貿易実務検定が役立つ資格なのか役立たない資格なのか紹介します

貿易実務検定

貿易関係の仕事に就きたいのであれば、まずは語学力を磨くこと

難易度 学習期間 資格の種類 資格の分類 合格率 将来性

やや易しい

2か月程度

民家資格

民間検定

50〜60%

※上記はC級の数字です。

最終更新日:2020/01/13

貿易実務検定とは

財布を持った女性

日本は貿易によって成り立っている国です。海外から原材料・燃料資源を輸入し、高い技術力で作った工業製品を海外に輸出するというスタイルで経済成長してきました。

 

2000年以降、世界経済がグローバル化する中で貿易のあり方も変化しています。

 

特定の国又は地域同士での貿易や投資を促進するために関税の撤廃などについて約束する経済連携協定(EPA)や自由貿易協定(FTA)、新興・途上国における地域経済統合などを中心に、世界の貿易自由化は加速しています。

 

貿易の自由化とともに、日本でもますます多くの貿易実務の専門家が求められています。

 

貿易実務検定とは、貿易取引に関する実務、貿易書類、貿易業務に必要な英語の能力や汎用的な知識がどのくらい身に付いているかを客観的に測るための民間の検定試験です。

 

試験の学習を通して、貿易に関する輸出・輸入の取引きの流れ、貿易関連の法律を学習します。貿易実務に必要な能力を身につけることを目的としています。

 

参考:貿易実務検定について | 貿易実務検定の紹介 | 貿易実務検定(R)

 

役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか?

貿易実務検定のレーダーチャート

貿易実務検定は、単なる民間の検定試験です。法律で定められた資格ではありません。

 

この資格がないとできない貿易に関する業務はないということです。その点法律で定められた通関士の資格とは違います。

 

貿易実務検定の資格は、難易度の低い順に、C級、B級、A級の3種類がありますが、C級合格程度では就職や転職は有利になりません。実務に関しても役には立ちません。

 

資格はないよりもあるにこしたことはない程度です。

 

B級以上であれば、履歴書に書いてアピールできるメリットはあります。B級に合格するには英検2級レベル位の英語力が必要なので、その点で大いに評価されます。

 

A級であれば、試験に書類作成問題が出題されるので、転職の際に役立つ可能性はあるでしょう。実務にも知識は役立ちます。

 

しかし、実際に貿易関係の仕事に就けば、貿易実務の知識は自然に身に付きます。その後で勉強をして取得する方が効率的です。

 

つまり、就職や転職のためにわざわざわ取得する意味は薄い検定試験なんです。

貿易の仕事に就きたいのであれば、大学へ進学すること!

将来貿易関係の仕事をしたい!と考えている中学生や高校生が多いようです。日本にとどまらず、世界を相手に商売をしたいなんて素晴らしい夢だと思います。

 

そんな夢を叶えたいのであれば、とにかく大学へ進学することを考えましょう。

 

学部は、商業・経済・法律・・・何でもいいです。そこで大学の授業はもちろん、英語をしっかり勉強することです。

 

大卒であれば、商社やメーカー、貿易関連の会社へ就職できる可能性が広がります。その際に重視されるのは語学力です。例えばTOEICで高得点を上げている方がよほど就職は有利になります。

 

貿易実務をしている会社で学生に期待するのはまずは語学力です。民間の検定試験よりもよほど重要です。


貿易実務検定の将来性を徹底研究!

この資格の活かし方

 

貿易実務検定B級以上取得で評価の対象になる会社もあるようです。

 

奨励金・一時金を支給されるのであれば、是非取得しましょう。当然その後の昇給にも影響します。

 

そういった会社へ就職を希望するのであれば、B級取得で就職・転職が有利になるとまでは言えませんが、多少のアピールにはつながります。

 

また、中小の貿易会社などであれば、即戦力を求められるので、貿易実務検定は業務で役立ちます。貿易会社や商社でも貿易実務検定の知識は活かせるでしょう。

 

そういった会社であれば少しは貿易実務検定の資格が有利に働く可能性はあります。

学生であれば、まずは語学力を身に付ける!

