金融窓口サービス技能士とは | 本当に役立つ資格、役立たない資格

金融窓口サービス技能士(技能検定)

金融機関への就職が有利になるのは高い学歴と在学中の優れた成績

難易度 学習期間 資格の種類 資格の分類 合格率 将来性

やや易しい

2か月程度

技能検定

名称独占資格

50%

※上記は3級学科の数字です(3級実技は70%)。

最終更新日:2020/04/19

金融窓口サービス技能士とは

銀行窓口の女性

銀行をはじめとした金融機関の窓口でおこなう業務は、単にお金の入出金だけではありません。

 

その他にも、税金や公共料金の収納、投資信託・国債・外貨預金などの金融商品の販売など業務は多岐にわたります。

 

お客と接する窓口担当者には、金融商品に関しての正確な知識と、誤解のないように説明する能力が求められます。

 

金融窓口サービス技能検定とは、主に金融機関における窓口業務等に必要な技能・知識を問う検定試験です。

 

試験は難易度の低い順に3〜1級に分かれていますが、それぞれの級の試験において、お客に対して金利や為替あるいはリスクなどの情報を正確に説明して商品を提案し、適正に金融に関する業務をおこなえるかどうかを評価します。

 

主催者サイト::金融窓口サービス技能検定 | 一般社団法人 金融財政事情研究会

正確にいうと国家資格ではなく技能検定試験です。

銀行窓口サービス技能検定はと、職業能力開発促進法という国の法律に基づき、平成14年度から実施されている技能検定試験の1つです。

 

試験は厚生労働省の委託により一般社団法人金融財政事情研究会(きんざい)が実施・運営しています。

 

合格者は、金融機関の窓口業務のスペシャリストとして「技能士」と認定されます。また、合格した各級に応じて合格証書が交付され、例えば「3級金融窓口サービス技能士」と称することができ、名刺等に印刷して配布も可能になります。

 

金融窓口サービス技能検定は国家試験に基づく国家資格と紹介されるケースが多いようですが、正確にいうとFP(ファイナンシャル・プランナー)と同様に、国が認めた検定試験です。

 

参考:技能検定職種一覧表(130 職種)(pdf)

 

役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか?

金融窓口サービス技能士のレーダーチャート

銀行などの金融機関に就職・転職したいけど、どれくらい金融窓口サービス技能士3級の資格が役立つのか?・・・と、多くの学生や社会人が気にしているようです。

 

率直に申しあげて、銀行窓口サービス技能検定3級は、仮に学生が取得しても就職にはほとんど役には立ちません。

 

所詮入門程度の検定試験です。誰でも短期間で合格できます。

 

履歴書に書けば、前向きな姿勢はアピールできますが話題にもならず、ないよりマシくらいな程度です。

 

銀行などの金融機関へ就職する際に、銀行が最も評価するのは「マジメな人間」であるかどうかです。お金を扱う仕事である以上、常に不正行為と隣り合わせです。いい加減な人間は採用しません。

 

就活に際して最も評価されるのは大学です。学部を問わず国公立大学で、しかも在学中の成績が良い学生が採用は優先されます。難易度の低い資格や検定を取得するよりも、学校の成績の方が重要です。あとは銀行によくある身内のコネです。

 

地方にあるFランクの私大では、おそらくエントリーシートには目も通してくれないでしょう。誰でも短期間で簡単に取得できる資格などでは就活は有利になりません。ほぼ大学名で決まってしまう現実があります。

 

仮にFランクの大学の学生であれば、公認会計士、税理士、司法書士、社会保険労務士ぐらいの難関資格を取得していれば有利になる可能性はあります。

 

高卒で銀行へ就職を希望している女性であれば、そこそこ有名な公立進学校で成績優秀である方が大切です。銀行窓口サービス技能士3級を取得していても偏差値の低い私立高校生で見向きもされません。

 

銀行へ入れば、男性なら外回りが待っています。運転免許の方が評価されます。


金融窓口サービス技能士の将来性を徹底研究!

