衛生管理者が役立つ資格なのか役立たない資格なのか紹介します

衛生管理者

50人以上の従業員がいる事務所には、必ず衛生管理者が必要です。

難易度 学習期間 資格の種類 資格の分類 合格率 将来性

普通

1か月以上

国家資格

名称独占資格

50%〜60%

衛生管理者,使える,役に立つ,就職,メリット

※労働衛生の実務経験と事業者による証明書がないと受験できません。

衛生管理者とは

スーツを着た男性

衛生管理者の職務内容を簡単に説明すると、職場を回って食堂が狭いとかトイレが衛生的ではないといった職場の環境を、労働者を代表して会社に意見を言って、会社側に労働環境の整備を要望していく仕事です。

 

50人以上の従業員がいる事務所では、労働環境の改善と労働者の健康障害を防止するため、最低1人以上の衛生管理者を常時配置することが労働安全衛生法という法律により義務づけられています。

 

労働環境とは、オフィス環境や労働者の労働条件などです。職場の温度・湿度・照明・振動・粉塵や衛生面などの物理的な問題から、労働時間や労働の内容も含みます。

 

健康障害とは、業務上疾病、職業性疾患などです。仕事の内容により発生する疾病や負傷で腰痛、手足の障害などです。

 

衛生管理者は、例えば、社内の健康診断の予定や実施、職場の作業環境測定、受動喫煙対策、過重労働による健康障害防止、職場の有害物質の濃度計測などを実施し、必要に応じて会社側に労働環境の改善と健康障害の防止を働きかけます。

 

衛生管理者は、職場の環境を改善して労働者が快適に過ごせるように職場の安全と衛生を取り締まる「監視役」といえます。職場の環境を保っていくには必要不可欠な存在です。

衛生管理者免許には3種類あり、資格を有する者の中から職場で選任。

衛生管理者として選任されるための免許が衛生管理者免許であり、次の3種類があります。

  • 第1種衛生管理者
  • 第2種衛生管理者
  • 衛生工学衛生管理者

第1種衛生管理者は、すべての業種の事業場において衛生管理者になることができます。

 

第2種衛生管理者は、有害業務と関連の少ない情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業など一定の業種の事業場においてのみ、衛生管理者になることができます。

 

衛生工学衛生管理者は、法律で定められた有害業務のうち、一定の業務を行う有害業務事業場では選任しなければなりません。衛生工学衛生管理者は、大学や高等専門学校を卒業しているなど一定の学歴要件が必要になります。

 

衛生管理者とは、事業場の衛生全般の管理をする者です。一定規模以上の事業場については、衛生管理者免許、医師、労働衛生コンサルタント等の免許、資格を有する者からの選任が義務付けられています。

 

なお、医師、歯科医師、保健師、薬剤師は無試験で衛生管理者になれます。

 

参考:衛生管理者について教えて下さい。|厚生労働省

 

役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか?

衛生管理者のレーダーチャート

衛生管理者は、法令で設置が義務付けられている事業所には必ず必要なので、会社命令で職場の社員が取得するケースが多いようです。

 

試験を受けるには、会社で衛生管理に関する業務を最低でも1年以上は担当している必要があるので、大学生や高校生が取得して転職・就職のために取得するものでもありません。

 

衛生管理に関する業務とは、例えば、作業環境の測定、衛生上の調査、施設等の衛生上の改善、労働衛生保護具、救急用具等の点検や整備などの業務です。在学中にこれらの実務を経験するのは難しいでしょう。

 

社会人で、現在勤めている会社でこの衛生管理者を取得するようにすすめられたら是非取得してしてください。資格手当てを支給している会社もあるので、それなりに待遇がよくなることはあります。

 

会社においてある程度の信頼がある社員が衛生管理者に専任されます。転職の際は、衛生管理者の資格を持っているということは、信頼されていた社員としての裏付けになるので、面接担当者には良い印象を与えるはずです。転職時に役立つ資格なので取って損はありません。

 

ただし、衛生管理者を選任しなければいけない職場は、万が一の場合に備えて複数人に免許を取得させています。大至急衛生管理者が欲しい!という会社はほとんどありません。


衛生管理者の将来性を徹底研究!