 

貿易関係の会社へ就職を希望する学生であれば、学生のうちにやらねばならない勉強は語学です。

 

TOEICで800点以上、さらに中国語の勉強も少ししておいた方がいいです。英語と中国語は世界の貿易の主流です。

 

学生のうちから貿易実務検定や通関士の勉強をすることはあまりおすすめしません。

 

通関士や貿易検定B級は、実務経験ゼロでも取得は可能ですが、実際に経験しないと本当の内容は理解できません。これらの資格は就職後に取得しても遅くないです。特に通関士は通関業に就かないとほとんど役に立ちません。

 

商社やメーカーの貿易部門へ入社すれば、研修や実際の業務で貿易に関する実務はある程度は身に付いていきます。新卒者には細かい実務知識は求められないということです。

 

会社がまず学生に対して期待するのは、とりあえず語学力です。社会人になってから語学力を伸ばそうと思ってもこれがなかなか上達しない現実があります。

 

語学は、1か月や2か月で覚えられるものではなく、時間と手間がかかります。時間のある学生のうちに磨いておきましょう。

目指すのであれば国家資格の通関士

 

大手貿易会社や商社などに転職を希望するのであれば、やはり通関士の資格を持っていれば有利です。

 

単純に、通関士が国家資格であるというのが理由です。通関士にしかできない法律で裏付けられた独占業務が存在します。

 

通関士の合格率は10%程度、ちょっと勉強して合格できる民間資格とはワケが違います。資格手当が月に数万円支給される会社もあります。

 

通関士の資格というのは、貿易そのものの資格というよりも「貿易の手続き業者のための資格」です。通関部門を持っている港湾業者、航空貨物業者、海運会社へ就職するのであれば重要視されます。

 

会社によっては、通関業者でも通関士の資格は全く活用できない部署もありますが、通関士の資格を持っているだけで優遇されます。

 

転職するのを目標としていれば、通関士の資格がおすすめです。

 

ちなみに、貿易商社や単に海外の会社と取引をしているメーカー等であれば、通関士の資格はそれほど重要視されません。

【関連する資格一覧】
通関士 TOEIC 英検

 

貿易実務検定に合格するには

貿易実務検定は貿易の実務に関する知識を求められる資格で、難易度の低い順にC級、B級、A級に分かれています。

 

各級によって求められる実務経験のレベルは以下の通りです。

  • C級:概ね、1〜3年以上
  • B級:概ね、1〜3年以上の中堅層
  • A級:3〜4年以上

C級であれば、初学者でも比較的短期間で合格できる

例えば、C級は実務経験1〜3年のレベルを要求されますが、難易度としてはそれほど難しくはないです。

 

未経験者でも独学で2〜3か月ほどの学習で合格できます。日商簿記3級より少し難しいくらいです。輸出業に従事していれば1か月あれば十分合格できます。

 

まったくの初心者がC級を受験するのであれば、まずは一通りテキストを読み込んで、それから問題集を解きましょう。逆に多少の知識があればテキストは目を通すくらいにして問題集から入ってもかまいません。

 

貿易実務検定C級は過去問からの出題率がかなり高いので、テキストや問題集を一通りこなした後はひたすら過去問を解くのが合格への近道です。

 

英語での出題に関しては、専門的な単語もないので、高校生レベルの英語で十分対応できます。

B級・A級になると実務経験がないと合格は難しい

B級・A級になると難易度も上がり、それなりに難しくなります。特にA級に関しては、実務経験がないと合格するのは難しいレベルです。

 

解答は筆記が含まれ、英語のレベルに関しても専門的な用語が多く出題されます。日常レベルの英語では解けません。

 

全ての級に言えますが、英語が得意な人や、TOEICである程度の点数が取れている人にとっては貿易実務英語の勉強は楽になります。

合格への第一歩、まずは無料の資料請求から

いろんな講座を比較検討することもできます。

女性のイラスト

通関士・貿易実務 | 合格クレアール(資料請求)

