意味のない金儲けだけの資格がいっぱい

世の中は意味のない資格や検定でいっぱい

最近増え続ける資格の内容がヒドい

がっかりする女性

資格の種類がかなりの勢いで増え続けています。民間資格、国家資格を問わずです。

 

それが役立つ資格であったり、時代の流れに即した意味のある資格であればいんですけどね・・・

 

実態は全く逆です。ほとんどが意味のない資格や検定試験ばかりです。お金儲けの手段として資格が作られて続けています。それは民間の検定試験だけではありません。

 

国家資格であっても、持っていてもほとんど役に立たない資格も最近は増えています。それは天下り団体の収益のために、無理やり資格と称するような検定試験(国家検定)を国が作っているからです。

 

ファイナンシャルプランナー知的財産管理技能士のような資格は持っていてもあまり価値はありません。しかし毎年何万人も受験すれば受験料収入だけでも膨大な天下り団体の収益になります。

 

しかも多くの国家検定は1級から3級まであります。一人の受験生から何回も受験料を徴収しようなんて考え方がイヤラシいです。

 

最近多いのは天下り団体が主催する検定試験

一時は、国家検定は天下り団体の利権の温床になるのでこれ以上は増やさないとの方針が国から出ていたんですが、最近またウェブデザイン技能検定キャリアコンサルタントなどのように意味のない国家検定が増える傾向にあります。

 

国のお墨付きのようなイメージがぬぐえない国家検定ですが、実際は合格するのも簡単で持っていても役立つことはありません。

 

また、防災士などの検定試験は完全なる民間検定試験であるにもかかわらず、自治体が積極的に取得を推進しています。

 

これは防災士の運営団体が天下り団体だからです。国とは無関係の団体のようですが実は半官半民の国の出先機関の1つともいえます。

騙されないためには自分で事実を確かめるしかない

ほぼ毎年のように見る光景ですが、ある通信講座の会社が正月明けから盛んにテレビCMで、「資格!資格!」と連呼して、ほとんど役に立たないような民間検定試験を、さも役立つ資格のようにPRしています。

 

けれど、こういったテレビCMに騙されてはいけません。あくまでも宣伝です。

 

医療事務、調剤薬局事務、介護事務、MOS、ITパスポート、キャリアコンサルタント・・・全て意味のない資格です。単なる金儲けの手段にすぎません。

 

最近ではインターネットを使ったPRも盛んですが、どこの通信講座の会社も良いことばかり誇大に広告して、現実は教えてくれません。情報が反乱しすぎていて、一体何を信じてよいのかすらよく分からないような状況です。教材の販売が目的で利益を上げることが最優先です。

 

2週間ほど学習して、しかも自宅で受験できて誰でも簡単に合格できるような資格が役立つはずがありません。民間の検定試験に合格したところで就職・転職が有利になることなんてありません。ほとんどが意味のない資格を金儲けの手段として利用しているだけです。

 

宣伝や広告をそのまま信じてはいけない!

何でも繰り返し吹き込まれると真実のように思えてきて、自分にとって都合の良いように解釈してしまうのもよくありません。

 

インターネットやテレビで紹介されていることが何でも真実だと思ってはいけません。通信講座の会社のいうことを鵜呑みにして簡単に騙されてはいけません。

 

では、騙されないためにはどうするか?無駄な事にお金と時間を費やすことをどう避けるべきか?それは自分で調べて知識を得て、自分自身を守るしか方法はありません。

 

より多くの情報と接することことで正しい情報を取り入れ、その上で判断する以外に方法はありません。人に聞くのも良し、現場の人に聞くも良し、インターネットで多くの情報を検索するも良し、接する情報が増えれば次第に何が真実なのか判断できるようになります。

 

その上で何が真実なのかを確かめて、何を信じてよいのかを判断しましょう。

 



まずは無料の資料請求




たのまな






資格取得

オンラインショップ






外国人(オレンジ)

資格 T O P 全く役に立たない資格 おすすめの資格の実態 運営者ブログ サイトマップ 運営者情報と連絡先