この資格の活かし方

 

衛生管理者の資格は、受験するために実務経験を要するなど、ハードルが高い試験ですが、いったん合格して取得してしまえば退職しても有効です。次の就職先でも活かせるというメリットがあります。免許の更新制度もないので生涯有効です。

 

ある程度の規模以上の会社ではどこでも必要とされる数少ない国家資格の1つです。衛生管理者の免許を持っているということは、社内での昇進・昇格にもつながります。

 

実務と知識の証明になるので、転職の際は履歴書にも書けます。不利になることはありません。数は少ないですが、衛生管理者の求人もあります。

 

第1種衛生管理者免許を持っていると、さらに活かし方が広がるメリットがあります。

会社の業務命令で取得する場合がほとんど

 

「鈴木くん、衛生管理者の資格を2か月以内に取りなさい!」

 

ある日突然上司に呼ばれてこんな業務命令を下されて慌てた経験のある人もいるのではないでしょうか。

 

国家資格ですからね、試験っていうだけで身構えてしまいます。そもそも衛生管理者ってなに???って感じではないでしょうか。

 

従業員が50人以上いる会社では、衛生管理者が必ず必要です。一般的な企業では、社員の中からすぐには退職しそうもない社員を複数選んで試験を受けさせる場合がほとんです。

 

免許試験受験申請書に「事業者証明書」を添付する必要があり、「労働衛生の実務に従事した期間」を細かく日付を入れて記入しなければなりません。そういった面倒な書類は会社が用意してくれます。

 

衛生管理者の資格は、スキルアップのために自分から手を上げて取得するものでも、就職・転職のために取得するものでもありません。会社側で候補者を選任して取得させるケースがほとんどです。

第1種と第2種、どちらを受験すべきか?

 

衛生管理者試験の受験資格は第1種も第2種も同じです。違いはありません。結論から申し上げますと、受験するのであれば第1種の方がおすすめです。

 

試験内容については第2種は基本的な内容で、第1種は第2種の内容+有害業務となっています。第2種免許では有害業務のある事業所では衛生管理者になれません。第1種は全ての業種の事業所で衛生管理者になれます。第1種と第2種では第1種の方が格上です。

 

学習時間も第2種と第1種は大差ありません。範囲が多少広くなりますが、難易度にはそんなに違いはありません。勉強するのであれば初めから全業種対応できる第1種のほうが良いでしょう。

毎週1回以上職場を巡視して必要な措置を講じる

 

衛生管理者として選任されたら、毎週1回以上は職場の巡視をおこない、必要な措置を講じなければなりまさえん。

労働安全衛生規則第11条(衛生管理者の定期巡視及び権限の付与)
  1. 衛生管理者は、少なくとも毎週1回作業場等を巡視し、設備、作業方法又は衛生状態に有害のおそれがあるときは、直ちに、労働者の健康障害を防止するため必要な措置を講じなければならない。
  2. 事業者は、衛生管理者に対し、衛生に関する措置をなし得る権限を与えなければならない。

衛生管理者は、定期的に職場を見て回って、安全上、衛生上問題がないかチェックする義務があります。

 

また、事業者に対しては「衛生管理者が、衛生に関する措置を行うための権限を与えなければならない」と定めています。

 

つまり、衛生管理者が、法令に基づく措置を行おうとしたときには、事業者は全面的に支援をしなければなりません。

 

衛生管理者には、形だけではなく、労働者の環境を守るための法律上も権限が与えられています。

 

衛生管理者に合格するためには

衛生管理者試験は、出題範囲が非常に広いため、本格的に学習しようとすると大変です。

 

とはいえ、国が事業者に、労働安全を遵守させるために設置を義務付けた制度です。衛生管理者は国家資格ですが落とす目的というよりは合格させるための試験という一面もあります。

 

