理学療法士が役立つ資格なのか役立たない資格なのか紹介します

理学療法士

直接患者の体に触れて治療を行うリハビリのプロフェッショナル。

難易度 学習期間 資格の種類 資格の分類 合格率 将来性

---

3年以上

国家資格

名称独占資格

80%

理学療法士,使える,役に立つ,年収,将来性

※理学療法士になるには、高校卒業後、所定の養成機関で定められた期間以上の必要な教育を修了し、国家試験に合格する必要があります。

理学療法士とは

理学療法士

交通事故で足を骨折してしばらく車椅子を使って移動していた人がいたとします。そんな人は骨折が治ったのと同時に車椅子から降りてすぐに以前と同じように歩けるものでもありません。立っていることさえ困難で、何かの支えがなければ転倒して満足に歩くことはできないでしょう。

 

車椅子で移動していると足の筋肉は使いません。当然ですが使っていなかった筋肉は弱っています。以前と同じように歩けるようになるためには、少しずつ歩行の訓練を始めて足の筋肉を元に戻さなければなりません。一般的にこういった訓練のことをリハビリテーション(リハビリ)といいます。

 

交通事故で傷ついた患部の治療を行うのは医者です。骨折部位の治療や縫合などの外科的な処置を行いケガの回復を目指します。しかし、ケガが治ったとしても、放っといては以前のようには歩けません。ケガの治療後に早く元の状態に戻るように、今度は医者に代わって理学療法士が医学的根拠に基づいてリハビリを担当します。

 

交通事故による例をあげましたが、それ以外でも病気や老化現象など、さまざまな原因で身体の機能に障害を持つ人が年々増えています。スポーツやレジャー、仕事中に大ケガをして体の機能に障害が残ることもあります。

 

理学療法士の行う理学療法とは、そんな障害のある一人ひとりの体の状態をみて、まずは立つことや歩くことなどの基本動作を訓練し、体の機能を以前の状態に戻していく治療法や支援のことをいいます。例えば「足の指先の機能を回復する」「普通に歩けるようにする」といったそれぞれの目標を計画し、適切な治療や支援の内容についてのプログラムを作成して実践します。

 

弱った筋肉の強化、感覚麻痺の回復、後遺障害による痛みの軽減・・・等々運動機能に直接働きかける治療法から、歩行練習や動作の繰り返し練習などの能力向上を目指す運動療法まで、機能改善に必要な専門知識を用いて日常生活の自立を目指します。また、必要であれば患部を温めたり、筋肉細胞に電気を通して刺激を与えるなどの物理療法を行うこともあります。

理学療法士と作業療法士の違い。

理学療法士は一般的にPT(Physical Therapist)と呼ばれます。よく似た国家資格で作業療法士がありますが、そちらはOT(Occupational Therapist)と呼ばれています。

 

理学療法士は腰から下の部位、つまり足腰のリハビリが中心です。起き上がる、座る、立ち上がる、歩く…等々、日常の基本的な動作を受け持つことが多いようです。一方、作業療法士は腰から上の部位、つまり手を使って、書く、箸を使う、洗濯物を干す…といった応用の動作を受け持つことが多いようです。

 

理学療法士は、まずは患者がベッドの中で「寝返る」、そしてベッドから「起き上がる」、起き上がったら床の上に「立ち上がる」、そして生活のために部屋の中を「歩く」などの日常生活を行う上で基本となる動作の機能改善を目指します。

理学療法士・作業療法士ともに実は名称独占資格

理学療法士は「名称独占資格」といわれる種類の職業であり、「理学療法士」と名乗って働くためには国家資格を取得しなくてはなりません。

 

しかし、理学療法士は業務独占資格ではないため、無資格者であっても理学療法士の仕事を行うことは可能です。

 

リハビリの現場へ行くと、理学療法士が作業療法士の仕事をしてますし、逆に作業療法士が理学療法士の仕事をしています。どちらも名称独占だけなので、誰がどちらの仕事をやってもかまわないというこです。看護師などが手を貸しリハビリをしていることもあります。状況に応じて臨機応変にお互いの業務枠を超えてリハビリを行っているのが現状です。

 

「無資格者でもよい」とは言うものの、専門的な知識を持った人以外がリハビリをすることはありえません。いくら名称独占資格とはいえ、理学療法士あるいは作業療法士の資格がなければ病院などの施設内ではリハビリは行なえません。ほぼ業務独占資格に近い国家資格と言えます。

 

参考:公益社団法人 日本理学療法士協会

 

役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか?

