アスリートフードマイスターが役立つ資格なのか役立たない資格なのか紹介します

アスリートフードマイスター

指定の講座受講が条件、1級まで進むとナント436,700円必要!

種類 難易度 合格率 学習期間

民間資格

易しい

85%

1か月(1日)

活かし方 取得費用 受験資格 おすすめ度

自己満足

40〜50万円

指定の講座受講

※上記は3級についてです。金額は1級まで進んだ場合です。

当サイト内における評価や感想は公正で客観的な判断に基づいていますが、あくまでも運営者個人の意見です。最終的にはご自身で判断してください。

最終更新日:2020/08/31

アスリートフードマイスターとは

並んで走る女性アスリート

アスリートフードマイスターとは、日本アスリートフード協会が試験を主催する民間の検定試験です。

 

難易度の低い順に3級・2級・1級の3種類がありますが、独学では取得はできません。必ず指定の通学・通信の講義を受講します。

 

講義を通して、競技者(アスリート)の身体づくりやパフォーマンス向上のための食事管理について学びます。

 

3級であれば難易度は低くわずか1日の講習で取得できますが、とにかく費用が高いのが難点です。

 

主催者サイト:スポーツのための食事学。アスリートフードマイスター

アスリートフードマイスターについて本音で一言

アスリートフードマイスターは、元芸能人がダンナのために取得したとテレビで紹介されて話題になりました。3級であればわずか1日の講習で取得できます。そんな短時間で身につく超基礎的な知識で、どこまでアスリートの食生活を改善したり健康管理を提案できるのか大いに疑問です。

 

少なくとも栄養士・管理栄養士の国家資格があれば見向きもされない民間資格です。就職や転職は有利になりません。特に仕事に役立つこともないでしょう。

 

アスリートフードマイスターの将来性を徹底研究!

わずか1日で一体何を学ぶ?

 

スポート選手を食事面から支える専門家として活躍しているのは、なんといっても管理栄養士・栄養士です。

 

管理栄養士や栄養士は、プロのアスリートやスポーツ選手に対して、栄養学に基づいて食事のアドバイスを専門的に行います。

 

栄養士になるには、厚生労働省が指定した学校で2年以上栄養学について勉強しなければなりません。さらに管理栄養士になるには2年(合計4年以上)の歳月を要します。

 

関連資格:管理栄養士とは栄養士とは

 

一方で、アスリートフードマイスター3級であればわずか1日の講習(1.5時間×4コマ)で取得できます。

 

わずか1日の講習で「スポーツのための食事学の基礎知識」なんてどこまで身に付くのでしょうか?

 

主催者は、「身につけた知識を自分や家族の食生活に役立てることを目指します」としてますが、どこまで役立つ知識が身に付くのが大いに疑問です。おそらく何も知識は身につかないでしょう。

 

ちなみに、主催者サイトを見るとアスリートフードマイスターの講師が35名載っていますが、その内27名が管理栄養士でした。あとは看護師、栄養士、柔道整復師、マッサージ師、獣医師などです。

 

参照:講師紹介 -スポーツのための食事学。アスリートフードマイスター

 

医師じゃなくって獣医師というのが少し笑えるんですけど・・・アスリートはケモノかい?!

 

つまり、食生活について専門的に人に教えるには管理栄養士の資格が必要だということです。

アスリートフードマイスターは取得費用が高い!

 

アスリートフードマイスター、3級(旧ジュニアアスリートフードマイスター)から1級まであり、3級から順にお金を払って指定の講座を受講しなければなりません。

 

これがまた高い!受講する意味があればいいんですけどねぇ。

 

3級受講料(通学制・通信制共通):73,700円!
※内訳:入会金11,000円、受講料62,700円

 

内容はというと、1.5時間×4コマだけの授業です。

 

合格率85%ですからねぇ、まず不合格にはならないでしょうけど、万が一不合格になったら追試受験料15,400円!

 

そして、晴れて2級に進むとなると、これがまた高い!

 

2級受講料(通学制・通信制共通):121,000円!

 

内容は、1.5時間×8コマです。追試受験料は18,150円です。

 

そして、最終の1級に果敢に挑戦するとなると、えらく高いんです。

 

1級受講料:242,000円(通学のみ)!

