことに地方が収入ランキングの上位に入っているということです。

 

ナント、1位の奈良県は東京よりも200万円以上も高い!しかも青森県が3位、島根県が5位!

 

青森県って聞くと、ごめんなさい、ぼくにとっては本州の最果ての雪深い田舎のイメージしかありませんでした。

 

しかし薬剤師の年間収入は東京よりも100万円以上高いんです!

 

仕事がなくって、田舎から東京へ出てくる若者が多いこの時代、以外な結果ですね。

 

原因を調べてみると、まず第一に地方の人手不足です。都市部に薬学部のある大学は集中しており、薬剤師は若干飽和状態にありますが、地方は不足しています。そのままダイレクトに人手不足が賃金に現れています。

 

薬剤師が高い給与を得るには地方で就職するのが一番?

 

ぼくが仮に薬剤師の資格を持っているとします。少しでも給与の良い会社に就職したいと考えると、東京の大手の会社に就職するのが一般的な手段でしょう。

 

しかし現実は、奈良県や静岡県、青森県へ引っ越して仕事を探すのが最も手っ取り早い手段のようです。

 

もちろん外資系の製薬会社の研究室や、国家公務員になるという選択肢もありますが、そういった少数のエリート的な選択肢は考慮せず、あくまでも一般的な薬剤師が手っ取り早く給与を上げる手段です。

 

人手不足ですから給与が高いということです。年齢や経験などが同じで、同一の仕事であれば、地方で働く方が高収入を得られる可能性が高いということです。

 

他の人では代替できない専門的な仕事は、まず人材の確保が前提となる。

 

薬剤師のような専門性の高い資格は、知識や経験といったその人独自の能力(スキル)で給与が決まる以前に、まずは資格の価値で給与が決まる傾向にあります。

 

もちろんそれは現在だけかもしれません。この先は能力がない薬剤師は淘汰されていく可能性もあります。

 

他の仕事、例えば営業のような仕事であれば、資格よりも過去の実績や能力が重要になります。営業未経験であっても社内で教育すれば成長していくことでしょう。

 

しかし、薬剤師などの資格は、有資格者であることが前提となっているので、資格がない人が薬剤師の仕事を代替できません。

 

特に薬剤師は、薬局やドラッグストアなどでは必ず1人以上いないと販売できな薬品があるので、薬剤師がいないと店舗の閉鎖という問題にもつながります。

 

仕事ができるできないという以前に、まずは誰でもいいから薬剤師を確保しないと店舗の運営が成り立ちません。

 

薬剤師の都道府県別の時給も地方の方が明らかに高い。

 

薬剤師の都道府県別の時給

 

こちらは、薬剤師の都道府県別の時給です。

 

やっぱり地方の方が高いですね。山形県の3,000円ってめっちゃ高いです。

 

東京でも最低賃金で働かされる飲食店が多い中、山形県で3,000円って申し訳ないですけど信じられません。

 

これなら結婚、出産後の主婦でもパートやアルバイトでも十分とは言えないまでも生活に支障のない収入は得られのではないでしょうか。

 

役立つ資格というものは取得するのが大変ですが、持っていれば最強の武器になりますね。