秘書検定が役立つ資格なのか役立たない資格なのか紹介します

秘書検定

女性軽視の時代遅れの検定試験、高校新卒なら少し有利になるかも。

難易度 学習期間 資格の種類 資格の分類 合格率 将来性

易しい

1か月程度

民間資格

民間検定試験

70%

秘書検定,試験,使える,役に立つ,通信講座

秘書検定とは

秘書検定

秘書検定とは、主に会社の役員や経営者の秘書として必要な能力について知識及び技能を問う検定試験です。

 

また、秘書としての資質や秘書業務についてだけではなく、一般常識や、コミュニケーション能力、ビジネスマナーや、ビジネス文書の作成、敬語の正しい使い方や、電話応対、感じのいい態度など、実際、社会で必要とされるものも試験で問われます。

 

言葉使い、電話の対応、接客マナーなどの他、ファイリングや郵便関係、文書の作成の事務処理、社会や経済の知識、OA機器の習熟など幅広い能力が必要です。

 

能力によって1〜3級に区分され、3級は秘書としての基礎的知識を、2級は専門知識と技能を、1級は高度な専門知識と技能そして資質を問うものです。全級とも筆記試験は「理論」と「実技」に領域区分されており、各60%以上の正解で合格になります。

 

役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか?

秘書検定

秘書検定は、社会人として必要な最低限のマナーを備えているかを問う試験になります。
ただし、それは実社会においては既に身につけていて当然と思われる内容ばかりです。仮にに身についてなかったとしても、マナーに関する本を一読すれば誰でもすぐに身につく内容です。
就職活動において、履歴書に秘書検定取得と記入できるのは、高卒新卒か、大学新卒までです。一応社会人としてのマナーを身につける意欲のある人と判断されて、就職活動が有利になる可能性はあります。

 

「意欲がある」と判断される一つの材料になるかもしれませんが、決して社会人としてのマナー、言葉遣い、常識などが身についているという証明になるものでもありません。

 

就職活動には、自動車運転免許をとっておいた方がよほど就職活動は有利になります。


秘書検定の将来性を徹底研究!

この資格の活かし方

 

秘書検定を持っていても、通常事務では常識の延長みたいに扱われます。特に武器になるようなことはありません。事務職経験が数年あれば、2級までは問題集を一通り済ませるだけで簡単に合格できます。

 

学生のときに合格すれば就職活動の際に話題になることはありますが、転職の際は、あくまでも一般常識程度に扱われるため有利になることはありません。

現実的に秘書に必要なのは素敵な笑顔と容姿

 

安倍政権の成長戦略のひとつとして、「2020年までに指導的な地位に占める女性の割合を30%にする」との提言があります。あくまでも指導的な管理職としての女性の登用であって、補助的な仕事に女性が就くのを増やすのが目的ではありません。

 

男女平等のこの時代、今だに秘書検定という名称で女性の受験者をつのっていることに疑問を感じます。就職が有利になるという宣伝文句ですが、医療事務や歯科助手などの検定試験と同様に就職が有利になることはありません。業務では役に立つことはあるかもしれませんが、それは一般常識の教養の範囲です。

 

もし、秘書として一人前になりたいと考えているのであったら語学力を磨いたほうがよさそうです。
それから、現実的に秘書として必要なのは、あまり言いたくありませんが、素敵な笑顔と容姿です。そこそこ頭も良い方がよいでしょう。地元のヤンキー高校卒の女性が秘書検定1級をとったところで秘書として活躍できる可能性は低いと言っていいでしょう。

 

 

秘書検定に合格するためには

試験には3級、2級、準1級、1級の4種類があります。2級を受験する方が多く、全体の7割は2級を受験します。

 

ちなみに合格率は3級が55%前後、2級が45%前後、準1級が30%前後、1級が20%前後となっています。実際は受験勉強をほとんどしていない女子高生も多く受験するため、合格率はけっこう高いようで、普通に少し学習すれば誰でも合格できます。

 

受験資格はありません、どなたでも受験できます。 社会人経験の無い方は難しいと思いますが、一般企業に勤めた経験が数年あれば、2級までは問題集を一通り済ませるだけで簡単に合格できます。

 

試験範囲は3級と2級は筆記試験のみです。準1級と1級はは筆記試験に面接がつきます。

秘書検定試験情報

試験日

お申込み

2月上旬頃(2級と3級のみ)

6月下旬頃(全級)

11月上旬頃(全級)

試験日の1ヶ月〜2ヶ月前に申し込みます。大手書店に受験願書が置いてあります。

受験資格

受験資格の制限は一切ありません。どなたでも受験できます。

試験内容

検定内容(3級)
1.秘書の資質(理論)
2.職務知識(理論)
3.一般知識(理論)
4.マナー・接遇(実技)
5.技能(実技)

 

理論は五肢択一問題でマークシート方式。
実技は五肢択一問題(マークシート方式)と記述問題

合格への第一歩、まずは無料の資料請求から

いろんな講座を比較検討することもできます。

資料請求

ヒューマンの通信講座 『秘書検定』

習い事・通信講座・通学講座を探してまとめて資料請求できます。

 
 ※使える講座の情報が多くあります。

秘書検定 おすすめの講座

講義DVDがついているので初学者でも安心して学習をはじめられます。まずは講義DVDでポイントを押さえてからテキストを読むようにするとかなり理解が早まります。
参考までに:DVDを利用した学習方法

 

下矢印こちらから受講申し込みができます。

ヒューマンの通信講座 『秘書検定』

TOPICS

絶対合格!学習方法



まずは無料の資料請求





















T O P 本当に役立つ資格 全く役立たない資格 ユーキャンで資格? サイトマップ プロフィールと連絡先