この資格の活かし方

 

現在既に金融機関に勤めている人であれば、自分自身の評価アップのために2級・1級を取得するのはおすすめです。

 

金融機関でもこの種の資格は取得を推奨しています。男性の総合職であっても資格取得が大学の単位のように細かく設定されいる銀行もあります。

 

合格することで評価の対象になるのであれば、持っていて損はないので可能な限り取得しましょう。

3級受験生のほとんどは女性

 

金融窓口サービス技能検定3級は、ファイナンシャル・プランナーと同じようにほとんどの受験生が女性です。

 

関連資格:ファイナンシャル・プランナーとは

 

金融窓口サービス技能検定試験では、窓口対応に必要な知識を問います。そのため試験は一般職の女性向けの内容です。

 

本来、新卒者を総合職として採用する基準をクリアしていれば、当然入行後にできるような常識的な部分も出題されます。そのため総合職の男性受検者が少ないようです。

 

就活を控えた大学生や、転職を希望する社会人、資格マニアの中には男性もいますが、3級の受験生はほぼ100%に近いくらい女性のようです。

かつての人気職種だった銀行は、今や斜陽産業

 

かつてバブル期をピークとして、銀行は文系学生にとっては人気ナンバーワンの憧れの職種でした。

 

堅実で高級取り、銀行へ就職すれば本人も親もひとまず安心。都市も地方も関係なく、ちょっとした中堅の企業であればどこでも銀行出身者が部長や役員待遇で迎えられていました。

 

ところが時代も移り変わり、最近の銀行業務といえば手数料を目当てとした年寄り相手の金融商品の売買が中心です。

 

企業への融資は激減し、融資が減れば、役員待遇で銀行出身者を迎え入れる余力も存在しません。

 

メガバンクですらここ数年は減収減益の連続で、相次ぐ店舗の閉鎖、余剰人員のリストラを発表しています。今や銀行は斜陽産業の代表格です。

 

銀行が一流の就職先だったのは昔の話しです。現在は就職先としての魅力は薄れていて、こういった技能検定を受験する意義も薄れています。

実技試験では、テラーかコンサルティングどちらがおすすめ?

 

3級試験では、実技試験で「テラー業務」と「金融商品コンサルティング業務」の2つの科目に分けて実施されますが、どちらを受けるべきか?

 

まず、テラー業務を受験するのはほとんどが女性です。銀行窓口サービス技能検定は、そもそも窓口を担当する女性向きという前提の試験で、特にテラー業務は女性向きです。

 

男性であれば、コンサルティングの方が向いているとも言われています。

 

テラーの方が若干ですが合格率は高めです。仮に現在窓口業務をしているのであれば、もちろんテラーの方が勉強しやすいでしょう。

 

男性であれば、営業に配属されやすいので、コンサルティングの知識の方が将来役立つ可能性はあります。

ファイナンシャル・プランナーとどちがおすすめ?

 

どちらを取得しても、就職や転職に役立つ資格ではないですが、まぁ、強いて言えば、ファイナンシャル・プランナーの方が少しだけおすすめかもしれません。

 

資格の知名度的にもファイナンシャル・プランナーの方が上です。金融窓口サービス技能士は、金融機関職員以外にはマイナーな資格です。

 

ファイナンシャル・プランナーの方が汎用性が高く、銀行以外でも、名刺に印刷してあれば、なんとなくカッコいい感じがします。まぁ、その程度のおすすめです。

 

銀行窓口サービス技能士やファイナンシャル・プランナーよりも、証券外務員や宅地建物取引士などを取得している方がまだマシなような気はします。

 

関連資格:証券外務員とは証券アナリストとは

 

金融窓口サービス技能士に合格するには

金融窓口サービス技能士の資格は、難易度の低い順に3級から1級の3段階に分かれています。3級は受験資格などは必要なく、誰でも受験できます。

 

2級・1級は受験資格として金融機関で勤めた経験や期間が求められ、受験資格を満たした人のみが受験できます。

 

試験は、各級とも学科試験と実技試験で実施され、合否判定もそれぞれの科目でおこないます。実技と学科、どちらかのみどちらからでも受験可能ですし、両方同時受験もできます。

 

一部合格者には試験免除制度があり、学科試験あるいは実技試験のみの合格者は、合格した試験がが免除されます。ただし、有効期間は合格した試験日が属する年度の翌々年度末までです。

 

