歯科医院の器具

 

「歯科助手の資格を取得するために専門学校へ通います!」

 

なんて、書き込みを時々ネット上見かけます。

 

医療事務や看護助手の専門学校へ通う人(主に女性)もやはりいます。

 

ちょっと待ってください!それって大切な時間とお金を使ってまで通う価値ってどれくらいあるのか考えたことありますか?

 

参考:歯科助手とは

 

歯科助手など資格でもなんでもない民間の検定試験

 

そりゃ人がどんな学問を志そうと自由です。他人がとやかく言うもんじゃありません。そんなこと百も承知です。

 

でも、止めておいた方がいいでしょう。自信を持って言います。

 

そもそも、歯科助手が「資格」なんて勘違いしていることに原因があります。歯科助手とは民間の検定試験です。資格でもなんでもありません。

 

医療の現場で資格と呼べるのは、医師、看護師をはじめとした国家資格です。臨床検査技師、臨床工学技士、理学療法士、作業療法士、助産師、薬剤師、栄養士、管理栄養士・・・など全て国家資格です。

 

民間の検定試験など資格とはみなされません。

 

専門学校へ通って卒業すると、民間の団体が歯科助手の「認定証」のような紙切れを発行してくれますが、それは習字やそろばんの「認定級」と同じです。資格でもなんでもありません。

 

未経験でも働くのは全然問題ない。現場で覚えていきます。

 

歯科助手として働くのに資格なんて必要ありません。未経験でも全く問題ありません。

 

ゼロから教えるのは大変なので経験者は一応優遇されますが、それはどんな業界でも同じです。

 

歯科助手(看護助手も)の仕事は病院の雑用が中心です。医療用具を並べたり、ゴミ出し、掃除などです。もちろん受付の業務や電話対応もします。そんな仕事に資格なんて必要ないんです。一般の会社の事務職と同じです。会社の事務をするのに必要な資格はありません。

 

※歯科助手の仕事を見下しているワケではありません。学校へ通う必要がないと言っていますので、念の為。

 

仮に歯科助手の資格を取得したとしても、現場ではあまり役に立ちません。現場で覚えることの方が多いです。仕事は働きながら覚えていきます。

 

体力も必要です。きつい、汚い、給料安いのが現実です。

 

そんな紙切れのような検定試験に合格するために専門学校へ通う必要なんてありあません。

 

どうしても歯科助手として働きたいのであれば、高校を卒業する際に履歴書を提出してみてください。

 

容姿も普通以上、面接時の印象が悪くなければおそらく速攻で採用になると思います。

 

ついでに申し上げますと、通信講座で勉強する必要もないです。

 

専門学校へ通うのであれば、役立つ資格を目指しましょう。

 

専門学校で学ぶ女性

 

同じ専門学校へ通うのであれば歯科衛生士の方がずっと役立つ資格です。

 

参考:歯科衛生士とは

 

あるいは看護師、准看護師などです。こちらは立派な国家資格です。全国どこでも通用する資格です。食いっぱぐれがありません。

 

参考:看護師とは准看護師とは

 

しかも国家資格ですから資格手当も付きます。歯科助手よりも給料もずっといいです。

 

仕事は専門的なので、医療行為に準ずる仕事もできます。そこが国家資格の魅力でもあります。

 

意味のないことに気付いて専門学校を辞める生徒も多い

 

歯科助手の専門学校に通いだして、意味がないことに気づき、生徒の何割かは辞めていくそうです。これは看護助手の学校でも同じです。

 

高校を卒業と同時に専門学校へ進むことを考えている方、国家資格を取得できる学校へ進んでください。まだまだたくさん役立つ資格はたくさんありますよ。

 

もう一回言いますけど、歯科助手をバカにしているわけではありません。必要な仕事です。

 

けれど専門学校で学ぶ必要などないということです。

 

生徒は単なるカモです。入学するとくだらない民間資格をいっぱい取らされて、その度に授業料を追加で請求されます。

タグ