ITパスポートが役立つ資格なのか役立たない資格なのか紹介します

ITパスポート

あくまでもパソコンの入門資格。就職・転職の際には評価されません。

難易度 学習期間 資格の種類 資格の分類 合格率 将来性

やや易しい

2か月以上

国家資格

名称独占資格

60%

ITパスポート,使える,役に立つ,就職,メリット

ITパスポートとは

ITパスポートの女性

ITパスポート試験(通称:Iパス)とは、経済産業省が認定するITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験のことをいいます。

 

かつて大型のコンピューターで処理していた情報処理の技術は、小型で高性能なパソコンに置き換えられ、今やどこのオフィスでもパソコンが導入されています。

 

1人に1台パソコンが普及し、日常の暮らしの中でパソコンやインターネットを使うことは当たり前になっています。さらにスマホ、ipadなどの情報端末を持ち歩いて、どこでも必要な情報を瞬時に引き出すことができます。

 

IT技術が進歩する上では、使う側の意識やモラル、危険性などについて正しく理解することも重要になってきます。

 

さらに、ビジネスで使うときはネットワークシステムを上手に活用するスキルや、利用する上での問題点、さらには業務を効率化するための知識が欠かせません。

 

ITパスポート試験は、パソコン操作ができる、必要な表計算ソフトを使える、ウイルスの危険性を理解している、といったレベルには留まらず、日常的にパソコンなどの情報機器を使用する社会人が、パソコンの基本機能やセキュリティの重要性などについてどの程度基本的なことを理解しているかを確認するための試験という位置づけです。

 

ITパスポート試験の学習を通して、IT社会に必要なモラルや、積極的にITを活用するための知識も身につけます。

 

参考:【ITパスポート試験】情報処理推進機構

 

役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか?

ITパスポートのレーダーチャート

ITパスポートとは、パソコンを利用するための基本的な知識を学習するための試験であるため、就職・転職に役に立つとはいえません。

 

ただし、新卒の学生であれば若干評価される可能性はあります。何もITについて知識のない学生よりも前向きな姿勢があるということでマイナスの評価にはならないでしょう。

 

現在IT関係の仕事をしているわけではないが、そちらへ転職する際の武器として取得したい、と考えているのであれば、あまりお勧めはできません。それは試験の内容があくまでも基本レベルであるため、能力の判断材料になるとまでは言えないからです。

 

ITパスポートは一応は国家資格なので、履歴書に書けばそれなりに就職・転職が有利になるかもしれませんが、過度に期待しない方がいいです。


ITパスポートの将来性を徹底研究!

この資格の活かし方

 

ITパスポート試験に合格したからといってIT関連の特別な仕事ができるわけでもありません。あくまでも、ITに関してどれくら基礎的な知識を持っているかというの知識の確認をするための試験という位置づけです。資格というよりも検定試験という方が正しいです。

 

仮に就職・転職を希望する会社が極端にIT化が遅れていて、社内にパソコンの知識がない年配の方が多いようであれば、履歴書に書けば注目されるかもしれません。

 

パソコン超初心者に向かって、「私はパソコンの基本的な知識がある程度はありますよ・・・」というくらいには使えます。それ以上の仕事上でのメリットはありません。

 

ITパスポートは、IT業界ではあまりアピールできません。最低でも基本情報技術者の資格がIT業界では必要となります。IT業界でスキルアップを目指したいのであれば是非上位資格である基本情報技術者にチャレンジしてください。

 

参考:基本情報技術者

ITパスポートは就職・転職に有利か?

