悪質な現代版資格商法の手口を紹介します。

現代版資格商法の手口について紹介します。

かつては露骨であからさまな詐欺的な資格商法が主流

詐欺を企てる男性

一昔前まで資格商法といえば、「就職が有利になる」、「この検定試験は間もなく国家資格になる」などと言葉巧みに教材を押し付けて、50万円以上の高額な受講料を請求する手法が中心でした。中には職場に電話をかけてきて、半ば強引に「契約した」といいがかりをつけて自宅に教材を送りつけるケースもありました。

 

「仕事を紹介するには資格が必要になる」と主に主婦を騙し、聞いたこともないような資格を取得するための講座とワープロをセットで高額で売りつける手法もありました。

 

上記の例のように、人を騙したり強引に契約させるのは明らかな犯罪行為です。さらに50万円以上騙し取られたとなると詐欺や強迫に該当するのは疑いの余地もありません。

 

こういった資格取得をエサにした詐欺商法は、一般的に「資格商法」や「士(サムライ)商法」などと呼ばれ、世間に知れ渡るようになり、次第に姿を消していきました。かつての資格商法の被害はあまり聞かなくなりました。

広く浅くお金をだまし取るのが現代版資格商法の特徴

考える女性

では、資格詐欺の被害がなくなったかというと全く逆です。巧みに手法を変えて現代版資格商法として生まれかわり被害は広がり続けています。騙されている人の数はかつての比ではありません。

 

例えば最初に説明いたしました資格詐欺の手法ですが、仮に被害額が5万円程度なら話しは別です。世間的にも詐欺とは認められなかったかもしれません。騙されて受講した本人も5万円程度ならあきらめていたのではないでしょうか。

 

実は、それが現代版資格商法のやり方です。数万円程度で詐欺と思われないような金額を広く騙し取るのが特徴です。

 

現代版資格商法では、全く資格として裏付けがなく価値がないような民間検定試験を「資格」として祭り上げて、「就職・転職に役立つ」「社内で即評価される」「昇進にすぐ結びつく」「給与アップにつながる」などと言葉巧みに受講生を集めます。

 

例えば、医療事務、調剤薬局事務、介護事務、看護助手、歯科助手などがよい例です。他にも◯◯アドバイザーなどというワケの分からない資格(?)など数えだしたらキリがありません。

 

しかもほとんどの受講料は5万円程度で済みます。一応教材は送ってくれますし、提出課題に解答して送り返せば添削もしてくれます。数週間学習すればほぼ100%誰でも合格できるので、本来の目的である「合格」を手に入れることもできます。一応は「やった!合格した!」と、それらしき達成感を味わうこともできます。

 

どれほど役立つか分からないような合格証書を手に入れて、支払った受講料がその資格に値する適正価格といえるかは別として・・・ですけど。

 

実際に、多くの人は「資格を取得しても全く役に立たなかった」と言っています。さらに不思議なことに、「騙された」と言っている人が少ないのもまた事実です。それは金額が比較的少ないことと、「資格」らしきものが取れたという達成感が一応あるからだと思います。

 

被害の金額が少なければあまり騙されたという実感がありません。「結局役に立たなかったなぁ」程度で済んでしまいます。これが50万円の受講料なら話しは別です。たちまち詐欺だと騒がれてしまうでしょう。

 

騙されたという実感がない程度の金額、これが現代版資格商法の特徴です。

 

通信講座や教材販売の会社も、それを分かりきった上でやっているのでさらに悪質です。民間検定なんて役立つことがないのは百も承知です。知らない人は講座を申し込む無知な一般人だけということです。

中には受講料が148,000円もする悪質な検定試験も!

講習を受ける女性

野菜ソムリエという民間の検定試験があります。よくテレビで芸能人が、「野菜ソムリエの資格持ってます!」なんて言ってPRしているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

実はこの野菜ソムリエという資格、類を見ないほどの高額な受講料が必要なんです。

 

なんとその金額は148,000円!ほんの数日間の受講でこれだけ必要とは、現代版資格商法の域を超えたまさに詐欺商法といってもよいでしょう。

 

当然ですが受講するのが資格取得の絶対条件です。上位資格を目指そうとなるとさらに追加で172,500円が必要になります。しかも一旦取得したら終わりというワケではなく、資格の更新料として毎年3,500円を払い続けなければならないというオマケ付きです。

 