実際の本試験では、過去問と同じような問題が繰り返し出題されています。試験に合格するには過去問を繰り返し解くのが一番効率的な学習方法です。

 

もちろん過去問とは傾向が異なる問題も出題されますが、6割の正答率で合格ですから、あまり手を広げず、過去問と同じ問題が出たら確実に解答できるように準備しておく必要があります。

 

多くの民間団体や公的機関が講習会を開催しています。試験直前対策講習もあります。金額もさまざまです。

 

試験に出そうな箇所を教えてくれるので、合格率もかなりアップするようです。参加する人も多いようです。

 

普通に学習すれば一発で合格する試験です。10日間程度の期間で合格する人もいますが1か月程度は学習しましょう。過去問だけでも合格は可能ですが、理解する意味ではテキストや参考書はあった方がよいでしょう。

 

まぁ、万が一不合格でも、年に何回も受験できますから大丈夫です。ちなみに合格率は50%程度です。

衛生管理者 試験情報

試験日

お申込み

毎月1〜3回程度
※各地区センターによって異なります。

受験申請書を最寄りのセンターへ試験の2か月〜2日前までに提出します。

受験資格

@大学・高専を卒業後1年以上の労働衛生の実務経験を有する

A高校を卒業後3年以上の労働衛生の実務経験を有する
B中学校を卒業後10年以上の労働衛生の実務経験を有する

試験内容

【第2種衛生管理者】

  • 労働衛生(有害業務に係るものを除く)
  • 関係法令(有害業務に係るものを除く)
  • 労働生理

【第1種衛生管理者】

  • 労働衛生
  • 関係法令
  • 労働生理

出題形式は5者択一問題のマークシート方式です。
第2種、第1種ともに試験時間は3時間です。

試験に関する詳しい情報は受験資格(第一種衛生管理者・第二種衛生管理者)をご覧ください。

衛生管理者 おすすめの講座

アガルートアカデミーは、オンラインによる講義の配信を中心とした資格予備校です。

 

短時間で効率的に衛生管理者の資格を目指す講座で、効率的に合格に必要な知識の習得を目指しています。

 

多くの企業で衛生管理者試験対策の講師として活躍している現役講師による講義ですから、初めて学習を開始される人でも短期間で合格に必要な知識を身に着けることができます。

 

こちらから受講申し込みができます。

【衛生管理者】アガルートアカデミー通信講座

衛生管理者 おすすめテキスト・基本書

第2種衛生管理者 集中レッスン ’19年版

試験そのものは過去問で合格できますが、過去問だけでは100%の理解は難しいと思います。根拠を理解するためにテキストや参考書は必要です。

 

書店に行くと、衛生管理者の参考書は意外と多く並んでいます。実際に手に取って読んでみて、自分が理解しやすいものを選べば大丈夫です。

 

要点ごとにポイントを押さえて分かりやすくまとめられているので、暗記項目が多い衛生管理者の試験対策にはおすすめです。使っている受験生も多いようです。

 

※1種を受験する際は1種用の参考書を選んでください。

種類 評価
過去問題集 衛生管理者,使える,役に立つ,就職,メリット

衛生管理者 おすすめ問題集

詳解 第2種衛生管理者過去6回問題集 ’19年版

学習の中心は過去問題集になります。こちらは多くの受験生が使っている問題集です。

 

問題を解きながら、分からないときは参考書に戻って確認します。この問題集だけを学習して10日間ほど合格する人もいますが、合格ラインギリギリかもしれません。とりあえず短期間で合格したい人にはおすすめです。

 

本試験では、過去問題にないような出題もありますが、基本的には過去の出題によく似た問題が出ます。解答は本体から取外せるて読みやすいのも特徴です。

 

※1種を受験する際は1種用の問題集を選んでください。

種類 評価
過去問題集 衛生管理者,使える,役に立つ,就職,メリット

 

このページのトップへ



まずは無料の資料請求




たのまな








資格取得

オンラインショップ






T O P 本当に役立つ資格 全く役立たない資格 運営者ブログ サイトマップ 運営者情報と連絡先