 

履歴書にITパスポート試験に合格したことを書いて、就職・転職が有利になるのかというと、いわゆる大手のIT業界の会社においては、全く有利になることはありません。持っていても持っていなくてもほぼ公平と言ってもよいでしょう。

 

IT業界未経験者が、この業界に転職を希望してITパスポートの学習をはじめることが多いようですが、はっきり言ってこの場合は合格したとしても役立つことはありません。むしろ履歴書に書くと悪い印象を与える可能性すらあります。これはMOSの取得を目指すのと同じといえます。

 

一般の事務職を目指すとしても、ITパスポートよりWordやExcelを使いこなせた方が、よぽど就職や転職には役立ちます。

新入社員が入社前に身に着ける程度の学習内容

 

ITパスポートは、新卒でこれから就職活動をする高校生や大学生が、パソコン技術習得のために取得する資格といってもいいでしょう。高度なIT技術者やプログラムの開発者向けというよりも、利用者向けの学習内容です。

 

学習する内容も、現場ではほとんど使い物にならない程度の薄っぺらな知識です。そのため、社会人がパソコンの使い方を身に付けるために学習するメリットも低いといえます。

 

IT全般に詳しくなりたい年配の管理職とか事務職であったとしても、ITパスポートの学習を通して得られる程度の知識は、仕事に役立つ機会は少ないでしょう。

 

IT入門の第一歩の基礎知識として、また上位資格へのステップアップ程度に考えるくらいがちょうど良いでしょう。

 

ITパスポート試験情報

試験日

お申込み

月に数回程度行われていますが日程・会場は都道府県により異なります。主催者ホームページをご覧ください。
参考:【ITパスポート試験】受験申込み

左を参照してください。

受験資格

どなたでも受験できます。受験の制限は一切ありません。

試験内容

四肢択一式、100問、120分
出題は3分野です。
【ストラテジ系(経営全般)】:35問程度

  • 企業と法務
  • 経営戦略
  • システム戦略

【マネジメント系(IT管理)】:20問程度

  • 開発技術
  • プロジェクトマネジメント
  • サービスマネジメント

【テクノロジ系(IT技術)】:45問程度

  • 基礎理論
  • コンピュータシステム
  • 技術要素

合格基準:総合評価点、分野別評価点のすべてが次の基準を満たしていなければなりません。
○総合評価点
600点以上/1,000点。
○分野別評価点
ストラテジ系  300点以上/1,000点
マネジメント系 300点以上/1,000点
テクノロジ系  300点以上/1,000点

試験に関する詳しい情報は【ITパスポート試験】受験要領をご覧ください。

合格への第一歩、まずは無料の資料請求から

いろんな講座を比較検討することもできます。

資料請求

【資格スクエア】講座申込み&資料請求(無料)
ポイント資格スクール大栄(資料無料送付)


習い事・通信講座・通学講座を探してまとめて資料請求できます。

 
 ※使える講座の情報が多くあります。

ITパスポート おすすめの講座

全くパソコンの知識がない、どのテキストを買っていいのか分からない、そんな方にはやはりDVD付きの講座がおすすめです。フォーサイトの通信講座は価格も安いのでおすすめです。

 

こちらから受講申し込みができます。

ITパスポート

ITパスポート おすすめテキスト・基本書

ITパスポート試験 対策テキスト&過去問題集 平成30-31年度版 (よくわかるマスター)
ITパスポート受験生に最も使われているテキスト兼問題集です。これ一冊で合格できます。入門用としても最適です。

 

全く知識のない人にとってアルファベットの専門用語は意味不明ですが、そんな方にも分かりやすく丁寧に解説されており、独学で学習をすすめるにはおすすめの参考書です。
ひととおり本を読んだら、付属CDで過去問を学習することができます。これ一冊でテキスト、参考書、問題集として学習できます。

種類 評価
テキスト・過去問題集 ITパスポート,使える,役に立つ,就職,メリット
平成30年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室 (情報処理技術者試験)
上記の「よくわかるマスター」よりもさらに詳しく内容を解説しています。重要なポイントはイラストのイメージで解説されているので、専門用語もすっきりと理解できます。

 

ただ、このテキストは必要最低限必要な知識に絞って解説しているので、上記の「よくわかるマスター」だけでは不安な方が併用して使うのをおすすめします。入門用参考書的なテキストです。

種類 評価
テキスト ITパスポート,使える,役に立つ,就職,メリット

 

このページのトップへ



まずは無料の資料請求




たのまな








資格取得

オンラインショップ






T O P 本当に役立つ資格 全く役立たない資格 サイトマップ 運営者情報と連絡先