海猿 [DVD]

 

海上保安庁の特殊救難隊の活躍を描いた映画「海猿」。

 

うーん、カッコいいですよね!これを見てプロのダイバーに憧れた人も多いと思います。

 

救急救命士や特殊救難隊、人命を救助するプロフェッショナルってやっぱり人の心を惹きつけてやまないですね。

 

関連ページ:潜水士とは | 本当に役立つ資格、全く役立たない資格

 

プロのダイバーになるには潜水士の国家資格が必要

 

日本では、職業としてのダイバーになるには潜水士という資格が必要です。これは厚生労働省が実施する紛れもない国家資格です。

 

でも、調べてみると、実はこの潜水士という資格、拍子抜けするほど簡単なんです。

 

試験はペーパーテストだけで、実際に海に潜っての実技試験なんてありません。「畳の上の水練」でも合格できる試験なんです。

 

同じ潜水士でも、海猿になれるのは一部の選ばれた人材だけ

 

海上保安庁のレスキューダイバー通称海猿、想像通り狭き門でなかなかなれません。

 

海上保安庁の国家公務員として就職するには、前提として海上保安学校(あるいは大学)へ進学する必要があります。入学しても保安学校時代に良い成績でないと潜水士の過程のある配属から外れます。

 

卒業後、希望や適性を考慮した上で、海上保安庁の中でも選ばれた人材しか潜水士にはなれません。潜水士は海上保安庁の職員1万2千人の中で200人程度です。潜水士に選ばれるだけでも大変です。

 

そして、その中からさらに特殊救難隊、通称海猿に選ばれるのはほんのわずかで、全国に36人しかいません。毎年36人選ばれるワケじゃないですから相当狭き門といえます。

 

海上保安庁の潜水服には黄色とオレンジ色がありますが、一般の潜水士は黄色で特殊救難隊はオレンジ色です。

 

なんか、オレンジ色の潜水服って聞いただけでゾクゾクしますね。全国でたった36人しかいないオレンジ色の潜水服は潜水士の憧れでしょう。

 

潜水士の資格を取るだけであれば、かなり簡単なんです

 

で、話しはイッキに急降下しますが、プロのダイバーになるには?と考えると、実はメッチャ簡単なんです。とりあえず、潜水士試験受けて合格すれば潜水士なれます。

 

潜水士の免許は実技がありませんから独学でも十分に取得できます。海に入ったことがない、泳げない、なんて人でも短期間独学で問題集を解けば大丈夫です。

 

潜水士なめてんのか!なんて言われそうですけど、事実試験だけは簡単なんです。

 

教科書となるテキスト・参考書を一冊、問題集を一冊、それを毎日繰り替えしていれば1か月ほどで合格できます。合格のコツはとにかく過去問を解くことです。

 

実際の試験問題では、数年サイクルの過去問の使い回しによる出題が多いので、初学者でも十分合格することができます。

 

潜水士の資格は、当然ですけど持っているだけでは役に立ちません

 

しかし免許だけ持っていても役には立ちません。それは重々承知しています。本当に使える資格にするには現場で多くの体験をして実績を積む必要があります。

 

それに潜水士の資格を取得したところで、実際に海に潜ることはできません。リゾート地へ行っても、スキューバダイビング用の機材を貸してくれるダイビングショップなどありません。それは潜水士の資格だけでは実技面での実績を証明ができないからです。世間一般にも「潜水士の資格=ダイビングができる」とは認められていません。

 

海猿は一応は潜水士の資格は持っていますが、それ以上に毎日厳しい訓練に耐えて経験を積んでいます。

 

水中では水圧が身体にいろんな影響を与えるため、減圧症や窒素酔いといった危険が常に伴います。水中での作業には常に死と隣り合わせの危険が伴います。潜水士の試験は、実技よりも、危険を回避するための知識を試す学習とといえます。資格試験の学習を通して、海の中での危険を学ぶだけなんです。

 

つまり潜水士の資格は、形だけに近いようなモノで、実際には資格だけでは役立つことはありません。

 

話題作りに、一度受験してみようかな・・・

 

ちょっと話しのネタに受験してみようかな・・・なんて思ってしまいました。

 

「オレさぁ、潜水士の資格持ってるんだ!」なんて言ったらちょっとカッコいいですよね(笑)。特に女性ウケがいいかもしれません。まぁ動機は不純ですけど・・・。

 

これなら一応国家資格ですから履歴書にも書けます。くだらない民間資格よりはよほど価値があるでしょう。

 

興味のある人は是非どうぞ。まぁ、それで就職・転職に結びつくとは思わない方がいいでしょうけど。

 

ちなみにおすすめのテキスト・参考書、問題集はサイトの方で紹介していますので、参考にしてください。1か月ほどの学習で合格できそうです。

タグ