MENU
旧サイト名:本当に役立つ資格、全く役立たない資格

民間資格の多くは講座受講料と受験料を目的とした資格商法

ホラー映画風の怖い男性

ネットを利用して広く浅く講座受講料を騙し取るのが現代の資格商法

「おすすめの資格」「就職や転職が有利になる」「一生涯役に立つ」などとネット上でPRして受講生を集めるのが資格商法の特徴です。

実は、民間の検定試験(民間資格)の多くは単なる資格商法なんです。

そう!アナタが取得を考えている医療事務、調剤薬局事務、心理カウンセラー、◯◯アドバイザー、◯◯ソムリエといった検定試験の類です。

3~6万円ほど支払って指定の通信講座を受講して、数か月後に自宅で受験すればほぼ全員合格・・・

あるいは、指定の講習会を1~3回ほど受講すればほぼ全員合格・・・これで勉強?資格?専門知識どころか基礎知識すら身に付かないでしょう。

この程度の民間資格に合格して、履歴書に書いたところで常識的に考えて普通の会社は評価しません。

ちょっと冷静に考えればわかるはずです。

そもそもねぇ・・・民間資格などで就職など決まりません。

学歴・年齢・容姿・過去の実績・面接時の印象など総合的に判断します。

資格商法の筆頭格はなんといっても「医療事務」と「心理カウンセラー」です。

お金され払えば誰でも短期間で合格できる民間の検定試験など、お金と時間の無駄です。

被害金額が5万円ほどと高額ではないので、騙されたという意識が低いのも最近の資格商法の特徴です。

こういった手法を特に「現代版資格商法」といいます。

つまり、ネット上で賑わっているような民間資格の多くは資格商法です。

今の時代、就職や転職活動が思うように進まない人もきっと多いでしょう。藁をもすがりたい気持ちは理解できます。

けれど冷静に考えてみてください。マスコミやネットのくだらない宣伝に騙されないでください。

目次

かつては露骨であからさまな詐欺的な資格商法が主流

スーツを着た詐欺師っぽい男性

一昔前(平成7年頃)まで資格商法といえば、「就職が有利になる」「この検定試験は間もなく国家資格になる」などと言葉巧みに50万円以上もするような高額な教材を押し付ける手法が中心でした。

中には職場に電話をかけてきて、半ば強引に「契約した」といいがかりをつけて自宅に教材を送りつけるケースもあったようです。

「仕事を紹介するには資格が必要になる」と主に主婦を騙し、聞いたこともないような資格を取得するための講座とワープロをセットで高額で売りつける資格商法もありました。

偽りの説明で人を騙したり強引に契約させるのは明らかな犯罪行為です。さらに50万円以上も騙し取られたとなると詐欺や強迫に該当するのは疑いの余地もありません。

こういった資格取得をエサにした詐欺商法は、一般的に資格商法士(サムライ)商法などと呼ばれていました。

しかし、世間に販売方法の実態が知れ渡るようになり、次第に姿を消していきます。

最近では、かつての資格商法の被害はほとんど聞かなくなりました。

民間資格の多くは現代版資格商法

ネットで受講生を集めて広く浅くお金をだまし取るのが特徴

では、資格詐欺の被害がなくなったかというと全く逆です。

巧みに手法を変えて現代版資格商法として生まれ変わりました。

テレビCMやネット広告を盛んに放映し、被害者数を増やし続けています。騙されている人の数はかつての比ではありません。

例えば、購入した教材が50万もすれば「騙された!」って誰もが実感するでしょう。これが、5万円程度の通信講座ならあきらめがつきます。

実は、それが現代版資格商法のやり方です。数万円程度で詐欺と思われないような金額を広く騙し取るのが特徴です。

全く価値がないような民間の検定試験を「資格」として宣伝し、「就職・転職に役立つ」「社内で即評価される」「昇進にすぐ結びつく」「給与アップにつながる」などと言葉巧みに通信講座の受講生を集めます。