貿易実務検定 試験情報

試験日

お申込み

【C級】3月、5月、7月、10月、12月
【B級】3月、7月、12月【C級】7月

1月上旬〜2月中旬、3月上旬〜4月中旬、5月上旬〜6月下旬、8月上旬〜9月中旬、10月上旬〜11月中旬

受験資格

どなたでも受験できます。

試験内容

【試験内容】 《C級》定型業務をこなすために必要な知識がある実務経験1〜3年以上のレベル
  • 貿易実務:1時間30分(貿易と環境、貿易経済知識、貿易の流れ、貿易金融、貿易書類と手続き、貿易法務、通関知識、貿易保険、外国為替、マーケティング知識)
  • 貿易実務英語:45分(取引交渉時のビジネス・レターより基本的表現、貿易書類やビジネス・レター中の重要貿易英語)
合格基準点:2科目の合計160点(80%)を基準として試験委員長の定める点 《B級》貿易実務経験者の中堅層、実務経験1〜3年以上のレベル
  • 貿易実務(C級の範囲に加え、貿易と環境、貿易経済知識、貿易の流れ、貿易金融、貿易書類と手続き、貿易法務、通関知識、貿易保険、外国為替、マーケティング知識)・貿易マーケティング:1時間45分
  • 貿易実務英語:1時間(取引交渉時のビジネス・レターより基本的表現、貿易書類やビジネス・レター中の重要貿易英語)
合格基準点:3科目の合計210点(70%)を基準として試験委員長の定める点 《A級》貿易実務において判断業務を行うことができる実力を証明するレベルで、実務経験3〜4年以上のレベル
  • 貿易実務(B級の内容に加え、国をまたがる売買、国際物品運送、国際貨物保険、国際的な代金の決済、製造物責任、国際取引紛争の解決、国際条約と国内の貿易関係法など、貿易と税務)・貿易マーケティング:2時間
  • 貿易実務英語:1時間10分
合格基準点:各回毎の基準点(3科目の合計) 【試験地】東京、横浜、埼玉、千葉、名古屋、大阪、神戸、福岡、沖縄 ※試験日・級によってり実施されない場所が異なります。
試験に関する詳しい情報は各級の科目と出題傾向 | 貿易実務検定の紹介 | 貿易実務検定(R)をご覧ください。

貿易実務検定 おすすめテキスト・基本書

図解 貿易実務ハンドブック ベーシック版 第6版 「貿易実務検定」C級オフィシャルテキスト

貿易実務検定C級対応のオフィシャルテキストです。

 

貿易取引を、実際の流れに沿って図や表をまじえて解説しています。初心者でも分かりやすく表現されているので、参考書としてはもちろん、実務知識を身につけるための基本書としても役立ちます。

 

C級対策であれば、こちらのテキストと問題集1冊で十分です。試験の主催者でもある日本貿易実務検定協会のオフィシャルのテキストなので試験内容すべてを網羅しています。

種類 評価
テキスト

貿易実務検定 おすすめ問題集

改訂11版 めざせ! 貿易実務検定(R) 要点解説&過去問題

貿易実務検定C級・B級の過去問題と解答・解説を収録したガイドブックです。

 

合格するには、過去問を繰り返し解くことです。2回3回と繰り返すうちに理解が進み、解く速度も上がり間違いも減ります。解らなかった問題はテキストに戻って理解するまで見直しましょう。

 

本書をC級受験のテキストがわりに使用しても合格できますが、やはりテキストはあった方がよいでしょう。

種類 評価
過去問題集

貿易実務検定 おすすめ参考書

図解 これ1冊でぜんぶわかる! 貿易実務
貿易実務の基本となる入門書です。初心者や新入社員、貿易実務に興味のある人が最初に読むにはちょうどよい本です。評判が良く、入門書としてはベストセラーになっています。

 

未経験で貿易実務検定C級に挑戦するのであれば、まずはこの本で概要を理解しましょう。なんとなく理解できるまで読んだら、テキストあるいは過去問に進んでください。

 

個人で輸入を考えている人にもおすすめです。

種類 評価
参考書

資格 T O P 役に立たない資格 おすすめの資格の実態 運営者ブログ 資格ニュース  サイトマップ 運営者情報と連絡先