通関士が役立つ資格なのか役立たない資格なのか紹介します

通関士

現在貿易関係の仕事に従事している人が取得すると役に立つ資格です。

難易度 学習期間 資格の種類 資格の分類 合格率 将来性

普通

8か月以上

国家資格

業務独占資格

10%

通関士,使える,役に立つ,通信講座

通関士とは

通関士

通関士は、輸出入の品物があると、税関に提出する申告書の内容を作成して、チェックするのが主なお仕事です。貿易の輸出入に関する通関手続きは非常に煩雑です。そのため、通関の知識の浅い人や、通関士の資格がない人が通関手続を行なうと、せっかく海外から運んできた商品でも税関を通すことができなっくなってしまいます。このような事態を防ぐために、貿易手続きの専門的な知識を持つ通関士によって、通関書類の作成や通関の申請が行なわれています。

 

役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか?

通関士,使える,役に立つ,通信講座

実務経験のある人が同じ業界内で再就職や転職をする際は大きく役に立ちます。 しかし未経験者がこの資格を取得してもあまり就職活動は有利になりません。
海外との貿易で成り立っている日本経済では、必要な資格ですが、やはり実務での経験がものを言います。
通信講座の会社では、すぐに海外との窓口となる職場で働けるような説明をしていますが、未経験者で資格だけあっても就職は難しいです。


通関士の将来性を徹底研究!

この資格の活かし方

通関士は通関・貿易に関する専門知識をしっかり身につけることが必要です。また書類には英語が使われるので、貿易専門用語を理解するのは当然ですが、ある程度の英語力も必要です。

貿易に関する唯一の国家資格

海外へ物を輸出あるいは輸入しているような通関業を行なっている倉庫会社、運送会社、航空会社などは、各営業所に専任の通関士を1名以上置くことが法律で義務付けられています。そのためこの資格を取得すれば会社での地位は上がります。

 

通関士に合格するためには

通関士になるためには、まずは毎年10月に実施される国家試験に合格し、通関業者で通関業務に就いて、その後勤務先の「通関業者からの申請」によって、税関の長から「通関士の確認」を受ける必要があります。つまり通関士国家試験に合格したからといって、すぐに通関士として認められるわけではなく、通関業を行なっている会社で働いて実務経験を積んでいることが条件になってきます。しかし通関は経験がものを言う業界です。試験に合格しただけの有資格者を募集するようなケースはまずありません。資格よりも経験者を優先します。

合格への第一歩、まずは無料の資料請求から

いろんな講座を比較検討することもできます。

資料請求

ポイントヒューマンの通信講座 『通関士』
ポイント資格★合格クレアール 通関士講座

習い事・通信講座・通学講座を探してまとめて資料請求できます。

 
 ※使える講座の情報が多くあります。

通関士 おすすめの講座

通関士講座におきましては、下記の2講座がおすすめです。

ヒューマンの通信講座

通関士受験20年の実績がある合格指導が受けられます。売上No.1の通関士テキストを講座で採用しており、内容はかなり良いとぼくは思います。人気講師のDVDによる講義が付属しており、いつでも自宅で視聴できます。

 

下矢印こちらから受講申し込みができます。

ヒューマンの通信講座 『通関士』

 

フォーサイトの通信講座

2016年度は全国平均の2.09倍の合格率を誇っている通信講座です。ほとんどの通信講座は合格率を公表していませんが、フォーサイトはあえて公表しています。自信の現れでしょうか。
やはりDVD講座がおすすめです。

下矢印こちらから受講申し込みができます。

通関士

TOPICS

絶対合格!学習方法



まずは無料の資料請求













資格取得

オンラインショップ



T O P 本当に役立つ資格 全く役立たない資格 ユーキャンで資格? サイトマップ プロフィールと連絡先