ITパスポートが役立つ資格なのか役立たない資格なのか紹介します

ITパスポート

あくまでもパソコンの入門資格。就職の際にあまり評価されません。

難易度 学習期間 資格の種類 資格の分類 合格率 将来性

易しい

2か月以上

国家資格

名称独占資格

60%

ITパスポート,使える,役に立つ,通信講座

ITパスポートとは

ITパスポート

ITパスポート試験(通称:Iパス)とは、経済産業省が認定する国家試験のことをいいます。

かつて大型のコンピューターで処理していた情報処理の技術は、小型で高性能なパソコンに置き換えられ、今やどこのオフィスでもパソコンが導入されています。1人に1台パソコンが普及し、日常の暮らしの中でパソコンやインターネットを使うことは当たり前になっています。さらにスマホ、ipadなどの情報端末を持ち歩いて、どこでも必要な情報を瞬時に引き出すことができます。

 

IT技術が進歩する上では、使う側の意識やモラル、危険性などについて正しく理解することも重要になってきます。さらに、ビジネスで使うときはネットワークシステムを上手に活用するスキルや、利用する上での問題点、さらには業務を効率化するための知識が欠かせません。

 

ITパスポート試験では、パソコン操作ができる、必要な表計算ソフトを使える、ウイルスの危険性を理解している、といったレベルには留まらず、日常的にパソコンなどの情報機器を使用する社会人が、パソコンの基本機能やセキュリティの重要性などについてどの程度基本的なことを理解しているかを確認するための試験という位置づけです。IT社会に必要なモラルや積極的にITを活用するための知識も身につけます。

 

役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか?

ITパスポート,使える,役に立つ,通信講座

パソコンを利用するための基本的な資格であるため、あまり就職に役に立つとはいえません。新卒の学生であれば若干評価される可能性はあります。現在IT関係の仕事をしているわけではないが、そちらへ転職する際の武器として取得したい、と考えているのであれば、あまりお勧めはできません。それは試験の内容があくまでも基本レベルであるため、能力の判断材料になるとまでは言えないからです。


ITパスポートの将来性を徹底研究!

この資格の活かし方

ITパスポート試験に合格したからといってIT関連の特別な仕事ができるわけでもありません。あくまでも、ITに関してどれくら基礎的な知識を持っているかというの知識の確認をするための試験という位置づけです。資格というよりも検定試験という方が正しいです。
ITパスポートは、IT業界ではあまりアピール出来ない資格であり、最低でも基本情報技術者の資格がIT業界では必要となります。IT業界でスキルアップを目指したいのであれば是非上位資格である基本情報技術者にチャレンジしてください。

新入社員が入社前に身に着ける程度の内容

新卒でこれから就職活動をする高校生や大学生が、パソコン技術習得のために取得する資格といってもいいでしょう。30代以上でスキルアップするための転職にはあまり評価されません。

 

転職や現在の仕事のスキルアップに役立てたいのなら、実務的にエクセルやワードを含めてパソコンの技術を習得する方がいいでしょう。

 

合格への第一歩、まずは無料の資料請求から

いろんな講座を比較検討することもできます。

資料請求

ポイント資格スクール大栄(資料無料送付)

習い事・通信講座・通学講座を探してまとめて資料請求できます。

 
 ※使える講座の情報が多くあります。

このページのトップへ

TOPICS

絶対合格!学習方法



まずは無料の資料請求





















T O P 本当に役立つ資格 全く役立たない資格 ユーキャンで資格? サイトマップ プロフィールと連絡先