理学療法士

医者は患者に必要な処置を施すことによって命を救い寿命を延ばします。そして理学療法士は、その命の質を向上させるために、リハビリを通して自然回復以上の結果を得るように努めます。

 

医者以外で人の体に直接触っての「診療行為」ができるのは理学療法士だけです。看護師も人体に触れますが、彼女(彼)らが実施するのは、あくまでも「看護」です。

 

腕の良い理学療法士がリハビリを行うと、医者が、「なんでこんなに早く回復したの?」なんて驚くこともあるといいます。まさに理学療法士は治療そのものを行っていると言えます。

 

理学療法士が熱心に指導することによって患者もリハビリに真剣に取り組み、疾患からくる障害を乗り越えたときには患者だけではなくその家族や周りの人も満面の笑みにできます。笑顔をもらえる現場は無数といってよいほどあり、非常に尊い仕事といえます。


理学療法士の将来性を徹底研究!

この資格の活かし方

 

理学療法士は、医療の分野と介護の分野において安定した求人があります。特に介護分野の求人数は増加傾向にあり、老人保健施設や通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションにおいて求人が多くあります。理学療法士の大半は病院、クリニック、老人ホーム的なところに就職します。

 

医療分野では急性期医療を行なう総合病院や、回復期のリハビリを行なうリハビリテーション病院、整形外科などリハビリテーション科があるクリニックなどで求人があります。最近は郊外でもそういった施設が増える傾向にあるため、都会だけではなく地方でも仕事を見つけることができます。

 

理学療法士はまさに全国どこでも通用する資格といえます。自分が働きたいエリアで仕事を見つけることができるのでIターンやUターンに適した資格です。

 

理学療法士は運動学の専門家ともいえます。経験を積んだ上でそれまでの知識を活かしてスポーツトレーナーになる人も中にはいます。ただ、プロスポーツ選手を相手にする仕事は十分な経験や知識がないとまず無理です。それに相当なコネも必要です。

 

理学療法士がプロスポーツ選手の専属トレーナーになるのは極めて稀な存在です。一般の人が簡単になれるものでもありません。

理学療法士は供給過剰で飽和状態?

 

理学療法士は平成29年度の時点で既に15万人以上の有資格者がいますが、さらに毎年1万人以上のペースで新人理学療法士が誕生しています。これだけのペースで増え続けていけば、近い将来に、供給過剰で飽和状態になるのでは、と心配する声が多くあるようです。

 

ほんの10数年前くらいまでは理学療法士の数が少なく、養成校の数も少なかったため今より理学療法士の需要が高く高給だった時代もありました。理学療法士は引く手あまたで職場に困ることなんてありえませんでした。

 

ところがその後、理学療法士の養成校設立についての規制緩和があり、全国で養成校が増え続け、毎年多くの理学療法士が世に送り出されるようになりました。それにともなって理学療法士の数が増え初任給が年々減少傾向にあります。

 

しかも著しい高齢化社会の進行により、医療費や介護給付費が急増して自治体の財政を圧迫して診療報酬が徐々に引き下げられていれば大幅な定期昇給などもほとんど見込めません。

 

理学療法士の将来性については明確には分かりませんが、非常に明るい、とは言えないようです。とは言うものの、理学療法士が余っているほど数が多いワケではないので、求人の数は多く、選ばなければどこかには就職することはできます。

 

地方では人手不足の状態が続いており、移住の場合はまだまだ歓迎される状況です。

 

今は飽和状態ではなく、どちらかというと安泰ですが、今後はどうなるかわかりません。

理学療法士の給与面での待遇について。

 

理学療法士の給与は決して高額とは言えません。どちらかと給与は高くはなくて低い、という意見が多いようです。とは言っても普通に生活できるくらいは貰えます。ボーナスも夏・冬と出る病院や施設がほとんどです。昇給は少ないようです。

 

責任ある立場になると高額な年収をもらうことも可能です。訪問リハビリテーションは比較的給料がいいですが、その分仕事は大変です。

 

年収に関してはどの世界でも同じですが、本人次第でかなり違いは出てきます。自分を積極的に売り込んで、条件の良いところへ何度も転職する理学療法士もいます。

 

若くして結婚して家庭を持ったとしたら、共働きが必要です。子供を育て、私立の学校に行かせる、大学まで行かせるとなると1人の収入ではきついくらいかもしれません。

人間関係を良好に保つことが成功の秘訣。

 

理学療法士は患者やその家族など、多くの人と関わりながら仕事をします。

 

そのため、人間関係を良好に保つことが重要になることは言うまでもありません。素直に全てを聞き入れてくれる患者だけではなく、当然わがままな患者もいます。理学療法士が感情をむき出しにして仕事をするワケにもいかず、時には言いたいことを我慢しなければならないこともあります。

 

理学療法士の周りには、患者やその家族だけではなく、仮に病院であれば医者や看護師、その他の職員も大勢います。多くの人達と人間関係を良好に保つ必要があります。そのためには、自分の仕事をしっかりと責任を持って行い、職場で信頼される存在になることが重要です。

余談ですが、若い男性の理学療法士は超モテます。

 

