マンション管理士が役立つ資格なのか役立たない資格なのか紹介します

マンション管理士

経験を積めば定年後に独立も可能な資格、今後ますます需要が見込めます。

難易度 学習期間 資格の種類 資格の分類 合格率 将来性

普通上

6か月以上

国家資格

名称独占資格

8%

マンション管理士,使える,役に立つ,通信講座

マンション管理士とは

マンション管理士の男性

マンション管理士とは、マンション住民間の規律を定めた法律である区分所有法や民法、不動産登記法などの特別な知識と能力を備えたマンション事務の専門職です。マンションの1階受付に座っている管理人や単なる施設の管理会社とマンション管理士は違います。法律的な知識を備えた管理人がマンション管理士になります。

 

マンション住民間で日常的に発生するさまざまなトラブルに対し、住民の立場から相談に乗って、解決に導くためアドバイスを行います。

 

マンションのトラブルでよく起きるのが修繕や建て替えの決議です。重大な破損や古くなって倒壊の恐れのあるマンションをほっておくわけにはいけません。しかし、多数決をとって、住民の意見が一致することなどはまずありえません。修繕費用も当然マンション住民の出資です。経済的に余裕のある人もいれば修繕費の積立が滞っている人もいます。建て替えなどのように巨額の費用が発生する場合など揉めて当然で、各地でマンション住民間の裁判も起きています。
そういったトラブルに少しでも事前に対処して解決できるように作られたのが、法律的な知識を持ったマンション管理士の制度です。

 

役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか?

マンション管理士,使える,役に立つ,通信講座

国民の3人に1人はマンションに住んでいるとも言われ、日本には40万棟以上のマンションがあります。新築マンションが少し前まで過去最高の供給量でした。法律により、マンション住民は必ず管理組合をが作らなければなりません。そのためマンションの数だけ管理組合は存在します。

 

過去に建設したマンションの住民が高齢化し、管理組合での意見がなかなか一致せず、老朽化したマンションを建て替えをしたくてもできないといった話しをよく聞きます。そのため建て替えがしやすいように毎年のように区分所有法が改正されてはいますが、大規模な修繕、建て替えなどは全国的に進んでいません。今後ますますマンションの管理が社会的な問題になってきます。それに加えて都市部では、都心回帰や単身世帯、二人世帯の増加で特に賃貸マンションの需要は高くなる傾向にあり、マンション管理士の仕事のニーズは増えると思われます。

 

弁護士、司法書士のように独立して開業するための資格とはいいがたいのですが、中には独立してマンション管理士として高額な報酬を得ている方もいますので十分独立も狙える資格です。この資格の活かし方はまだまだ未知数で、使いようによってはかなり役に立つ資格です。しかし、簡単な管理人という資格ではなく、責任も重大で、責任感が求められる資格です。


マンション管理士の将来性を徹底研究!

他の資格も持っていると有利で独立も狙える資格

 

マンション管理士に合格すると、国が認めたマンション管理のプロという位置づけになります。そのため、マンション管理士を取得して独立しようと考えている人が多く、不動産関連の会社に勤めている人や不動産に関わる仕事をしてる行政書士や宅建主任者などが受験します。

 

再就職にマンション管理会社などを考える場合には、消防設備士、宅地建物取引士、管理業務主任者、危険物取扱者やボイラー等の設備系の資格も持っているとよいでしょう。

管理業務主任者とのダブル受験がほとんど

 

歴史の浅い資格ですが、年々難しくなっています。使い勝手が未知数の部分の多い資格ではありますが、この先活躍できる場は増えていくと思われます。
マンション管理士の本試験の約1週間後に管理業務主任者の試験も実施されますが、同じような範囲の試験内容でもあり、管理業務主任者はマンション管理士試験よりも平易なため、マンション管理士と管理業務主任者を同時に取得するつもりで学習をしている方が多いようです。

 

多くの資格予備校や通信教育の業者も、「マンション管理士&管理業務主任者」といった具合にひとつの講座として扱っています。

他の資格と組み合わせて開業した方が断然有利!

 

多くの受験生が管理業務主任者とあわせてダブル合格を目指しています。ここは是非宅地建物取引士もあわせて取得しましょう!

