カウンセラー

 

世の中には、怪しいような胡散臭いようなインチキっぽい、まぁ簡単に言うと資格商法や詐欺みたいな心理系の検定試験がたくさん存在します。

 

メンタルケアカウンセラー、メンタルヘルスカウンセラー、ケアストレスカウンセラー、行動心理士、メンタル総合心理カウンセラー、メンタル心理カウンセラー、メンタル心理ヘルスカウンセラー、上級心理カウンセラー、メンタルケア心理士、青少年ケアストレスカウンセラー、心理学検定、こころ検定・・・

 

ちょっとネットで検索しただけでも民間の団体が主催する心理カウンセラーの資格ってこれくらい出てきました。調べればまだまだたくさんあります。スゴイ数ですね。

 

だいたい「メンタル」と「ケア」と「カウンセラー」と「心理」の単語の組み合わせなんですけどね。少し順番を変えればいろんな資格の名称ができちゃいます。

 

「カウンセラーケアメンタル心理」なんて資格はまだないですからぼくが作ろうかなぁ・・・センス悪そうですけど。

 

これらの民間の心理カウンセラーの資格、どれくらい役立つのでしょうか?

 

関連ページ:メンタル心理カウンセラーとは | 本当に役立つ資格、役立たない資格

 

仮に全て取得しても、ほとんど役立たないどうでもいい検定試験

 

結論から申し上げますと、どれも役に立たない民間の検定試験です。

 

どの資格も通信講座のお金さえ払えば、短期間で簡単に取得できる程度の資格です。

 

もちろん全てがそうだとは言いませんけどね。

 

仮に全部の通信講座を受講して、全ての検定試験に合格したところでナンの意味もないでしょうね。お金がいくらあっても足りませんけど。

 

試験などあってないようなモノで、多くは自宅で受験可能です。時間の制限もなく、テキスト見ながら解答するんですから、内容を理解していなくても合格できます。っていうか不合格になる人いるの?って感じです。

 

中には、添削課題を全てクリアすれば試験免除で合格!なんてのもあります。これで資格なんて言えるんでしょうか?

 

学習する内容も基礎の基礎、これでカウンセラーなんて名乗っていいのでしょうか。いけませんよ!多分ですけど。

 

本格的に学びたいなら大学で心理学を専攻してください。

 

心理職の専門家である臨床心理士の資格を得るには、大学で4年間さらに指定の大学院で2年間の計6年間は心理学の勉強をする必要があります。

 

そこを、半年とか2週間とか在宅で受験とか、あまりにもテキトー、アバウト、いい加減、明らかに利益目的だけの資格商法です。

 

参考:臨床心理士とは | 本当に役立つ資格、全く役立たない資格

 

しかも、それで心理カウンセラーなどと名乗って、心の病の人のカウンセリングなんて、あまりにも無責任な気がします。

 

万が一のことがあったらどうするの?って余計な心配でしょうか。

 

多くは受講料と受験料目当ての資格商法

 

心理カウンセラーの試験を受ける前提として通信講座を受講する必要があります。つまり必ず通信講座がセットになってるんです。それが通信講座の会社の利益につながります。

 

通信講座に申し込んでお金を払って、試験を受けて合格すれば、表彰状のような認定証と最近流行りのIDカード風の認定証なんかももらえます。一応、「ヤッター!」みたいな達成感は味わえるワケです。

 

通信講座は、20,000円~80,000円ほどです。多くは30,000円程度ですから、そんなにボッタクリという程でもありません。

 

実はここがポイントなんです。

 

騙されたという実感のない程度の費用であれば、仮に資格取得後に仕事が見つからなかったとしても、受講者の自分の努力不足として片付けられてしまいます。

 

もっと心理学について自己研鑽する必要があります、とか、年齢的に採用されるのはむずかしい、なんて言われたらそれまでです。諦めるか、さらに努力を重ねるしか方法はありません。

 

一応勉強らしいことはしたし、資格らしきものも得られたし、ということで多くの人は心理カウンセラーの道を諦めるでしょう。後で、この資格は役に立たなかったと後悔するでしょうけど。

 

大切なお金と時間を使う前によく調べましょう。

 

誰でも簡単に取得できるような資格は、決して就職や転職に役立つことはありません。資格を取得するのであれば、本当に意味があるのかどうか、よく事前に調べましょう。

 

大切なお金を払って、大切な時間を費やして、結局役に立たなかったという結果で終わってしまいます。

 

※資料請求して内容を調べてみるのも面白いかもしれません。
たのまな

タグ