ファイナンシャルプランナー

 

ファイナンシャルプランナーについて調べてみると、「就職や転職に役立つ」とか「将来性がある資格」なんていう無責任な紹介が目立ちます。

 

ホント、いい加減なことばかり書くなよ!って思いますけど、実際のところどうなんでしょうか。

 

ズバリ言うと、ファイナンシャルプランナーが就職や転職に役立つことはありません。

 

まぁ、履歴書の資格欄が一行埋まって印象が良くなる可能性はありますが、所詮そこまでの資格です。

 

関連ページ:ファイナンシャルプランナーとは

 

横文字でなんとなくカッコいいだけの国家検定

 

まず、ファイナンシャルプランナーがどうして役に立たない資格なのかと言うと、それはまず第一に、独占的にできる業務が何もないからです。

 

ファイナンシャルプランナーの業務内容の紹介を読みますと、「顧客の相談に応じて資産運用のアドバイス、ライフイベントに沿った資金計画をたてて提案する」なーんてカッコいいことが書いてありますが、こんな仕事が降って湧いてくるなんてことはありません。

 

個人でできることって、せいぜい保険の窓口でおすすめの生命保険を提案するくらいです。

 

しかも、こういった業務はファイナンシャルプランナーの資格がなくても誰にでもできます。

 

つまり資格の有無によって特別な業務ができるワケではない、ということです。

 

これを名称独占資格といいます。

 

参考:資格の分類について

 

仮に、ファイナンシャルプランナーの資格がないと資産運用のアドバイスはできないとなれば話しは別です。とても有用な資格として合格率も格段に高くなるでしょう。

 

合格したら何ができるのか?

 

では、合格するとどんな特権があるのかと言うと、ファイナンシャルプランナーと名乗って名刺にその旨を表記できるだけなんです。

 

もっといいますと、資格を取得していなくても「ファイナンシャルプランナー」と名乗れます。

 

「○級ファイナンシャル・プランニング技能士」と名乗ったり名刺に表記することはできないというだけに過ぎません。

 

さらに、ファイナンシャルプランナーは資格というよりも、正確には技能検定試験に分類されます。

 

単に「若干の知識がありますよ」という程度の能力の証明書代わりにしかなりません。

 

学習する内容も表面的な知識のみで役に立たない

 

パソコンを使って説明する女性

 

ファイナンシャルプランナーの学習範囲は以下の6つの領域(分野)から成り立っています。

 

  • ライフプランニングと資金計画・リスク管理
  • 年金・社会保険
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業承継

 

一度でもテキストを購入して学習をした人であればわかると思いますが、学習する内容は非常に表面的で、しかも初歩的です。そんなに難しくありません。むしろ簡単です。

 

例えば、試験に合格するためには相続についての知識も必要になりますが、実用性とはほど遠く、相続クイズ的な内容です。その分野で必要とされる知識量はそれぞれの専門資格には遠く及びません。

 

試験も簡単であれば学習する内容も表面的で役立つこともない。それがファイナンシャルプランナーの試験の特徴といえます。

 

勉強するなら別の国家資格をおすすめします。

 

ファイナンシャルプランナーの資格に関しては、合格者の方々からぼくのところに時々メールがきます。

 

一番多いのは「勉強して2級(1級)まで取得したけど、全く役に立たなかった」という内容です。

 

中には、金融機関への転職を目指して難関の1級を取得したけど転職活動が思うようにすすまない、という人もいます。30代の男性です。

 

ファイナンシャルプランナーは、ネット上でよく言われるような役立つ資格、就職や転職が有利になる資格ではありません。教材販売会社や通信講座の会社に騙されてはいけません。

 

もっと違う、意味のある資格に挑戦しましょう。

 

関連ページ:評価されない資格