合格して仕事に役立つことがあればまだいいんですけど、あくまでも自己満足の趣味の検定試験です。悪質な資格商法です。
参考:野菜ソムリエ

現代版資格商法はマスコミを通して大衆を洗脳する悪質な手法

テレビCMであれだけ「一生モノの資格」「全国どこでも役立つ資格」などとPRすれば、見ている人も民間検定が役立つ資格であると信じ込んでしまいます。

 

野菜ソムリエにいたっては、シェフが着る真っ白なコックコート(シェフコート)を着て前掛けサロンをして色鮮やかなスカーフを巻いた芸能人がテレビでPRすれば、誰もが少しは憧れてしまいます。

 

本当は、テレビCMの影響で言葉巧みに騙されて、本当の事を確かめることもなく申し込んでしまい、内容に見合っていない受講料を取られているだけにすぎないんですが、被害の額が比較的少ないため騙されたという実感がほとんどありません。

 

せっかく講座を受講して取得しても、就職が有利にならなかったり会社での評価が上がらなかったとして通信講座の会社に文句をつけたところで、「それはあなたの努力が足りないから」「就職できないのは自己責任」と片付けられてしまうでしょう。仮に5万円の受講料返還請求では裁判を起こしてもワリがあわないので結局は諦めてしまいます。

 

50万円以上の被害であれば目立ちますが、被害額が少ないので、現代版資格商法になって「被害が目立たなくなった」ともいえます。

 

巧妙に計算されて仕掛けられた詐欺の手法が現代版資格商法といえます。そして多くの人が騙されています。

民間検定試験による資格などは、ほとんど価値がない

本来、資格というものは国の法律に基づいて存在します。医師、弁護士、宅建士、自動車運転免許など、全て該当する法律が国会で制定されています。法律による規定がなく、誰でも自由に作ることができる民間検定試験などは資格でもなんでもありません。価値などほぼゼロということです。

 

儲かるからという理由で他の多くの業者も真似をして民間検定試験を作り続けています。聞いたことがないような民間検定がいくらでもあります。

 

例えば相続に関していいますと、相続士、相続プランナー、相続コーディネーター、相続対策専門士、相続診断士、相続カウンセラー、相続コンサルタント、相続支援コンサルタント、相続アドバイザー、相続マイスター等々…ここまでくるともはや奇奇怪怪、そんなに善良な市民を騙してどうするの?と言いたくなります。2匹め3匹めのどじょうを狙いすぎです。
詳しくは当サイト内の相続アドバイザーをご覧ください)

 

これが現代版資格商法のやり方です。

 

どうかみなさん、「就職や転職が有利になる」「社内での評価アップにつながる」などという甘い言葉に騙されて、役立つこともない民間の検定試験にお金と時間を費やすことがないようにしてください。

 

騙されないためには、自分で本当の事を調べるしかない。

女性

では、どうすれば現代版資格商法から身を守ることができるのか?

 

大切な時間とお金を費やす前に、よく調べてください。自分自身で本当の事を調べて身を守るしかありません。ロクに自分で調べもせず、少数の意見を聞いてそれを鵜呑みにしてはいけません。

 

テレビや新聞などのマスコミは本当のことを伝えているとは限りません。全てが事実ではないということです。ましてや利益を追求する民間企業のCMなどは眉唾ものの怪しい内容のものばかりです。

 

インターネットの世界はテレビ以上に情報で溢れています。何か単語を入力して調べようものなら無限といってもよいほど情報が表示されます。良いことだけを書いているサイトもあれば、その逆もあります。検索結果で上位数行に表示されるサイトだけを見ていても真実は分かりません。

 

現代版資格商法に引っかからないためには、できるだけ多くの情報に触れて、どの内容が事実を伝えているのか、それを見極める力を付ける必要があります。

 

一例をあげますと、情報の出所を確かめることです。利益をあげるための企業の情報なのか、ユーザーが書いた情報なのか、それによって全然内容は違ってきます。

 

「・・・だと思う」「・・・ではないでしょうか」という表現はまず信憑性がありません。逆に極めて具体的に体験談が書かれている場合は一般的に信憑性が高いといえます。細かく根拠も書かれている必要があります。ただしこれも必ず正しいとは言い切れません。ライバル企業による誹謗中傷の可能性もあります。

 

現代版資格商法から身を守るためには、時間をかけて多くの情報を得て自分の知識とした上で、自分自身で判断するしかありません。

 

詐欺に騙されるのは、いつの時代も知識のない人達です。

 

このページのトップへ

TOPICS

絶対合格!学習方法



まずは無料の資料請求


たのまな









資格取得

オンラインショップ



T O P 本当に役立つ資格 全く役立たない資格 ユーキャンで資格? 現代版資格商法 サイトマップ 運営者情報と連絡先