基本的にはマークシート方式による筆記試験です。実技試験というのは、何か作業などをするのではなくペーパーテストです。事例問題などが、長文と表などを組み合わせて出題されます。

 

実技は、学科の知識を前提として事例問題形式で出題されます。学科の勉強をしっかりとすれば解答できます。

比較的簡単で、初学者でも短期間で合格可能

難易度としては、1級はかなり難しいですが、3級と2級は独学でも合格はできます。

 

最も難易度の低い3級であれば、金融関係の知識ゼロであっても独学で1日1時間の勉強で1〜2か月程度で合格できます。

 

学習方法としては、市販のテキストや問題集がないので、試験主催者である金融財政事情研究会(きんざい)が出している問題集を利用するしかないです。

 

この問題集を何度も解き、問題の形式や出題傾向に慣れておくことです。金融業務やマナーの初歩的な知識を問う出題が多いので、初学者でもそれほど難しく感じないでしょう。

金融窓口サービス技能士 試験情報

試験日

お申込み

【3・2級】1月下旬、5月下旬
【1級】9月上旬

【3・2級】11月中旬〜12月上旬、3月中旬〜4月上旬
【1級】7月上旬〜下旬

受験資格

下記を参照ください(3級はどなたでも受験できます)。

試験内容

【受験資格】

  • 3級:金融機関関連業務に従事している者または従事しようとする者(実質的に誰でも受験できます)
  • 2級:@2年以上の実務経験を有する者A3級技能検定の合格者B厚生労働省認定テラー技能審査3級合格者
  • 1級:@4年以上の実務経験を有する者A2級技能検定の合格者B厚生労働省認定テラー技能審査2級合格者

※3級について説明します。
金融窓口サービス技能検定3級は【学科試験】と【実技試験(テラー業務・金融商品コンサルティング業務)】についておこなわれ、それぞれ合否判定をします。
【学科試験】マークシート方式による筆記試験

  • A分野:顧客対応・コンプライアンス等
  • B分野:関連法令・規制
  • C分野:金融経済知識・投資理論
  • D分野:金融商品知識
  • E分野:相談業務等に係る知識

語群選択式(三肢)20問、三答択一式20問、計40問
合格基準:100点満点で70点以上

 

【実技試験】マークシートによる筆記試験
《テラー業務》

  • 顧客対応
  • 事務手続
  • コンプライアンス
  • 商品知識
  • 情報収集、提案・セールス

事例問題5題程度。1題につき小問は4問程度
合格基準:100点満点で70点以上
《金融商品コンサルティング業務》マークシート方式による筆記試験

  • 投資型金融商品知識
  • コンプライアンス
  • 説明・提案技能
  • 苦情対応力

事例問題5題程度。1題につき、小問は4問程度
合格基準:100点満点で70点以上

 

【試験会場】全国主要都市

試験に関する詳しい情報は金融窓口サービス技能検定(3級) | 一般社団法人 金融財政事情研究会をご覧ください。

金融窓口サービス技能士 おすすめ問題集

2020年版 3級金融窓口サービス技能士(学科)精選問題解説集

金融窓口サービス技能検定試験3級学科用の問題解説集です。

 

マイナーな試験のため、テキスト・問題集は市販されていません。試験を実施するきんざいが発行しているこちらの問題集で学習するしかないようです。

 

大きな書店に行けば売っています。学科と実技と別売りになってます。購入する際には受験する級を必ず確かめてください。

 

なお、この本の評価は他と比較のしようがないので不明です。

種類 評価
問題集 不明
2020年版 3級金融窓口サービス技能士(実技・テラー業務/金融商品コンサルティング業務)精選問題解説集

金融窓口サービス技能検定試験3級実技用の問題解説集です。

 

テラー業務編と金融商品コンサルティング業務編の両方について記載しています。マイナーな試験のため、テキスト・問題集は市販されていません。実技について学習するにはこちらで学習するしかないようです。購入する際には受験する級を必ず確かめてください。

 

なお、この本の評価は他と比較のしようがないので不明です。

種類 評価
問題集 不明

資格 T O P 資格の選び方 役に立たない資格 おすすめ資格の実態 運営者ブログ 資格ニュース  サイトマップ 運営者情報と連絡先