黒板と椅子が並んだ教室

 

高校卒業後、専門学校へ進もうか、あるいはFランでも大学へ進もうか・・・どっちがいい?

 

そう迷っている高校生も少なくないと思います。

 

明確に目指す資格などがなければ、例えFランでも断然大学進学がおすすめです。

 

専門学校のパンフレットなどを見ると、就職率や就職実績をPRして生徒を勧誘している学校も多いようです。

 

でも、結局は高卒扱いとなる専門学校は採用する側としては「誰でも無試験で入学できる塾」というイメージです。

 

専門学校か大学かで迷っているのであれば、可能な限り大学へ行ってください。

 

求人情報を見ると「大卒以上」となっている場合が多い

 

ハローワークやリクナビなどの求人情報を見ると、「大卒以上」が採用条件になっている企業が全体の半分以上あります。

 

専門学校卒ではその求人に応募すらできません。学歴フィルターのようなモノが存在するからで。

 

大手企業の採用実績を見ても、専門学校卒はほとんど載っていません。過去に専門学校卒を採用したことがないということです。

 

仮に「大卒資格がとれる専門学校」だったとしても、現実的には専門学校卒は高卒とほぼ同じ扱いです。大学卒は一般的な企業にとって義務教育みたいなものだからです。

 

就職や転職に関しては専門学校卒と比べて大卒は圧倒的に有利です。

 

大卒と比べると賃金・年収・給与は大きな差がある

 

大卒と専門学校卒とでは収入に大きな差があります。これは厚生労働省の統計結果からも明らかです。

 

参照:学歴別にみた賃金(令和3年賃金構造基本統計調査 結果の概況 | 厚生労働省)

 

男女合計では、高校:271.5千円、専門学校卒:288.4千円、高専・短大卒289.2千円、大学卒359.5千円、大学院卒454.1千円となっていますから、専門学校卒と大卒では年収で70万円ほどの差があります

 

※専門学校卒は高卒よりも年収で20万円ほど高いようです。

 

専門学校卒の方が大卒よりも後々給料が多くなるということはまずありません。

 

大卒と専門学校卒では平均の生涯賃金も数千万円から1億円くらい違うと言われています。

 

就職や転職が有利というだけではなく、給料・生涯賃金という面でもやはり大学へ進学するのがおすすめです。

 

専門学校の就職率などの数字は全くあてにならない

 

専門学校の校舎

 

「就職率93.5%!」「卒業生はほぼ100%の就職実績!」などと就職率を宣伝している専門学校も少なくありません。

 

でも、みなさん薄々気付いている通り、これは単なる「就職した卒業生」というだけであって、中身なんてどうでもいいんです。

 

実際に、専門学校を卒業しても専門とは関係ない仕事に高卒の待遇で就職している人がとても多いです。

 

ビジネス系の専門学校や経理の専門学校を卒業しても営業職に就く人が多く、中には全く畑違いの介護施設へ就職する人もいます。

 

これでも就職実績には違いないですからね。

 

就職実績の数字を水増しして全く根拠のない数字を公表している専門学校もあり、度々問題になります。

 

専門学校が発表する就職率などの数字を鵜呑みにして信じてはいけません。

 

大企業であれば入社時に学歴による選別を行う

 

専門学校卒でも、マレに誰でも知っているような大手企業に就職する人もいます。確かにゼロではありません。

 

しかし、注意してほしいのは、大手になればなるほど採用時に学生を選別しているということです。

 

最も一般期な分け方として「総合職」と「一般職」という違いがあります。他にも、「本社採用」と「地方採用」という違いもあります。

 

「総合職」と「一般職」では業務内容に大きな違いがあります。

 

簡単に言うと、「総合職」は責任が重い仕事や判断力が求められる仕事に携わることが多い将来の管理職候補、「一般職」は事務作業や顧客応対などの定型業務が中心となっている一般的な仕事という違いです。

 

もちろん、Fラン大学卒なら誰でも総合職として就職できるとは限りません。一般職として就職する可能性もあります。

 

ただ、大卒に違いはないので、大卒枠の求人には制限なしで就職活動に臨めます。学歴だけで当初より可能性がゼロということもありません。

 

入社後の実績で総合職から脱落・・・なんてこともありますけど、一般職から総合職へ這い上がるケースはマレです。

 

専門学校卒は大企業に就職できたとしても一般職

 

給与や昇給、キャリアアップの面でも総合職と一般職では大きな違いがあり、一般的には、総合職のほうが給与も多くなる傾向があります。

 

これが先程の「学歴別にみた賃金(令和3年賃金構造基本統計調査 結果の概況 | 厚生労働省)」の根拠です。

 

つまり、専門学校卒であれば、大手企業へ就職できたとしても「一般職」である可能性が高いということです。

 

就職実績の数字の通り誰でも専門学校を卒業すれば大手企業に総合職で入れると思ったら大きな間違いです。

 

当初より、「総合職は大卒以上、一般職は短大・専門学校卒以上」という応募条件となっている企業なども珍しくありません。

 

そういう企業では、例えば男性が事務の仕事に就くには、大学を出て事務系総合職として採用される必要があります。

 

あるいは「専門学校卒=大卒」とみなしている企業を探すしかありませんが、そういった企業はほぼありません。

 

さらに申し上げますと、近年は定型的な業務は派遣社員やアルバイト、契約社員等の非正規雇用に任せたり外部委託するケースが増え、一般職の採用枠は大幅に減っています。

 

将来的には一般職は廃止され、専門学校卒で事務の仕事に就こうにも求人は非正規か中小企業のみという時代が訪れるかもしれません。

 

日本はまだまだ学歴社会、雇用機会は均等じゃない

 

専門学校卒では大卒に限定している会社には応募できません。

 

いくら実力主義とは言え、日本はまだまだ学歴社会です。門戸は開かれているようで、実際は採用時に大卒に限定している会社はとても多いです。

 

やはり、無難なのは「大卒」です。制限なしで就職活動に臨める大学進学を目指しましょう。

 

批判覚悟で書きますが、誰でも入学できるような安易な手段として早い時期から専門学校を選ばないでください。

 

高校生なら一生懸命勉強して大学へ進んでください。家庭の事情で学費を払うのが大変であれば国公立大を目指してください。授業料も私立と比べたらずいぶん安いはずです。

 

ちなみに、私は決して専門学校を否定しているワケではありません。

 

明確な目標、例えば看護師・理学療法士・臨床検査技師などの医療系国家資格を取得する目標があるのであれば専門学校も良い選択だと思います。

 

専門学校については後日別の記事でまた書きたいと思います。

タグ