 

1.5時間×15コマです。追試受験料20,350円!

 

1級まで取得するとなると、ナントナント436,700円!

 

正直、民間資格でこの値段はかなり驚きました・・・みなさん、アスリートフードマイスターにどれくらいの価値があるのがよく考えてみましょう。

 

※金額は全て2020年6月現在税込です。

怪しい民間資格のオンパレード、要注意!

 

アスリートフードマイスターを取得して一体何ができるのかと言うと、例えばスポーツをしてる中学生や高校生の子どもがいれば学んだ知識が役立つかもしれません。

 

しかし、この資格を取得すればプロスポーツ選手のトレーナーになれるとか、スポーツ団体への就職や転職が有利になるといったものではありません。

 

ハローワークインターネットサービスで、フリーワードに「アスリートフードマイスター」と入力して検索しても結果はゼロです。

 

つまりアスリートフードマイスターに特定した求人はないということです(2020年8月現在)。

 

参考:ハローワークインターネットサービス

 

食に関する民間資格(検定)は多くあります。例えば、食生活アドバイザー食育アドバイザーフードアナリストフードコーディネーター野菜ソムリエ、フードスペシャリスト、薬膳マイスター、栄養情報担当者、カフェプランナー、料理検定、菓子検定、薬膳スープインストラクター、チーズ認定講師、食育実践プランナー・・・等々、まだまだいくらでも出てきます。

 

これらの多くは、あらかじめ指定された講習を数時間程度受講すればほぼ誰でも短期間で合格できます。学習する内容は栄養学の基礎であって極めて表面的です。

 

全てとは言いませんけど、お金を払えばもらえるような「資格」らしきモノにすぎず、ほとんど価値はありません。

 

世の中には「認定資格」や「民間検定」が山ほど存在しますが、現実には役立つ資格は僅少です。

 

一方、国家資格としては、管理栄養士、栄養士、製菓衛生師、調理師などがあります。

 

管理栄養士、栄養士、製菓衛生師は決められた年数以上、栄養学から基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学などなど食に関する専門的な知識を学びます。調理師は実務経験が必要です。もちろん国家試験にも合格しなければなりません。

 

スポーツ選手が生活する大学や高校の寮、合宿所などで調理をするのは、管理栄養士、栄養士、調理師などです。

 

アスリートフードマイスターの有資格者と、管理栄養士あるいは栄養士の有資格者、どちらが就職は有利だと思いますか?

 

それが全てです。

アスリートフードマイスターに合格するには

アスリートフードマイスターは難易度の低い順に3級、2級、1級があります。書店でテキストを買ってきて独学、あるいはユーキャンなどの通信講座では取得できません。必ず指定の講座を受講する必要があります。

 

3級の合格率は85%と公表されていますが、実際はほとんどの人が合格するようです。

 

講座は、通学と通信の2種類です。通学講座は1.5時間×4コマの計6時間で1日で終わります。

 

通信は、テキストとDVDで自宅学習します。内容はさほど多くありません。DVDを見ながらテキストの空欄を埋めて、必要な内容を書き込んで覚えます。

 

試験はマークシート方式で、通学も通信も会場で受験します。

アスリートフードマイスター 試験情報

試験日 お申込み

全国の会場で月1〜3回開催

随時

受験資格

3級は誰でも受験可能、2級以上は下位合格者のみ

試験内容

試験地:全国主要都市(地域校の会場)、1級は渋谷のみ
※指定の講座を受講するのが条件です。

 

3級カリキュラム(4コマ x 1.5時間)

  • アスリートフード学
  • フード・チョイス
  • フード・プランニング
  • アスリート・レシピ
  • 終了試験

試験形式:マークシート、90分
合格基準:70%以上の正解
合格率:

  • 3級 85%
  • 2級 35%
  • 1級 非公開

試験に関する詳しい情報はコースのご案内 -スポーツのための食事学。アスリートフードマイスターをご覧ください。


T O P 絞り込み検索 資格の選び方 役に立たない資格 おすすめ資格の実態 運営者ブログ 資格ニュース 運営者情報と連絡先