  • マンション管理士+管理業務主任者+宅地建物取引士
  • マンション管理士+危険物取扱者
  • マンション管理士+ボイラー技士

 

マンション管理士に合格するためには

受験制限はありません

受験制限がないためどなたでも受験できます。しかし建築士や行政書士、宅建主任者などの有資格者がダブルライセンスを狙って大勢受験しているので、公表されている合格率よりもレベルは高めです。
試験は全てマークシートで、記述や論文はありません。そのため解答しやすく、定年後の中高年が多く受験します。しかし、決して難易度が低いわけではなく、時間をかけて学習しないと合格できません。

 

試験内容は、民法や不動産登記法に関する内容、区分所有法(いわゆるマンション所有の法律)、マンション特有の法令、宅建主任者試験と重なる建築基準法、都市計画法、消防法、住宅の品質管理の促進等に関する法律などです。宅建主任者の学習内容と重なる部分も多く、民法の知識も求められます。

マンション管理士試験情報

試験日

お申込み

11月下旬の日曜日

例年9月上旬から10下旬。

受験資格

受験資格はありません。どなたでも受験できます。

試験内容

マンション管理士の試験問題は法令、設備など下記4つの分野から50問出題されます。

  • マンションの管理に関する法令及び実務に関すること
  • 管理組合の運営の円滑化に関すること
  • マンションの建物および附属施設の構造及び設備に関すること
  • マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること

試験形式は、4つの選択肢の中から一つを選ぶ「四肢択一式」で、マークシートで解答します。また「管理業務主任者試験」の合格者には、マンション管理適正化法5問が免除されます。
設備関連から毎回10問前後が出題されます。設備は専門知識が必要だと思われがちですが、一級建築士のような深い専門性が要求されるわけではありません。あくまでも暗記科目であり、知識ゼロからでも十分合格が狙えます。

合格への第一歩、まずは無料の資料請求から

いろんな講座を比較検討することもできます。

資料請求

ポイントLEC東京リーガルマインド資料請求(無料)
ポイント資格スクール大栄(資料無料送付)
ポイントアビバの資格講座|無料体験・説明会実施中!

習い事・通信講座・通学講座を探してまとめて資料請求できます。

 
 ※使える講座の情報が多くあります。

マンション管理士 おすすめの講座

※管理業務主任者と合わせて取得するのが望ましいので、管理業務主任者とセットになった講座を紹介しています。

口コミで最も評判がよいのがフォーサイトの通信講座です。テレビCMなどの広告費を一切使っていないので費用も抑えられておりかなりの低価格です。あくまでも教材の内容と合格率で勝負しいます。フォーサイトの教材は内容が濃く、説明も詳しく、学習を継続できるような工夫が随所にされています。そのため合格率は全国平均を大きく上回っていて、売りっぱなしの通信講座とは違います。そしてこの価格でDVDもついているので、講義を聞いているのと同じです。内容はかなり充実しています。ぼくはフォーサイトが文句なしだと思います。

 

マンション管理士と管理業務主任者をあわせたDVD付きの講座がおすすめです。

下矢印こちらから受講申し込みができます。


マンション管理士 おすすめテキスト

テキスト、問題集、参考書は2015/03/14現在、下記が最新版です。

平成27年版 楽学マンション管理士 基本書 (楽学シリーズ)
初学者にとってはこのテキストは分かりやすく、解説も丁寧なのでおすすめです。マンション管理士だけのテキストではなく、管理業務主任者用のテキストとしても使えます。
種類 評価
テキスト マンション管理士,使える,役に立つ,通信講座

マンション管理士 おすすめ問題集

ズバッと合格!マンション管理士 どこでも過去問 2015年度版 (管業・マン管 ズバッと合格!シリーズ)
この問題集は過去問を分野別・難易度別に編集しており、解説も初学者向けに詳しいのでかなりおすすめです。日建学院の良書です。
種類 評価
種類を書くこと マンション管理士,使える,役に立つ,通信講座

マンション管理士 おすすめ参考書

マンション管理の知識―マンション管理にかかわるすべての人に〈平成26年度版〉
この本を利用している方は多く、かなり評判はいいです。これはテキストというよりも、学習をすすめる上での副教材と考えてください。マンション管理士の仕事のことが広く詳しく書かれています。これ一冊で、法律も設備も横断的な知識を得ることができます。まずはこの本でマンション管理士の世界の全体像をつかんだ上で、テキストを使った学習をし、問題を解いてはさらにこの本で詳しく調べるのが効果的です。実はほとんどの受験生が愛用しています。

 

※2015年3月14日現在、最新版です。

種類 評価
参考書 マンション管理士,使える,役に立つ,通信講座
マンション管理人の仕事とルールがよくわかる本
「マンション管理士」と言われても知人にそんな人も居ないし、ネットで調べても、やはりよくわからない職業です。この本の著者は現役のマンション管理士で、石川県マンション管理士会の理事長でもあります。マンション管理士の仕事について分かりやすく解説していて大変面白い内容です。著者の経験を踏まえた人格論や実践的な心理学も挿入されていて、読み終わると、「マンション管理人になりたい!」と感じてしまう一冊です。マンション管理人の仕事に興味を持っている方だけではなく、現在、マンション管理人の仕事をしている方にもおすすめできる内容です。名著です。
種類 評価
入門書 マンション管理士,使える,役に立つ,通信講座

 

このページのトップへ

TOPICS

絶対合格!学習方法



まずは無料の資料請求





















T O P 本当に役立つ資格 全く役立たない資格 ユーキャンで資格? サイトマップ プロフィールと連絡先