テレビのリモコン

 

ところでみなさんはテレビって見てます?

 

ぼくはほとんど見ません。時々思い立ったように毎時0分のニュースを見ることはありますが、それ以外はまず見ることはありません。

 

最近テレビを見ない人って増えてますね。意外と多いようです。若い人もテレビ離れが進んでいるようです。

 

先日、「若い人たちのテレビ離れが深刻」という話題が取り上げられていましたが、いいことじゃないですか!喜ばしいですよね。

 

深刻じゃなくてこの場合は朗報というべきでしょう。

 

およそ公共の電波とは言えないくだらない番組だらけのテレビ局

 

しかし、テレビ番組って本当にくだらないですよね。

 

最近のテレビ番組って、クイズ、バラエティ、お笑い、ニセグルメ番組、商品紹介が中心です。

 

芸能人のお宅訪問なんて全然興味ないし、お宝秘蔵映像、あの人は今なにしてるのかなんて興味ありません。ダラダラと続くクイズも全く興味ありません。

 

グルメ番組や美味しいお店紹介にしても、ほとんどはスポンサーとしてお金を払った上で紹介してもらってるだけですから、信憑性もなく怪しい店ばかりです。

 

実際に行ってみたら高校生のバイトが調理してるだけで全然美味しくなかったなんて普通にあります。

 

そもそも味覚なんて個人差がありますからね、単純にランキングなんて言えないはずです。

 

不倫やスキャンダル、芸能ニュース、くだらない事件報道なんてその一瞬は面白いかもしれませんが、数日すればほぼ全部忘れてしまいます。

 

公開プロポーズなんて愚の骨頂、いやぁ、なんともバカバカしい。

 

テレビ局の報道について「公共の電波」なんて度々言われることがありますが、公共の電波を使って報道するには番組の内容はあまりにも低俗すぎます。

 

限られた予算内で作るとなると内容の無い番組になってしまう。

 

メディアが多様化しているため、youTubeやネット上の広告も年々増える傾向にあります。企業もテレビ局だけに高額なCM料金を払い続けることはできません。

 

限られた低予算で番組を作るとなると、簡単にできるクイズやバラエティになってしまいます。

 

時間をかけて作った視聴率度外視の優良番組なんて、残念ですけどほとんどありません(多少はあると思いますけど)。

 

つまんねーな、面白くないなぁ、バカバカしいと思いつつ、チャンネルを回すと、結局くだらない番組だらけで辟易します。

 

その時々に面白そうな番組にチャンネルを合わせる見方は止めよう

 

以前は会社から帰ってきたら、まずはテレビのスイッチをつけてました。おそらく多くの人は今でもそうだと思います。

 

一人暮らしをしていると、当然ですが帰ってきても部屋は真っ暗で誰もいません。そんな部屋でもテレビのスイッチを入れると部屋が明るくなって人の声が響き渡ります。なんとなくホッとします。

 

そんな感じで一日中くだらないテレビを漠然と眺めているだけの人も多いのではないでしょうか。

 

テレビって頭を使わないから楽なんですよね。ただ見ているだけですからホントに楽な時間の過ごし方なんです。

 

頭を使わないから、テレビを見ているだけでは脳は劣化していくのではないでしょうか?

 

見たい番組以外はテレビの電源を切ろう!

 

最近はテレビを一応はつけても、チャンネルを回して面白そうな番組がなかったら電源を切るようにしています。

 

静寂が部屋に戻ります。その一瞬はとっても寂しく感じますがすぐ慣れます。それよりもくだらない番組に熱中している自分がイヤになってしまいます。

 

テレビのスイッチを積極的に切るようにしたら、ほとんど見なくなってしまいました。

 

最近ではテレビのスイッチさえ入れません。テレビなんてなくても全然へっちゃらです。

 

気がついたら1週間まったくテレビを見てないなんてことも珍しくありません。

 

資格試験を目指す人はまずテレビを見る習慣を改めましょう。

 

資格試験を目指す上で大事なのがまずは時間の確保です。

 

テレビなんて見てもなんの役にも立ちません。面白いと思うのは一瞬です。何も心に残るものはありません。

 

もっと言うと、単なる時間の無駄にすぎません。

 

テレビってほんとくだらないです。まずは見たい番組以外はスイッチを切るようにこころがけましょう。

 

すると全く見なくなりますよ。テレビを見ないだけで、有効に利用できる時間は格段に増えるはずです。

カテゴリー
タグ