病院は看護師をはじめほぼ職員が女性で、若い男性は少数です。若い男性理学療法士というだけでモテやすい環境にあることは実は疑いの余地がありません。同じことが作業療法士にもいえます。

 

そんなにカッコよくなくても、病院に就職後、数年で何人ものナースから告白されたという話しも聞きます。

 

そもそも職場結婚が多く、理学療法士(作業療法士)同士や、看護師さんと結婚するケースが目立つようです。病院の場合多くが女性職員であるため、男性は相手を見つけやす環境です。理学療法士だけではなく、他の男性職員も奥さんはほぼ看護師さんという病院も珍しくありません。

 

やはり、みなさん身近なところで相手を探しているんですね。病院の規模が大きく女性の数が多いほど告白される可能性が高くなります。しかも毎年若い新人女性が入ってくる職場です。特定の相手がいたとしてもさらに告白されます。

 

患者の体に触れて身をゆだねられてマンツーマンで指導していたら、若い女性の患者さんであれば憧れてしまいます。理学療法士の先生が好きだからリハビリも頑張れる!・・・もっとも患者さんはお年寄りがほとんどですけどね。高齢者が好きであればいくらでも、かもです。

理学療法士になるためには

理学療法士になるためには、高校卒業後、文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した養成校(養成施設)で3年以上学習し、必要な単位を取得後卒業して国家試験の受験資格を得る必要があります。その後、国家試験に合格してはじめて理学療法士となることができます。

 

養成校には次の4種類があります。

  • 4年制の大学
  • 3年制の短大
  • 3年制または4年制、夜間の専門学校
  • 特別支援学校(視覚障害者が対象)

通信講座で理学療法士の受験資格を得ることはできません。必ず養成校へ通う必要があります。

 

養成校では、解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学などを講義と実習を通して学びます。大学での臨床実習もあります。国家試験の合格率は例年80〜90%台で推移していますが70%台に落ちた年もありますます。

 

夜間の専門学校であれば働きながら資格取得を目指すことができます。一度社会人として就職したけれども手に職を付けるために理学療法士を目指して入学する人も多くいます。

 

すでに作業療法士の資格を持っている人は、養成校で2年以上学べば受験資格が得られます。

養成校に入学するのは難しいのか?

理学療法士の養成校には、比較的入りやすい専門学校から、難易度の高い国公立の大学までさまざまです。国公立であれば学費も安く済むので1番理想的だと思います。学費免除になればお金もほとんどかかりません。レベルが低い専門学校になると国家試験に合格することが困難になるので要注意です。リタイアになる可能性もあります。

 

大学にもピンからキリまでありますが、学士(大卒)が取得できるいう面では大学の方がおすすめです。資格取得後に、より専門的な知識を身に付けるために大学院へすすむ道もあります。大卒の方が万が一の場合進路変更もしやすいということもあります。

 

4年制の専門学校なら、可能な限り大学の方がおすすめです。3年制の専門学校なら大学より1年早く卒業できるというメリットはあります。

 

自分に1番あったところに行くのがいいので、自分の足でいくつかオープンキャンパスなど行って情報を集めてみてください。

3年制の短大・専門学校は留年の可能性も高い?

短大・専門学校とはいえ国が認めた養成校です。出席さえすれば誰でも卒業できるものでもありません。3年制ということは、4年制で学習する内容を3年で学習するこということになります。

 

まず必須科目が多いので、1つでも落とすと留年となる学校が少なくありません。軽い気持ちで入学したり、学習を続けることが苦手な人は3年制に行かないほうがいいと思います。結局は留年して卒業に4年かかる可能性があります。

 

もちろん成績優秀で学習するクセのついている人は3年制でも問題ありません。4年制の専門学校へ行ったけど、最後の1年は学費がかかるだけで必要なかったということもあります。大学は4年制ですが、体育や一般教養っぽい授業が無意味に多い場合もあります。

 

作業療法士のページもご覧ください。

理学療法士試験情報

試験日

お申込み

年に1回。2月下旬〜3月上旬の2日間

12月中旬〜1月上旬

受験資格

所定の養成機関で定められた課程を修了という学歴の条件があります。

試験内容

筆記試験と口述試験および実技試験がおこなわれます。
【筆記試験】

  • 一般問題:解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)、臨床医学大要(人間発達学を含む)、理学療法
  • 実地問題:運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む)、理学療法

【口述試験および実技試験】
運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(含:人間発達学)、理学療法(実地問題に代わりに点字試験受験者に対しておこなう)

試験に関する詳しい情報は理学療法士国家試験の施行|厚生労働省をご覧ください。

 

このページのトップへ

TOPICS

絶対合格!学習方法



まずは無料の資料請求




たのまな









資格取得

オンラインショップ



T O P 本当に役立つ資格 全く役立たない資格 ユーキャンで資格? 現代版資格商法 サイトマップ 運営者情報と連絡先