例えば、医療事務、調剤薬局事務、介護事務、看護助手、歯科助手などが例です。

他にも◯◯アドバイザー、◯◯ソムリエ、民間の心理カウンセラーなどというワケの分からない資格(?)など、現代版資格商法の類は数えだしたらキリがありません。

5万円ほどの被害であれば騙されたという実感に乏しい

しかもほとんどの講座受講料は3~6万円程度で済みます。一応教材は送ってくれますし、提出課題に解答して送り返せば添削もしてくれます。

数週間学習すればほぼ100%誰でも合格できるので、本来の目的である「合格」を手に入れられます。

一応は手元に合格証書みたいな紙切れやIDカードみたいなモノが送られてきて「やった!合格した!」と、それらしき達成感も味わえます。

そのため「騙された」と感じる人が少ないのもまた事実です。

それは、騙された金額が比較的少ないことと「資格」らしきものが取れたという達成感が一応あるからでしょう。

被害の金額が5万円程度なら「役に立たなかったなぁ」で済んでしまいます。

これが50万円の受講料なら話しは別です。詐欺だと騒ぐ人が何人も現れるでしょう。

騙されたという実感がない程度の被害金額、これが現代版資格商法の特徴

誰でも簡単に合格できる程度の民間資格など役に立つことはありません。

少し考えればわかることです。藁をもつかむ気持ちで講座を申し込むのは騙されやすい無知な一般人です。

こうしてかつてのサムライ商法・士商法は、現代版資格商法と形を変えて社会に蔓延し続けています。

マスコミを利用した宣伝で受講生を集め続ける

テレビCMであれだけ「一生モノの資格」「全国どこでも役立つ資格」などとPRすれば、見ている人も民間資格が役立つ資格であると信じ込んでしまいます。

あるいは、「芸能人が◯◯検定を取得した!」「◯◯アドバイザーに合格した!」なんて番組内やCMでPRすれば、ついつい憧れの眼差しで見てしまいます。

テレビCMの影響で言葉巧みに騙されて、実態を確かめず申し込んでも内容に見合っていない受講料を取られているだけです。

就職や転職に活かせなかったとして通信講座の会社に文句をつけたところで、法に抵触しているワケでもないので門前払いです。

就職や転職に活かせなかったとしても「就職や転職を保証するモノではない」と一笑に付されます。

さらに「それはあなたの努力が足りないから」「就職できないのは自己責任」と片付けられてしまうでしょう。

5万円の通信講座受講料返還請求を起こしてもワリがあわないので結局はあきらめてしまいます。

50万円以上の高額な被害であれば目立ちますが、被害額が少ないので現代版資格商法になって「被害が目立たなくなった」ともいえます。

巧妙に計算されて仕掛けられた詐欺の手法が現代版資格商法です。そして多くの人が騙され続けています。

民間団体が主催する資格などほとんど価値がない

ソファーに座ってパソコンを触りながら詐欺に気づく男女

本来、資格というものは国の法律に基づいて存在する特別の「地位」です。

医師、弁護士、行政書士、宅地建物取引士、自動車運転免許など、全て該当する法律が存在します。

法律による規定がなく、誰でも自由に作ることができる民間の検定試験などは資格でもなんでもありません。特別な価値なども認められません。

例えば相続に関していいますと

相続士、相続診断士、相続鑑定士、相続アドバイザー、相続法務指導員、相続知識検定、相続マイスター、相続支援コンサルタント、相続ファシリテーター、相続手続カウンセラー、相続カウンセラー、遺言執行士、終活カウンセラー、事業承継アドバイザー、事業承継士、相続財産再鑑定士、相続プランナー、相続対策専門士、相続コーディネーター、相続検定、相続実務士、相続管理士、相続相談士、相続実務検定、相続ファシリテーター、相続対策プランナー、相続実務コンサルタント、相続コーディネート実務士、相続法務指導員、相続技能士、相続支援士等…

ここまでくるともはや奇奇怪怪です。

全部が詐欺とか怪しいと言ってるワケじゃありませんが、概ね通信講座受講か講習会受講が条件です。

これらの検定試験に合格したところで一体どんなことができると言うのでしょうか。

(詳しくは当サイト内の相続アドバイザーをご覧ください)

時々テレビなどで取り上げられる温泉ソムリエなども、悪質とは言いませんが、内容に関しては大いに疑問です。

半日で終わる「温泉ソムリエ認定セミナー」、あるいは泊まりで行く「温泉ソムリエ認定ツアー」に参加すれば誰でも合格できます。もちろん有料です。安くありません。

誇らしげに認定証を手にしている人の写真をネット上で見かけますが、少しかわいそうになります。

どうかみなさん、「就職や転職が有利になる」「社内での評価アップにつながる」などという甘い言葉に騙されて、役立つこともない民間の検定試験にお金と時間を費やさないようにしてください。

自分で納得いくまで時間をかけて調べて!

例えば、野菜ソムリエという民間資格を取得するには費用が15万円ほど必要になります。

決して安いとは言えません。果たして15万円支払ってまで取得する必要があるのかをよく考える必要があります。

大切な時間とお金を費やす前に、よく調べてください。自分自身で本当の事を調べて身を守るしかありません。

ロクに自分で調べもせず、少数の意見を聞いてそれを鵜呑みにしてはいけません。

テレビや新聞などのマスコミは本当の内容を伝えているとは限りません。

ましてや利益を追求する民間企業のCMなどは眉唾ものの怪しい内容のものばかりです。

最近では「番組内CM」が盛んで、番組内でタレントが商品やお店をPRします。

インターネットの世界はテレビ以上に情報で溢れています。何か単語を入力して調べようものなら無限といってもよいほど情報が表示されます。

良いことだけを書いているサイトもあれば、その逆もあります。検索結果で上位数行に表示されるサイトだけを見ていても真実は分かりません。

できるだけ多くの情報に触れて、どの内容が事実を伝えているのか、それを見極める力を付ける必要があります。自分自身で徹底的に調べるということです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次