このページの先頭へ

あ行の資格一覧

あ行(あ・い・う・え・お)からはじまる資格一覧

資格コラム その1

本を読む女性

最近思うんですけど、自宅で受験可能なんてふざけた民間検定が多すぎます。

 

は?自宅で受験?最初は驚きましたけど、利益目的の怪しい資格はだいたいこんな感じです。ここまでくると資格でもなんでもありません。お金さえ払えば全員合格です。資格商法と代わりません。

 

ペラペラに薄いテキストを3冊程度と添削用の課題のプリント10枚程度、あとは質問表や参考書がセットになって30,000円とか・・・せいぜい高くても5,000円程度の内容です。ヒドい通信講座になると、市販のテキストがそのまま送られてくるようです。

 

そして、数週間自宅で勉強らしいきことをして、最後に自宅で受験。結果ほぼ100%の人が合格して合格証らしき紙切れとプラスチック製のIDカードのようなカッコいい認定証をもらって資格取得!

 

は?それってどれくらいの価値があるの?って思ってしまいますが、本人は「やった!資格を取得した!」って友人に自慢しますが、後はほぼ用無しで使い道もありません。

 

その友人も、「わぁ!スゴい!」なんて称賛するかもしれませんが、価値がないことを分かっていれば、冷ややかに笑って見てるでしょう。

資格というくらいならせめて試験会場でやれよ!

少なくとも資格と称するからには、本人が学習して問題を解いて、一定以上の点数を取得した上で認定すべきです。

 

簿記、ビジネス実務法務検定、色彩検定、販売士等々、民間の検定試験は多くありますが、まともな検定は全て試験会場で本人が問題を解きます。

 

自宅で受験なんてことになると、まず誰が解答してもかまわないことになります。もちろんテキストや問題集なんて見放題です。制限時間もありません。

 

では、試験に合格するために日々どんな勉強をするのかと言うと、それはテキストのどのあたりに何が書いてあるのかを理解することで全て完結します。

 

決して内容を覚える必要はありません。自宅に送られてきた試験問題を見て、テキストのどこに解答が載っているのかが分かればほぼ正解になります。

 

自宅で受験どころか、課題さえ提出すれば合格!なんて検定試験もあります。もうホントそういうのって止めてほしいです。

 

せめて、「趣味の講座」くらいにしてほしいです。

 




T O P 役立つ資格とは? 全く役に立たない資格 運営者ブログ サイトマップ 運営者情報と連絡先